2015年10月17日

◆ 020 の機械通信は 13桁 でいいか?

 020 による機械通信は 13桁(約80億)になると決まった。だが、これでは少なすぎる。 ──

 020 による機械通信は 13桁(約80億)になると決まった。
 総務省は2016年から、電子機器など機械同士の通信用向けに新たに「020」で始まる専用の携帯電話番号を開放する。通常の携帯番号より2ケタ多い13ケタとし、約80億の番号を用意する。
 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の普及に伴う携帯電話番号の需要拡大に対応し、最先端の産業育成を後押しする。パブリックコメント(意見募集)を経て、具体的な制度設計に入る。
 センサーなどの機械と機械の間を結ぶ通信では、一部で携帯電話番号を用いたインターネットを使っている。次世代電力計(スマートメーター)の自動検針や交通情報、決済などに用途が広がっている。
( → 日経 2015/10/16

 13ケタで、80億とのことだが、これでは数が不足するだろう。IPアドレスでは、IPv4が 42億9496万7296個で、番号の枯渇問題が発生したばかりだ。
  → IPアドレス枯渇問題 - Wikipedia

 そもそも、機械の場合には、覚えやすさは不要なのだから、桁数を制限する必要がない。13桁のかわりに 100桁だって、機械にとってはどうってことはないだろう。
 といっても、やたらと増やすのも無駄かもしれないが、少なくとも、16桁は必要だろう。
 仮に、人が1年にいっぺん、何らかの通信機械(家電)を新規購入すると、80年で 80台。1億人で 80億台。現実には、日本の人口は 1.3億人だから、80億台でなく 110億台ぐらいになる。これだけで、80億個の番号を使い果たしてしまう。
 80億個じゃ、全然足りないですよね。
 16桁だって、たぶん足りなくなる。将来的には、現在では予想もできないほど、多数の番号を使うようになるかもしれない。
 ならば、32桁の方がよさそうだ。

 ただし、別案もある。桁数を可変長にすることだ。
 たとえば、 020 の次の数字が 1〜5までの半分を使い果たしたら、次の6では桁数を4つぐらい上げる。それも使い果たしたら、次の7では、桁数をさらに8つぐらい上げる。それも使い果たしたら、次の8では、桁数を 16ぐらい上げる。
 こういうふうに可変長で桁数を増やしていけば、事実上、どれほど多くの番号が必要になっても、うまく対応できる。1000万年後の人類にも大丈夫だ。
 将来を見据えて、番号不足に対処できるようにしたいものだ。「昔の人間は将来を見通せない馬鹿だったな」と、22世紀の人々に笑われないように。
posted by 管理人 at 12:13| Comment(1) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別にいまの電話番号だって後ろに000を全員に追加したらいいだけでは? なぜしないのかいつも不思議だ。
Posted by かーくん at 2015年10月19日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ