2015年07月18日

◆ 五輪ユニフォームを白紙にせよ

olympicuni2.jpg 新国立競技場を白紙にしたのなら、五輪ユニフォーム(ボランティア向け)も白紙にするべきだ。 ──

 五輪ユニフォーム(ボランティア向け)が決まったが、「ダサい」と悪評さくさくである。
 この制服がお披露目されると、ネットからは否定的な声が相次いだ。「残念すぎる」とまとめサイトに出たり、ツイッターで「都がデザインに口出ししたのでは」と深読みされたり。「和服のほうが良かった」との意見や「逆に目立つからいい」との声も。写真週刊誌は見開きで「ダサすぎないか」。さんざんな反響に、都の担当者は「ボランティアの士気が下がってしまう」と心配する。
( → 朝日新聞 2015-07-14

olympicuni.jpg
  出典:朝日新聞 2015-07-14

olympicuni2.jpg
  出典:Fashionsnap.com 2015年05月29日


 正面から見た感じは、「漫才師の奇天烈なデザイン」ということで、お笑い系ではあるが、まだしも「おもしろ・おかしい」という感じで、見ることはできる。
 しかし、背面から見ると、もはやどうしようもなくダサいだけだ。文字ばかりで、宣伝のハッピみたなもの。もはや服ではないね。ただの広告みたいなものだ。(人の着物ではなくて、宣伝道具の一種。)
 要するに、ゴミに等しい。

 とすれば、こんなものは、さっさと白紙にするべきだろう。舛添も、喜んで仲良く写真に写っているべきじゃない。
 舛添知事は「色々なデザインを出してもらい、分かりやすいということからこのユニフォームを選びました。(中略)」とコメントしている。
( → Fashionsnap.com 2015年05月29日

 都知事が選んだ責任者なのか。
 ふむ。「分かりやすい」というのが理由だ? だからチンドン屋みたいな格好にするのか?
 呆れる。どうせなら、「頭が涼しいのを隠すため」とでも言った方が受けたのに。

 ──

 なお、選考過程が気になって調べたが、選考過程は公開されていないようだ。次のことぐらいしかわからない。
 都がビジネスを支援している有望な若手デザイナーの中からコンペにより選ばれた藤江珠希氏がポロシャツ、帽子、カバンをデザイン。
( → 東京都公式:報道発表資料

 つまり、一般を対象とした公開コンペではなくて、「都がビジネスを支援している若手デザイナー」という、内輪の関係者に限定したコンペであったらしい。だから、ゴミみたいなデザインしか集まらなかったようだ。
 舛添のせいだな。こいつが真犯人。
 少なくとも、やたらと丈の長すぎる不格好なスーツを着て、公式発表の場にしゃしゃり出たのだから、最大の責任者だと言える。「私は関与していません。部下に任せただけです」とは決して言えない。

 今からでも遅くはないから、このデザインを白紙にするべきだ。ついでに、頭を丸めて、お詫びしろ。(そのあとは今の帽子をかぶれ。)

( ※ せめて 峯岸みなみ ぐらいの責任感があればいいのだが。)











 [ 付記 ]
 背面に「おもてなし」「 OMOTENASHI 」と表示するなんて、顔の面が厚すぎる。本当のおもてなしをするなら、もっと慎み深くあるべきだし、自分の方から「おもてなし」なんて口にはしないはずだ。まったく、「恥を知れ」と言いたくなるね。
 だいたい、「 OMOTENASHI 」なんて、外国人が見ても何のことかわからないだろう。全然、おもてなしができていない。おもてなしをするなら、「 guide 」または「 SERVICE 」または「 Welcome 」という英語表示だけをするべきだ。それも、背面でなく前面に記すべきだ。(後ろに書いてあるんじゃ、見えないし。)
 それにしても、自分の方から大々的に「おもてなし」と表示するなんて、まるで、非モテが自分の服に「イケメン」と表示するようなものだ。あるいは、不美人が自分の服に「美人」と表示するようなものだ。
 まるで漫才だね。だから漫才デザインなのか。それならそれで、首尾一貫しているが。「おもてなし」かと思ったら、「おもしろうて」だった、というオチ。



 【 関連サイト 】

 → 6月1日、東京五輪で活躍するボランティア制服が公開されました!
 
 → 五輪「ダサすぎユニフォーム」は知事の失態だ | 夏野剛
 一部抜粋。
 オリンピックまでにはまだ時間があるので、できれば、デザインの見直しをしてほしい。そうでないと、みんなボランティアをやりたくなくなっちゃいます。


 → デザイナーの見解(PDF)
posted by 管理人 at 16:35| Comment(0) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ