2015年09月20日

◆ 東京の暗渠のガイド本

 東京の暗渠について前に論じたが、この暗渠についてのガイド本が刊行された。 ──

 東京の暗渠については、前出項目で論じた。
 そもそも、東京の都心部には、川がない。隅田川と多摩川に挟まれた地域には、神田川・渋谷川・目黒川のような小さな川があるだけだ。なぜか?
 実は、もともとは小さな川がいくつかあったのだが、それらの大部分は暗渠化されて、下水道になってしまったのだ。だから地上から見える川はなくなってしまったのだ。(一部を除く。)
( → 東京の水害対策

 このような暗渠について、(主に東京都内で)いろいろと巡るガイド本が刊行された。ガイド本といっても、観光案内みたいなマニュアルではなくて、暗渠マニア(オタク)が調べて うんちくを傾けるという感じの本。



暗渠マニアック!


 ちょっと値が張るが、写真が多いせいらしい。

 ──

 Amazon の読者評では ★★★★★ で、最高点だ。(全2名)

 朝日の書評欄でも紹介されている。(紙の新聞の記事がネットに掲載されるのは次の水曜日の午後。)
  → http://book.asahi.com/reviews/date/nextweek.html




 【 関連サイト 】

 出版社の案内。
  → 柏書房− 暗渠マニアック!

 著者によるページ。
  → 暗渠マニアック! ここが見どころ読みどころ@
  → 暗渠マニアック! こんな人たちが関わった本です。
  → 暗渠マニアック! facebook
posted by 管理人 at 10:45| Comment(0) | 一般(雑学)3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ