2015年09月01日

◆ 五輪エンブレムは決着したか?

 佐野研二郎の五輪エンブレムは、取り消しが決まった。これで決着したことになるか? いや、決着していない。 ──

 佐野研二郎の五輪エンブレムは、取り消しが決まった。これで決着したように見えるが、肝心の問題が残っている。それは、この騒動をダラダラと拡大した、審査委と組織委の問題だ。特に、審査委の問題が大きい。

 ──

 そもそも、パクリ疑惑に対して、次のような擁護があった。
 「単純な要素の組み合わせでは、類似することがあるのは仕方ない」

 
 これはその通り。だから、最終案がベルギー案に似てしまったことには、弁解の余地がある。
 ただしそれは、佐野研二郎にとっての弁解だ。一方、審査委の方には、弁解の余地がない。なぜなら、
 「単純な要素の組み合わせでは、類似することはしばしばある」
 とわかっているがゆえに、単純な要素の組み合わせによるデザインは避けなければならないからだ。
 特に今回のデザインは、あまりにも単純だ。


origi22.jpg

 
 原案(左図)は、三角形と四角形と円だけからなる。これは、右の積み木と同様で、あまりにも単純だ。幼稚園児レベルの単純さだ。
 これは、単純であるがゆえに、凡庸であり、かつ、同種のものはたくさんあると見込まれる。なのに、このような単純なものを選んだという時点で、審査委の責任はあまりにも大きい。
  ・ 幼稚園児レベルの凡庸なものを選んだ。
  ・ 凡庸さゆえに類似デザインがありそうなものを選んだ。

 こういう責任がある。

 ──

 さらに大きな責任がある。
 「類似デザインがあると判明したあとで、佐野デザインを取り消さなかった」(修正を依頼した)

 
 これはあまりにも大きな失着だ。類似デザインがあると判明したならば、その時点で、採用の資格を失うはずだ。かわりに、第二位のものが選ばれるはずだ。
 なのに、類似デザインがあると判明したあとでも、修正を依頼するという形で、審査委と佐野研二郎との「共作」になってしまった。
 しかし、審査委が「共作」に参加するというのは、まったく不公正だろう。こんなふうに「パスするまで何度でも修正する」なんてことが認められるのは、許されない。ま、全員に許されるならまだしも、佐野研二郎だけに許されるというのは、あまりにも不公正だ。
 このことからして、「癒着」「出来レース」の疑いが非常に濃厚となる。

 ──

 以上のことからして、次の処分が妥当だ。
 「無能かつ不公正なことをした審査委は、審査する資格がない。さらに言えば、応募資格として、佐野研二郎など一部の人に資格を絞ったことも、出来レースを疑わせる。あまりにも癒着が疑われるので、審査委を全員、クビにするべきだ」

 愚かな審査委員がいたせいで、愚かな結果が出た。ならば、愚かな審査委員をすべてクビにして、新たな審査委員に任せるべきだ。それが妥当だろう。

 そもそも、今回のエンブレムを選ぶ審査委員長は、長野五輪のエンブレムをデザインした人(篠塚正典)がやるべきだった。なのに、業界の人脈などのせいで、篠塚が排除されるように、永井一正の一派がコネを通したらしい。
 2020東京オリンピックエンブレムコンペの参加資格から排除された長野オリンピックのエンブレム作者、篠塚氏は多摩美卒後にアメリカの美大を首席で卒業し、アメリカの大手広告会社に勤務、日本支社に転勤してきて長野オリンピックのエンブレムコンペを勝ち抜いた。
 長野オリンピックでは篠塚氏はエンブレムだけでなくピクトグラム等のデザインをトータルに請け負った。つまりオリンピック利権を欲しいままにしてきた電通にとってはアメリカの広告会社に仕事を取られた嫌な事件だったと思われる。
 また、現在協議中のTPPに日本が参加すると広告業も解放されるため、現在の電博独占状態が解体する可能性も以前より指摘されており電通は焦っているのかもしれない。
 永井一正は64年の東京オリンピックでコンペに敗れ、72年の札幌オリンピックではコンペを勝ち取ったものの「盗作」騒動を引き起こした。長野冬季オリンピックで今度こそ汚名を晴らすはずが、我が子一史と同世代で我が子より才能のある篠塚に敗れた。
 28日の佐野エンブレム原案公表時には、わざわざ歴代オリンピックエンブレムから、長野オリンピックのエンブレム「だけ」外して解説されているが、露骨な篠塚外しと無理やりな佐野上げは永井氏と電通の両方の意図だったのかもしれない。
( → 2ちゃんねる

 元はと言えば、電通の利権があったようだ。アメリカの広告会社に渡さず、電通が利権を得るようにと、篠塚正典を排除し、その一環として、自分になびいている佐野研二郎のデザインを取ったのだろう。なにしろこれは、永井一正の下記デザインをパクったもの(影響を受けたもの)でもあるからだ。


toyamabi.jpg
富山県立近代美術館 ポスター


 ──

 結局、今回の事件は、「前回のデザイナーを委員長に据える」という慣例を無視して、「前々回(札幌)のデザイナーを委員長に据える」という横槍を通したことが根源にある。
 そして、そのような横槍が通された理由は、前回のデザイナーがアメリカの広告会社に勤務していたこと(今は独立したが)の恨みがあって、今度こそ自社で独占したいという電通の狙いから、横紙破りで永井一正を委員長に据えたことだろう。
 とすれば、このような電通の横紙破りを禁じて、永井一正を首にして、篠塚正典を委員長に据えるべきだ。そうすれば、佐野研二郎のデザインみたいな低レベルのデザインは最初から選ばれなかったはずだ。何しろ、アメリカの美術大学を首席で卒業したほどの人だからだ。

 ──

 結論。

 今回の騒動は、電通の利権が原因。
 利権のせいで、不当にも、永井一正が委員長となり、愛弟子みたいな佐野研二郎に決める出来レースとなっていた。
 これを解決するには、現在の審査委員をすべてクビにする必要がある。審査委員長には、篠塚正典を据えるべきだ。

 ※ ただし、電通の利権を排除することは、自民党には困難だ。
   特に、安倍首相には、まず無理だろう。利権にどっぷり。



 [ 付記 ]
 今回の騒動を引き起こした審査委員は、低レベルな原案を選んだという点で、大きな責任がある。少なくとも、その名前ぐらいは出しておくべきなのだが、組織委にはその名前が出ていない。
  → https://tokyo2020.jp/jp/

 ただし、組織委の昔のページには、「募集要項」というのがあって、そこには、次の名前があった。
審査員は、日本グラフィックデザイナー協会特別顧問の永井一正、同協会会長の浅葉克己、インテリアデザイナーの片山正通、グラフィックデザイナーの長嶋りかこ、ライゾマティクスの真鍋大度らが務める。
( → Fashionsnap.com

 とはいえ、今はこのページはない。削除された。無責任だね。
 また、上記の氏名は全員ではないので、他の人も含めて、全員の名前を出すべきだ。(組織委のページに。)

 ただし、今はネット時代なので、組織委が隠しても、他の人が情報を出している。探せば見つかる。
東京五輪エンブレムの審査員は
  ・ 永井一正
  ・ 浅葉克己
  ・ 細谷巖
  ・ 高崎卓馬
  ・ 平野敬子
  ・ 片山正通
  ・ 真鍋大度
  ・ 長嶋りかこ
 (敬称略)
( → 個人ブログ

 ちゃんとバレています。隠しても意味がないのだから、組織委は堂々と名前を出すべきだろう。
( ※ これらの全員が電通の息がかかっている……とは言えないが、これらの全員が永井一正の息がかかっている……とは言えるだろう。だからこそ、あんなゴミデザインが選ばれたし、世間で批判されたあとでも、いつまでも佐野研二郎デザインにこだわった。まともな判断力が備わっていない。)
( ※ 要するに、佐野研二郎が責任を取っただけでは駄目で、これらの審査委員全員が責任を取るべきだ、ということ。自分で責任を取れなければ、上位の誰かが、これらの人々をクビにするべきだ。もしそうしないのであれば、世間で騒いで、辞任に追い込むべきだ。) 
( ※ 特に、電通と永井一正の責任は大きい。この両者が今回の事件の黒幕だと言えるだろう。佐野研二郎は、踊らされたピエロにすぎない。佐野研二郎だけを批判するのでは、本質を見失う。……佐野研二郎がパクったことが問題なのではない。ゴミみたいな佐野研二郎のデザインを選んだことが問題なのだ。この件は、私が最初から述べた通り。 → 最初の話
( ※ 電通の利権については → 参考サイト



 [ 余談 ]
 佐野研二郎の新たなパクリが見つかった。やはり多摩美のポスター。(前とは別のもの。2種類。)
  ・ ロシアのチョキ
  ・ フォントが溶ける墨汁
 という2種類のポスター。
 詳細は、下記。
  → http://warotanews.com/archives/3324

 私の解説は下記。
  → 《 お知らせ 》(五輪エンブレム) の [ 補足3 ]
 


 【 追記 】
 コメント欄で教わったが、
 審査委員の内で平野敬子さんだけは当初案からの改変を理由に佐野エンブレムの最終的な選出を拒んでいます
  
 とのことだ。ネット上の情報は下記にある。
  → http://bunbuntokuhoh.hateblo.jp/entry/2015/08/28/234056
  → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000000-dal-spo

 最終案を認めなかった点では、筋を通したと言える。その点は評価したい。
 ただ、本項の趣旨は、「原案が幼稚すぎるのに、そんなレベルのものを支持した審査員は全員クビ」ということだった。ここでは、特に個別に一人一人を評価するのではなくて、全員を一新するということを主張している。
 なお、選考で佐野案(原案)に票を入れたのは、審査員8人のうち4人だ、とのこと。(読売・夕刊 2015-09-02 )
 


 【 関連項目 】

 本項の続編があります。
  → 五輪エンブレム、二つの謎
 
  ※ 本項と同じテーマで、さらに深く探っています。
posted by 管理人 at 22:30| Comment(13) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
招致エンブレム(5色の花がたくさん散っているデザイン)は、一般人(大学生)がデザインしたそうだ。

> 招致エンブレムは島峰藍さん(26=会社員)が女子美大時代に応募。

http://www.nikkansports.com/general/news/1531908.html


 ただしこれが使われないのは、権利者が IOC であるせい。もしこれを使うと、金の半分を IOC に取られてしまう。
http://www.poc39.com/archives/4070
Posted by 管理人 at 2015年09月02日 05:37
そもそも作成者がわからない状態で選んだってのも嘘ばっかり。

デザインなんてそれが名前みたいなものなんだからあらかじめ電子メールで私が応募したデザインはこれですって絵を見せていれば事足りる。
当日その絵を見た瞬間、当選させたい佐野の絵はこれだだって幼稚園児でもわかるだろう
Posted by かーくん at 2015年09月02日 09:31
次回の審査では、審査委員は選評を出してほしいものだ。
TTPと広告業界が関係するとは、考えなかった。
Posted by senjyu at 2015年09月02日 13:17
御存知かと思いますが、審査委員の内で平野敬子さんだけは当初案からの改変を理由に佐野エンブレムの最終的な選出を拒んでいます。
同列で全員批判されてますが、この方に関しては補足説明を加えてあげても良いかと。
Posted by KOON at 2015年09月02日 13:33
最後に <FONT COLOR="#dd0000">【 追記 】</FONT> を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2015年09月02日 19:56
【追加】から、8月28日の記者ブリーフィングをよみました。

その中で、、永井一正さんは次のように言っている。

----------------------------------------------
それから亀倉雄策さんの東京オリンピック、わたくしの札幌冬季オリンピックをリスペクトというか、そっから、ずっとここまで至る日本らしさと同時に、ひとつの強さっていうか、インパクトの強さがやはり、これが一番優れているんだろうかっていうことで、これに決まったわけです。
--------------------------------------------
後付としか思えない。
Posted by senjyu at 2015年09月02日 23:09
>今回の騒動は、電通の利権が原因・・・
 デザイナー界の勢力図には疎いのですが、ブログ主様の解説、ご意見には納得です。
それから、KOONさんのコメント
>審査委員の内で平野敬子さんだけは当初案からの改変を理由に佐野エンブレムの最終的な選出を拒んでいます・・・
にも触発されて、もう少し「不正エンブレム」問題を考えてみました。・・・

という書き出しで、文章を書きすすめていたところ、
今日のNHKテレビ総合番組「クローズアップ現代「東京五輪エンブレム“使用中止”の衝撃」を観ることになりました。
驚くべき内容。

 審査委員代表の永井一正氏の証言によると、
佐野氏の「エンブレムの改変」の経緯は、「手直し」するとの連絡は永井氏にあったものの、秘密保持の理由で、改変作業は組織委員会と佐野氏との間の遣り取りで進められ、「審査委員会」には経緯は全く知らされず、最終作品だけ示された、というのです。しかも、その間、第2改作品にダメ出しをしたのは、組織委員会の2トップ、森氏と武藤氏。永井氏は、最終作品について審査委員の意見をとりまとめたところ、多くは「諾」、1?名は「永井氏に一任」、1名は拒否(理由:選んだのは当初作品で、改変作品は別もの)だった、とのこと。じぇ、じぇ、じぇ。

 KOONさんのコメントから、拒否したのは平野氏と思われるのですが、「拒否したのなら、なぜ改変される時点で異議を唱えなったのか。最終作品にダメ出しをしたなら、なぜ最終選考に残った2作品から選ぶことに向かわなかったのか。でなければ、選べない事態になるのをどうするつもりだったのか」と言う疑問が生じたわけです。審査委員には、商標登録の問題も十分伝わっていなかったのかもしれません。
 エンブレムの選考過程、改変過程の検証が求められます。

 今までの「不正エンブレム」が選考・決定される情報の多くは「虚偽」だったわけです。そうした「虚偽」の情報に基づいて、永井氏、審査委員会には厳しい論評をしましたが、その点についてはここで陳謝したいと思います。

 一方で、情報公開をしない、真実を知らせない、不透明な組織委員会の運営のデタラメさを改善するのが急務だと思います(多分、戦前の軍部・大本営はこんな具合だったのでは)。少なくとも森会長、武藤事務総長は組織委員会から排除すべきだと思います。

 なお、私が撤回されたエンブレムを「「不正エンブレム」と呼ぶのは、「公平に」「正しく」選ばれたものでないからです。(注:この呼び方には「著作権」があります。?)
 また、私の「不正エンブレム」に対する見方は、佐野氏に「盗作」は無かったかもしれないが、「似てしまった」以上、著作権・オリジナリティを「デザイン論」で主張しても始まらないもので、速やかに「取り下げ」るべきだった、というものです。
Posted by Nekogu at 2015年09月03日 23:45
Negokuさんは裏表のない、素直な性格でおられますね(皮肉ではなく、本当に褒めています)

永井氏自身、これまでの会見と矛盾したことを言っています。第一案の修正が「躍動感がない」→大蔵官僚天下りの典型例・責任を回避することしか知らない武藤氏が、「デザインの躍動感がない」??

なわけないでしょう。

永井氏(広告業界・利権集団)は、形勢不利とみて組織委員会に責任をふっかけることに決めた可能性も十分ありますよね?組織委員会は利権集団と政治家の結びつきには勝てませんから、文句も言えないです。

武藤氏は森氏の歓心を引くことしか興味がありませんし
Posted by 通りすがり at 2015年09月04日 11:28
電通?
博報堂じゃなくて?
Posted by あらま at 2015年09月04日 12:21
な〜るほど〜。
「永井一正の私怨」と
「電通の利権」が上手く噛み合った結果なんですね。
ご指摘ありがとうございます。
拡散してきます〜。
Posted by ななし at 2015年09月04日 12:23
> 電通?

 五輪で利権があるのは、博報堂じゃなくて、電通です。
 → http://j.mp/1JFT69G
Posted by 管理人 at 2015年09月04日 13:01
>通りすがり さま
拙文をお読みいただき、ありがとうございます。

私が投稿するつもりだった文章は次の『 』ようなものでした。
『「不正エンブレム」の使用中止、白紙撤回が電光石火で決まりました。理由は、佐野氏の「原作者として取り下げたい」とする「自作品の撤回」表明を組織委員会として尊重したから、とのこと。佐野氏の自発的行動か、それとも強制されたものか、どちらでしょうか。
 いずれにしても、これで、だれも責任を問われない形で仕切り直しとなりました。選考過程に瑕疵なし。釈然としませんが、芸術的な?日本的官僚力の勝利です。天下り官僚の武藤氏は久しぶりに存在感を示しました。・・・

・・・最終選考に残ったとされる他の二人の作品は、佐野氏とは「評価に差があった」との奇妙な理由=屁理屈で開示されませんでした。審査員が「永井・佐野派」に偏った中での差なので、本当に「大きな差」だったのかどうか、甚だ疑問です。
 残った二人、原研哉氏、葛西薫氏は、それなりに実績があり、デザイナー界ではよく知られた方のようです。佐野作品は、あの原研哉氏、葛西薫氏より優れたものだった、と国民(=愚民?)を納得させるために、二人の名前を「引き立て役」として利用しただけかもしれません。本当は、佐野氏より格段に優れた作品だったため、かえって公開できないのかもしれません。佐野氏の「駄作」よりも劣るという、原氏、葛西氏の作品とはどんなに「ひどい」ものなのか、是非とも見てみたいものです。・・・』

 永井氏にとっては、審査が不正/八百長であったと言われ、不名誉を被るのが一番辛い/避けたいことだろうと思われます。今回の永井氏の「証言」は、それを回避するための「狂言芝居」かも知れません。しかも、脚本を書いたのは武藤氏!官僚の得意分野ですから、あり得ることです。
 すると、永井氏の証言は「ウソ」で、本当は、永井氏単独の監修下(審査委員会は蚊帳の外)で佐野氏の「作品の改変・改修」がなされた、と見るのが自然かもしれません。佐野氏を選ぶために、応募条件・審査委員構成と万全の?仕掛けを講じたのですから、最後まで・・・。ただ、肝心の佐野氏が「粗悪品」でコケてしまいましたが。

 ところで、永井氏は何故、佐野氏にそれほど「入れ込む」のでしょうか。理由があるのでしょうか。「受益供与」「贈収賄」?。可能性は排除できませんが、永井氏の名誉のために、それには触れないでおきましょう。
 やはり、業界がらみ(「電通」支配の業界のニッチ利権=博報堂?)が一番大きい理由だと思われますが、加えて、私的な「情実」(親心?)はどうでしょうか。
 Wikiで知ったのですが、長男の永井一史氏(54歳)は多摩美大卒で、博報堂の子会社の社長で、2014年から多摩美大教授。佐野氏(43歳)も多摩美大卒で、2014年から同大学同学科の教授。つまり二人は大学の先輩後輩かつ教授「仲間」です。ここで佐野氏を選んでおけば(恩を売っておけば)、佐野氏は何かにつけ長男一史氏の有力な「味方=理解者・協力者・賛同者」としての振る舞いが期待でき、長男一史氏の大学内での立場に有利に働く、と父一正氏が考えてもおかしくない、と推察することは、どなたにも容易だと思います。

もう少し裏読み・深読み・斜め読みができるように、心がけようと思います。

 話は変わりますが、最近になって、L字に読める意味不明の右下のヒゲ?を含めて「不正エンブレム」の意匠がやっと理解できるようになりました。「T」はThief(盗人)の T、「L」はLiar(嘘つき)の L、そして「赤い丸」は「赤恥」の赤色です。遅過ぎ?
Posted by Nekogu at 2015年09月04日 21:44

 パクリエンブレムが白紙撤回されたことは、遅まきではあるが正しい決断ですね。
一部の不心得者たちが、ごり押しを続けたことによって、利権つながりの相関図、密室で仲間内の作品を選び合う
ことで利権の維持・強化を図る仕組みなどひそかにやっていたことが明るみに出た訳で、その面では意義があった
といえるでしょう。
>無能かつ不公正なことをした審査委は、審査する資格がない。さらに言えば、応募資格として、佐野研二郎など
一部の人に資格を絞ったことも、出来レースを疑わせる。あまりにも癒着が疑われるので、審査委を全員、クビに
するべきだ。
>電通の横紙破りを禁じて、永井一正を首にして、篠塚正典を委員長に据えるべきだ。そうすれば、佐野研二郎の
デザインみたいな低レベルのデザインは最初から選ばれなかったはずだ。何しろアメリカの美術大学を首席で卒業
したほどの人だからだ。

 管理人さんが言われるように、パクリ五輪エンブレムの白紙撤回だけでは、決着したことにならない。真に才能
を持ったクリエーター型デザイナーや一般人も広く応募でき、公正で真に審美眼をもったデザイナーや一般人たち
が審査する体制で、オープンにした選考をやるべきですね。

 一般公募と第一次審査にネットの力を活用するのが、国民の祭典に相応しい方法です。
1)作品をネットで応募できるようにする。
2)(プロを含む)一般の部、大学生の部、小・中・高校生の部、で公募すると、多様で夢のある作品が集まる。
3)多数集まった応募作品をネットで公開し、ネットで、各部門の人気投票する。
4)各人気上位50作品をしぼりこむ。
5)一定期間、世界に周知して、問題ないかを確認する。
6)問題のない各(50−N)個の作品と総合順位を、ネット投票および新しい審査委員会のメンバー投票で決める。
7)両者の投票結果を考量し、各10作品および総合10作品に絞り込む(製作者へ賞状・賞金)。
  ネットで一定期間公開し、著作権侵害問題がないか再確認する。
8)最後の決定は、新メンバーの審査委員会に委ねる。総合上位5作品(製作者へ賞状・賞金)。を公表し、
  組織委員会は、著作権関係の仕事をして、問題がなければ1位に、1位に問題があれば2位に、2位にも問題
  があれば3位に・・・決定する。

補足: 
1)「偶然似たデザインがあったらどうする。佐野氏のような追及を受けるのかと思うと、尻込みしてしまう人も
  いるのではないか」と、パクリエータ型に近いデザイナーは心配するが、クリエータ型デザイナーは、さほど
  心配しないで応募するだろう。
2)「決定前に公表すると、それを著作権登録する人が現れる心配がある」という抵抗意見(密室で決めることが
  好きな組織委員会)があるが、そのようなズルをしそうな国は、中国や韓国くらいのもの。純日本人はしない
  (世界中のネットが注視しているので、直ぐバレて袋叩きにされる)。
3)管理人さんがいわれるように、招致エンブレムのような)やや複雑系のデザインならば、似ているといわれる
  確率は相当に低くなる。
Posted by 思いやり at 2015年09月05日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ