2015年06月24日

◆ IP電話の乗っ取り被害

 IP電話の乗っ取り被害には、意外な裏事情があった。レカムという会社だ。 ──

 この件は、いろいろと微妙な点があるので、引用だけで示す。
 《 IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明 》
 IP電話を導入している企業・組織で知らぬうちに国際通話が発信され、高額な通話料金が請求された――。こうした被害が複数発生していることを受け、実際に被害に遭った企業・組織をネットエージェント株式会社が調査したところ、IP電話交換機(主装置)に原因があることを特定したという。
 ネットエージェントが実地調査した被害企業・団体2社で使われていたのは、レカム株式会社が販売するIPビジネスホン「AI-900」「AI-900SC」という製品。
 レカムによって管理者パスワードが変更されたほか、……レカムによって不正アクセスのログも消去されたとしている。
( → INTERNET Watch

 ここで、レカムという会社については、本サイトでも前に言及したことがある。私の好きな「××」という話題で、
  「レカムという会社は、××会社だ」
 という趣旨で書いた。( → 参考

 ところが、そう書いたら、レカムという会社から「削除依頼」のメールが来た。(ぎくっ)
 私としては法的紛争なんかするつもりはないから、さっさと削除した。(記事を書いてから何カ月もたったあとのことなので、ニュース性もなかった。このころには、アクセス数も少なかったし。)

 ただ、公開停止にはしたが、記事内容自体は保存されていた。そこにあるリンクを、あらためて以下に記述しよう。
 ( ※ これは、ただのリンクだから、削除依頼が来るとも思えない。法的根拠がない。)


 → NTTに電話しました。 すると、レカムと言う会社の営業が来て、
 → NTTに連絡したら、レカムと言う通信系の代理店が来ました。
 → 電話代とリース料を合わせた費用は以前の2倍以上になりました。
 → 高齢の父が詐欺まがい商法で高価な電話を買わされていました
 → 個人契約だとクーリングオフが適用になるので 会社名義で契約させます。

 これで、レカムという会社がどういう会社かは、おおよそ見当が付くだろう。
 今回のトラブルが起こったのも、ある程度は納得できる。故意か過失かは知らないけどね。
posted by 管理人 at 23:48| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ