2014年07月08日

◆ 新国立競技場は破綻した

 新国立競技場はすでに破綻したようだ。元の案はすでに破棄されて、かわりに、まがい物が推進されている。(安藤忠雄) ──

 この件は、私の情報ではなくて、下記ページで指摘されている。(建築エコノミスト 森山のブログ)
  → 新国立競技場の基本設計は出来上がっていない!E
  → 新国立競技場の基本設計は出来上がっていない!D
  → 新国立競技場の基本設計は出来上がっていない!C
  → 新国立競技場屋根問題:2014年6月4日東京新聞夕刊

 丸数字は逆順に並んでいるが、上のページから順順に読んでいく方がわかりやすい。最初のページを読むだけでもいい。

 ──

 要するに、こうだ。
 (1) 元の案は、建築が困難なので、すでに捨てられた。
 (2) 新たに別案が推進されている。(基本設計案)
 (3) どちらもざっと見たところは、自転車のヘルメット。
 (4) しかし内容はまったく別のものとなった。次のように。
  ・ 橋梁からぶら下げる構造 → お椀に蓋をする構造
  ・ 大きな開閉式の屋根 → 小さな開閉式の屋根
  ・ 光は十分で芝生が育つ → 光不足で芝生が育たない
 (5) 屋根は可燃物を使うので違法。災害時には危険。
 (6) 地盤は人工地盤を作り、周囲は環境を破壊される。


 ま、現状に比べて、百害あって一利無し、というありさまである。
 それよりももっとひどいのは、これが元の案とはまったく異なる案になっている、ということだ。つまりは、「偽装」である。「捏造」と言ってもいい。

 このたび新たに推進している新国立競技場は、元の設計者が提案したものではない。それを非常に劣化させて、ちょっと似せただけの、イミテーションであるにすぎない。肝心のデザイン性からして、まったくダメである。

 比喩的に言えば、日本が建築しようとしているものは、ブランド品のイミテーションにすぎない。
 もともとは、こういうデザインで作るはずだった。


koku1.jpg


 ところが、実際には、これとは大幅に異なるものとなってしまっている。
  → 上記ページ E

 結局、原案と新案との共通点は、次の二つだけだ。
  ・ 莫大な費用がかかる
  ・ 環境を破壊する

 それ以外は大幅に劣化してしまっている。もともとの案がどうしようもなくひどいのに、それをさらに大幅に劣化させたのだから、これはもう、ゴミというよりは、危険な汚染物にすぎない。さっさと撤去するのが一番いい、という代物だ。オリンピックが終わったら即時撤去すべき代物だ。(「百害あって一利なし」に近いが、正確に言えば「百害あって一利あり」かな。一利ぐらいはある。)

 現状ではこれほどひどいことになっている、というわけだ。そのことを、上記ブログの紹介という形で示しておいた。



 [ 付記 ]
 安藤忠雄の建築はひどい、ということが、はてなブックマークで話題になっている。
  → はてなブックマーク(住宅がわずか9年で解体)



 [ 余談 ]
 新国立競技場や、東急渋谷駅について、私が安藤忠雄批判をしはじめたころには、彼のような大御所を批判する人はほとんどいなかったと思う。
 ところが、私が「猫に鈴を付けた」あとでは、安藤忠雄批判がかなりたくさん見受けられるようになった。
 誰かが鈴を付けたあとでは、それに倣う人もたくさん出てくるようだ。なぜ? 自分が矢面に立たずに済むから。 (^^);




 【 関連項目 】
 安藤忠雄についての過去記事:
  → 東横線・渋谷駅は欠陥駅
  → 東横線・渋谷駅は欠陥駅 2
  → 新国立競技場と渋谷駅
  → 大阪マルビルは偽装か?
 
 新国立競技場についての過去記事:
  → 新国立競技場の問題点と代案
  → 新国立競技場の解決案
  → 新国立競技場を無料で
  → 新国立競技場の命運は?
posted by 管理人 at 23:51| Comment(3) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけ大きなプロジェクトなのだから、この(一見有機的な)形は建築的に新しい提案があるものとばかり。ちがうのか〜!
偽装や捏造、諸々の偽り中でもこの新国立競技場や原発等の愚かさは、女性研究者の捏造疑惑の規模を遙かに凌駕しておりますね。搾取する為の仕掛けとしてその様な仕事人や施設が必要とされるのでしょうか。機能的で安全で安価で良質な施設ではその用を為さないと。

余談ですが、王様は裸だぁ〜!と叫んだ少年はその後どういう扱いを受けたのでしょう。少年を取り立てるような社会なら良いのですが。皆が少年の眼差しと勇気を学べば、きっとその人たちは無用な過ちにはまらずに済む。そんな人が増えればきっと施政者も悪事がやりにくくなるはずなのですよ。
Posted by 割烹義太郎 at 2014年07月10日 23:44
安藤忠雄は機能性を犠牲するタイプの建築家だってことは、Wikiレベルの知識でも十分分かるんだから、そんな人に渋谷駅の設計をさせたり、国立競技場の審査員をさせるのが間違ってますね。
人選ミス。
Posted by T.M. at 2014年07月11日 10:02
http://meblog.jp/
何時もみぶろぐのtopに掲載されており
よむのを楽しみにしています!
是非、再開をお願いします。

また、拝読した内容はその本人達がどう思うか
楽しみにしており、いつもその本人達に連絡をし
内容の是非を問い、議論するのが私の楽しみです。
これからも、批判・提案を楽しみに待っています。
今回は、安藤氏ですね。
私も、心躍っております。
はてさて、当人から、どのような反応がもどってくるか。
Posted by 通報z at 2014年07月12日 13:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ