2015年05月16日

◆ ホテルの接客ロボット

 ハウステンボスがホテルの接客ロボットを導入するそうだ。しかし、気持ち悪い顔だ。不気味。 ──

 読売・夕刊 2015-05-16 で、「ロボットの現在」というテーマで、ロボットの紹介をしている。冒頭で紹介されたのは、ココロ社のロボット。
 見たことがあると思って調べたら、これは、ハウステンボスが接客ロボットとして導入予定のもの。
  → ハウステンボスが「変なホテル」 ロボットが接客
  → ロボットの画像 1
  → ロボットの画像 2

 見ればわかるように、気持ち悪い。こんなのに接客されるとしたら、吐き気がする。「不気味の谷」に落ち込んでいる感じだ。
 どうしてか? 人間への類似度という点では、それほど悪くはない。では、なぜか? 
 よく見ると、口がやたらとデカい。人間離れしているほどデカい。口裂け女みたいだ。だから、気持ち悪い。
 
 どうせなら、同じ会社でも、別の顔がある。
  → 別のロボットの画像

 これならば、口がデカすぎるということもなく、自然な感じだ。これならば、悪くない。
 このかわいいロボットは、2006年10月にデビューしたもの。
  → 紹介記事

 9年も前のロボットならば、ちゃんとした顔なのに、現時点のロボットでは、妙に気持ちの悪い顔だ。退化している。
 で、ハウステンボスは、この気持ち悪い方の顔を採用して、接客させるらしい。やめてほしいね。
 
 【 参考動画 】


posted by 管理人 at 19:35| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ