2014年08月16日

◆ 美人バッシング

 美人が何らかの失敗すると、社会全体でバッシングする、という傾向がある。 ──

 先に「社会的バッシング」という話を書いたが、こういうことは STAP 事件に限ったことではない。前にもあった。次の事例だ。

 (1) ほしのあき

 ほしのあきが「ペニー・オークション」でステマをしていた、という事件が発覚した。するとネット上の人々は狂気的になってバッシングをした。私は孤軍奮闘という感じで擁護した。
  → ペニーオークション&ほしのあき
  → ペニーオークション&ほしのあき 2
  → CM の嘘は許されないか?(ほしのあき)
  → 峯岸みなみ&ほしのあき

 (2) 美人すぎる市議

 美人すぎる市議についても、居住地の問題で、社会的なバッシングが起こった。ここでも私は孤軍奮闘という感じで擁護した。
  → 「美人すぎる市議」問題

 (3) さかもと未明

 さかもと未明という女性漫画家についても、はてなブックマークなどで、社会的なバッシングが起こった。ここでも私は孤軍奮闘という感じで擁護した。
  → はてな & さかもと未明

 (4) 安藤美姫

 安藤美姫が未婚の母となって出産したときにも、世間でバッシングが起こった。ここでも私は擁護した。
  → 安藤美姫を擁護する

 ──

 どうも、日本社会は、美人がちょっと失敗したのを見ると、猛烈に攻撃を仕掛ける傾向があるようだ。困ったことだ。美人はつらいよ。







 [ 付記 ]
 どうしてネット民は、美人を攻撃するのか? 常識的には、次のことが理由だと思える。
 「これまで美人にはひどい目に遭ってばかりだ。何かいい思いをしたことはいっぺんもない。撥ねつけられて傷ついたり、軽蔑の目で見られて傷ついたり、……という例ばかりだ。美人には恨みばかりがある。だから、失敗した美人を見ると、恨みを吐き出す感じで、一挙に襲いかかる」
 こういうふうに理解すると、わかるだろう。たとえば、片瀬さんや大隅さんも、同じ女性としてみれば、美人には恨みがあるだろうな、と推定できる。

 では、Openブログはどうして美人を擁護してばかりいるのか? もちろん、お察しの通りで、美人については「良い思い出」しかない。というか、「最高の思い出」ばかりだ。あの子も、あの子も、あの子も。……ああ、美人ちゃんって、本当にいいなあ。
 だから私は美人を擁護するんだ。










 非モテの人には、「ごめんね」とお詫びしておこう。



posted by 管理人 at 12:19| Comment(2) | 一般(雑学)2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(4) 安藤美姫
 の箇所を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2014年08月16日 17:47
ついでだが、峯岸みなみの記事もあった。
  → http://openblog.meblog.biz/article/13819003.html

 ここでは、彼女を擁護してはいない。
 なぜか? 彼女が美人ではないからか? 違う。ここでは、社会的なバッシングはなかったからだ。社会的なバッシングはなかったのだから、私が擁護する必要はなかったのだ。
 ※ 「坊主になることはない」という騒動があっただけだ。
Posted by 管理人 at 2014年08月16日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ