2015年03月21日

◆ STAP 細胞の幕引き

 STAP 細胞の幕引きが、コメディみたいになっている。 ──

 この話はもう、うんざりした人が多いだろうが、コメディみたいに面白い話があるので、紹介する。

 (1) 60万円の請求

 《 小保方氏に 60万円返還請求 理研 》
 理化学研究所は 20日、小保方晴子元研究員に研究費の一部として論文投稿料約 60万円を返還するよう求めると発表した。
( → 朝日新聞 2015-03-21

 (2) 弁護士経費が 2820万円

 《 理研、調査に8360万円 》
 STAP細胞論文問題で、理化学研究所が論文不正の調査や検証にかけた一連の経費が総額 8360万円に上ったことが分かった。
 (内訳)
 法律事項など専門家への相談(弁護士経費など) 2820万円
( → 毎日新聞 2015年03月21日

 再実験などの実験経費がかかるのはまだわかるが、弁護士経費などに 2820万円というのは呆れる。最終的に 60万円を請求するために 2820万円もかけている。
 特に、最後に 60万円を請求する件だけに限っても、この件で 300〜 1000万円ぐらいはかかっているはずだ。(ここが弁護士にかかる最大の箇所だ。他は訴訟や交渉にはならないのだから、弁護士は不要である。)

 呆れるね。最終的に 60万円ぽっちを得るために、300万円以上(最大で 2820万円)をかけているわけだ。一体、何のために弁護士なんかに無駄金を払っているんだ? こんなのは科学的な検証とは何も関係がないはずだ。
 そもそも、小保方さんを訴えようなんていう攻撃的なことをしなければ、この費用はまるまる浮いたはずだ。理研が科学的な真実を追究するだけに専念して、小保方さんを処罰せよなんていう邪心をもたなければ、この莫大な金は浪費されずに済んだはずだ。

 ──

 結論。
 小保方さんのなした悪(≒ 悪意ある不正)は、最大でも 60万円だけ。(それも、本人が支払い拒否できる余地が大きい。悪意でなくミスにすぎなければ、支払いの必要はない。)
 理研のなした悪(≒ 浪費)は、2820万円。(確定。)

 どっちの悪が大きいかは、一目瞭然だ。
 
 まったく。何やっているんだか。ほとんどコメディだ。ドタバタ喜劇ふう。どうせ神戸でやるなら、そばの吉本でやれ。
 


 【 関連項目 】

 STAP 事件そのものについて「真相は何か?」を知りたければ、下記項目に まとめ がある。
  → STAP細胞事件の総括 1

 より詳しく知りたければ、項目一覧を。
  → カテゴリ項目一覧
posted by 管理人 at 12:09| Comment(2) |  STAP細胞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
STAP細胞を、理研全体の成果にして、潤沢な資金を得ようとしていた訳だから、
上手に論文を仕上げることに血道を上げる前に、理研が責任をもってきちんとした検証をするべきだった。
実験科学では当然過ぎる手続きを端折ったところに、科学の根底に必要な誠意の欠如があり心配なところ。
Posted by 思いやり at 2015年03月21日 22:15
弁護士費用もですが、「検証実験の立会人の旅費だけで180万円」とか...、STAPの検証は7ヶ月といわれていますから、まるまる一月に20日稼働したとしても、1日の旅費が1万3000円です。何人が立ち会ったのでしょうね。立会には特殊な技術が要するのでしょうか。複数人が立ち会わなくても、監視カメラをつけてるのに後から録画を検証することでも検証できなかったのでしょうか。
費用の正当性を論文で発表して、査読でも受けたらいいと思う。
Posted by 査読が必要だ at 2015年03月24日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ