2015年04月12日

◆ 橋本崇載8段の見解

 将棋電王戦第5局(ハメ手による勝利)について、橋本崇載8段の見解があるので、紹介する。 簡単に言えば、私の見解と同じである。 ──

 該当のツイートは三つある。下記で紹介する。








 私の見解と同じだと言っていいだろう。(微妙な差は除く。)
 前々項のコメント欄 には、私の見解への反対論がけっこう寄せられたが、それは、橋本8段への反対論ともなるわけだ。



 [ 付記 ]
 橋本8段は、以前は髪を染めたりして物議をかもしたが、今では心を改めて、社会や将棋界に尽くしたいと考えており、理事選に立候補した。
 「当選した暁には、髪を染めて物議をかもしたりするようなことはいたしません」(笑)
 と冗談を込めて、インタビューに応じている。( → 4月8日の読売新聞の将棋欄の転載

 だけど、二歩は やっちゃうんだよね。 (笑)



 【 関連項目 】

  → 将棋電王戦 2015   (前々項)
  → 人間 対 コンピュータ (前項)
posted by 管理人 at 16:35| Comment(6) |  将棋 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もファミコンの裏ワザに夢中になりました
受け売りなのに“勝った”と友達に自慢して悦に浸りました
懐かしい感覚です

ところで今回は
棋士も開発者も勝って
主催者が負けたんですね。わかります
Posted by 先生 at 2015年04月12日 18:32
開発者は負けでしょ。前回まではソフトは強い(最強)と思われてたのに、今回のでまだまだ未熟って思われてしまいました。研究されたら負けるって。。。
Posted by けけ at 2015年04月13日 00:59
> 研究されたら負ける

 人間なら、研究されなくても、負けることが多いですよ。勝率 100%の人はいません。
 そもそも、人間同士なら、ガチンコ勝負です。今回のソフトは、「人間には無限回の待ったあり」という、インチキ勝負です。ガチンコではありません。
Posted by 管理人 at 2015年04月13日 01:05

将棋には、時折テレビで対局を一寸覗いたり、新聞の棋譜を一寸見たりする程度の興味があります。将棋の腕は全くの自己流ですが、昔むかしMac将棋A2(?)で、相手(ソフト)の駒を全部とってやったら、「ギャ」といって降参したのを思い出します。ルールが気になったので、あるプロ棋士に問い合わせたら、「王が「丸裸」になったら負けでしょう」ということでした。

電王戦にも関心があり、本ブログ記事群を面白く読ませていただきました。

今回「変則的」に人間が勝ったということで議論が起こっているようですが、将棋にもコンピューターにもど素人の目には、もっとましな電脳/コンピューター棋士を対戦させるべきではなかったか、と思います。攻略法が見つかるようなレベルなのに、まともに対戦させろという時点で「対局の資格」なし。むしろ、攻略法が見つかった時点で電脳棋士は降板すべきではなかったか、と思います。

あるいは「ガチンコ」で対局させ、バグがでたらでたで構わないのではないでしょうか。それがコンピューターソフトの実力なのですから。それができないのであれば、対戦興行は「時期尚早」ということではないでしょうか。観衆は掛け値無しの「真剣勝負」が見たいのです、多分。

最近の、「カスパロフ・羽生対談」でも、コンピューターソフトと人間頭脳との関係が熱く語られていました。
Posted by Nekogu at 2015年04月13日 15:17
今回の電王戦の問題は、ソフトのレベルが低かったことではなくて、人間側にカンニングが許されていたことです。前々項を参照。
Posted by 管理人 at 2015年04月13日 22:54
ご返事ありがとうございます。

私としては「レベルが低い」ではなく、「完成度が低い」というつもりでした。

 ガチンコ勝負になると人間側完敗  
 後手か先手で勝負あり

が、ピンと来ません。私のようなレベルのものがコメントすべきではなかったかもしれませんが、各コンピュータに棋士一人を対戦させただけで、人間側が勝った負けたというのも釈然としません。期間も考えて、双方3機/士にして、総当たり戦にするのはどうでしょうか。
Posted by Nekogu at 2015年04月14日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ