2014年06月15日

◆ W杯 コートジボワール戦(評価)

 W杯 コートジボワール戦で日本は敗北した。これをどう評価するか? ──

 《 本項は息抜き用のおしゃべりです。 》




 捏造論議なんかで頭が汚れると疲れる。そこで、スポーツのことでも談じよう。

 今回の敗戦では、「実力差がはっきりと出た」という評価が多いようだ。2ちゃんねるでもそういう声が大部分だ。
 また、数字でもデータが出ている。
  → ハフィントンポストのデータ分析

 ただ、過去の戦績を見ると、これほどの大差にはなっていない。
   ベルギー 2-2 コートジボワール (2014年03月)
   ベルギー 2-3 日本 (2013年11月)

 この戦績から見れば、次の結果になっていいはずだ。
   コートジボワール 2-3 日本

 ではなぜ、そうならなかったか?

 その理由はおそらく、次のことだ。
 「昨年11月に比べて、今の日本は大幅に弱くなっている。香川と本田は状態が上がっていない。長谷部と内田は病み上がり。柿谷と大迫は状態が大幅低下。向上したのは大久保だけ。全体的に大幅に低下」
 簡単に言えば、自業自得というか、自滅というか。……自分が勝手に弱くなって、こけているだけだ。
 つまり、戦術とは別に、個人レベルで、大幅に戦力ダウンしている。

 ──

 戦術的にはどうか? 
 今回の日本は、守備に負われていた。そのせいで消耗して、後半には息切れしてしまった。評論家も言っているし、選手自身も言っている。
 そこで試合中に、次のように批判する人もいた。
 「日本はこれまでやっていたように、守備ラインを上げるべきだ。守備重視でなく、攻撃重視にするべきだ。こんなに守備ばかりやっていると、いつかは失点するし、とても勝てない。1-0 で勝とうと思って、守備重視ではダメだ」
 こういう趣旨で語ったのは、朝日新聞のサッカー担当者。ツイッターでそうつぶやいていた。

 しかし、見ればわかるように、日本は「守備重視の戦術」を取ったのではない。ボール支配率からして、圧倒されていた。相手の攻撃力が強すぎるので、日本は不本意ながら守備の側に回らざるを得なかったのだ。だいたい、相手が強くてボールをもっているのに、日本が攻撃することなどはできない。また、相手が簡単に裏を取るのに、こちらが守備ラインを上げれば、ザルになって失点するだけだ。

 だから、私としては、こう評価する。
 「日本が守備重視の方針を取って、守備ラインを下げたのは、賢明だった。あの状況で守備ラインを上げていれば、前半を 1-0 で終えることはできなかったはずだ。たぶん前半で2失点して、 1-2 になっていただろう。後半では 3失点して、0-3 になっていただろう。合計して、1-5 で負けていたはずだ。
 しかし実際には、守備ラインを下げた。だから、本来ならば 1-5 で負けているべきところを、1-2 で済ませた。その意味で、今回の守備重視の方針は、非常に妥当だったと言えるだろう。(それでも負けたのは実力のせい。)

 ──

 では、戦術の面で、まったく問題はなかったか? よく考えると、問題はあった。
 第1に、守備ラインを下げるという戦術を、練習してこなかったことだ。そのせいで、いきなり本番で守備重視の試合をすることになった。慣れないことをやったせいで、いろいろと不具合が出た。
 第2に、これまで強豪との親善試合を組んでこなかったことだ。特に最近は、弱い相手とばかり組んでいて、全勝してきた。これは、4年前と正反対だ。(なお、4年前は、親善試合で全敗していた。そのせいで、「攻撃重視」の方針を改めて、「守備重視」の方向に転じた。おかげで、W杯の前に、守備重視の練習をたっぷりとやることができた。)
 第3に、守備重視のカウンター戦法を取らなかったことだ。具体的に言えば、「青山のロングパスと、大久保が裏に出る動き」である。これが有効であることは、ザンビア戦で判明している。だから、この方針を取れば良かった。なのに、青山でなく遠藤を出したから、この方針をとれなかった。

 ──

 最後の点が重要だ。仮に青山を出していれば、カウンター戦法を取ることができた。とすれば、相手はカウンター戦法を警戒して、守備ラインを下げざるを得なかったはずだ。(もし守備ラインを上げれば、カウンターを食らうからだ。)
 この意味で、遠藤を投入したことは、「カウンター戦法を採らない」と宣言したに等しい。結果的に、相手は守備ラインを存分に上げることができた。かくて、守備ラインを上げるという戦法を、日本が取るかわりに、相手が取ることになった。
 遠藤投入を見るや、コートジボワールはすぐに戦い方を変える。ジェルビーニョを再び右サイド、日本の左サイド側に戻し、徹底的に裏を狙わせている。先程は守備の負担を減らすために日本の右サイド側にいた俊足の選手が狙い所をいよいよ定めたのだ。 一方で、遠藤を中心とした左サイドよりのパス攻撃を封じるため、中央左にカルー、ヤヤ・トゥレ、ボニと選手を集めている。 この勝負どころ、コートジボワールは右サイド、日本の左サイドに7人をかけ、結果的にここから点が生まれる。
( → ハフィントンポスト:試合分析

 上の文字のある箇所のを見てもわかるように、相手は守備ラインを上げて、攻撃重視になっている。遠藤が出たからには、ロングパスよりも組み立て重視になるとわかっているからだ。カウンターの恐れはなく、十分に攻撃に専念することができる。
 こういして、「遠藤投入」により、「青山投入」の手を封じた日本は、カウンター戦法を封じることにもなった。かくて、相手に攻撃を好き勝手にやらせることになった。
 以上が、日本の戦術的な敗因だ。どうせなら、遠藤のかわりに青山を投入するべきだった。それならば、ひょっとして、1-0 で勝っていた可能性もある。うまく行けばカウンターが成功して、2-0 か 2-1 で勝っていたかもしれない。しかし実際には、点を欲張って、遠藤を投入した。これでは、カウンターの脅威がなくなるから、相手の波状攻撃を受けて、沈没するしかない。それが現実の結果だ。

 ──

 カウンター攻撃がいかに有効かということは、オランダ・スペイン戦を見てもわかる。ロングパスを出したオランダは、スペインの守備の裏を取ったファンペルシーが、ヘディングでゴールした。同じくロングパスから、ロッベンがゴールした。こういうふうに、カウンター攻撃は、強豪を相手には有効だ。相手が前のめりになればなるほど、カウンター攻撃が有効になる。
 ザックの方針は、スペインサッカーのような方針だが、その方針は、強い相手のカウンターを食らったらひとたまりもないのだ。そのことを、スペインは教える。
 その点、今回は守備重視だったから、カウンター攻撃を食らうことはなかった。しかし、こちらがカウンター攻撃を食わすこともなかった。どちらも組み立て重視のサッカーになった。そうなると、個人の力で劣る日本は、どうしようもなくなった。
 仮に日本がカウンター攻撃を見せつけていれば、戦術的に有利な立場になることもありえただろう。持ち駒が多くなったようなものだからだ。現実には、そういうことはなかった。どちらも手持ちの戦術カードは同数で、1枚だけだった。かくて日本は、戦術の幅が限られていたがゆえに、戦術的に有利な立場は取れず、個人の実力の差のままに、順当に負けてしまった。
 


 【 関連項目 】
 「攻撃重視じゃ W杯は勝てないよ。これじゃ来年は負けるね」
 という昨年の予想(2013年08月12日)を示しておく。
 ザック監督は「攻撃優先」という方針を取る。それは、弱小国や同等国を相手にするときには有効だ。しかし、ブラジルのような強豪国を相手にすると、完全に崩壊してしまうのだ。
 とすれば、強豪国を相手にするときには、「攻撃優先」という方針をやめて、「守備陣を固める」という戦術を採る必要がある。なのに、ザック監督はそのことがわからない。とすれば、来年のW杯でも、同じことが見られるだろう。コンフェデ杯の再現となるはずだ。攻撃陣は奮闘するだろうが、守備陣の崩壊で大量失点負けをするだろう。これは避けがたい運命だと言える。
( → サッカー監督:ザックとペトロビッチ

 現実には、守備重視の方針を取ったが、それは試合のなかで仕方なく守備重視になったものであるにすぎなかった。意図的に取った作戦としての守備重視ではなかった。その証拠に、カウンター戦法を採っていない。単に守備をするだけで、逆襲の可能性がない。これでは相手から見て、ちっとも怖くない。
 かくて日本は、昨年中に予想された通りに、順当に負けることになった。
 


 【 追記 】
 あとで思い浮かんだことが一つ。
 これほどの差が付くのはおかしい。事前の対戦成績を見ても、日本が圧倒的に劣るはずがない。香川・本田・長谷部の調子が上がっていないことを除いても、全般的に圧倒されている。どの選手もが相手選手に比べて圧倒されている。
 とすれば、論理的には次の結論しかありえない。
 「日本選手は全般的にコンディション作りに失敗した」

 その理由は? 次の二つだ。

 (1)
暑さ対策が不十分だった。相手はアフリカ人であり、暑さ対策は万全。一方、日本は暑さ対策は2週間だけ。2週間あれば十分、とのことで、それまでは涼しい日本にいた。しかし現実には、試合では暑さのせいでくたばっていた。
 ま、当り前だよね。発汗機能そのものは、2週間あれば十分に対策できるだろう。しかし、暑さへの慣れは、2週間では無理だ。慣れない暑さのなかで、くたばってしまった。

 (2)
直前にものすごく過酷なハードトレーニングをした。トレーニングはまともには歩けないぐらいクタクタに疲れる過酷なトレーニング。疲労はマックス。
 選手は「今は疲労がマックスだが、疲労が回復していく過程で調子も上がるだろう」と述べていた。だが、現実にはそうはならなかった。疲労が残った状態のままだった。
 これはどういうことか? 筋肉に「超回復」というのがあることは知られている。数字で言うと、
  100 → 90 → 100 → 103

 というふうになる。いったん下がったあとは、以前の状態よりも上がる。
 しかし、それは今さらやるようなことじゃない。現実には、過酷なトレーニングによって、筋肉はダメージを受けた。 100 から 80 にまで落ちるような。その後、80 から 徐々に回復していったが、実際には、 100 には戻らなかった。 90 ぐらいの状態で、不調のまま、試合に臨んだ。

 この (2) が根源的な理由だろう。要するに、ザックの取ったのは、昔のスポコン時代のような発想の「ど根性路線」だった。それはあまりにも非科学的だった。「ウサギ跳びによる訓練」みたいなものだ。かくて、選手は根性だけはあるがコンディションは最悪だった。こうして全般的に調子を大幅に下げた状態で試合をした。……結果は、自滅。
 


 [ 補足 ]
 もう一つ思いついたことがある。
 「コートジボワールのパスの精度はとても高かった」
 これは、プレーを見てもわかるが、ハフィントンポストの数字を見てもわかる。明らかに日本よりも精度が高い。
 特に、ゴールになった2本のヘディングに結びついたアシストは、とても精度が高かった。日本ではこういうのを出せる選手は多くない。(たとえば内田はクロスが下手だ。本田も右足のクロスは下手。)
 日本は「走るサッカー」という点ではとても優れているが、パスの精度という点ではあまり優れていない。コートジボワールみたいに個人のレベルの高い国が相手だと、日本の組織的サッカーは通用しないのかもしれない。よく考えてみると、日本のサッカーが通用したのは、欧州の国だけだ。
 となると、コロンビア戦には、悲観的にならざるを得ない。W杯オワタ、ということか。





posted by 管理人 at 23:14| Comment(17) | 一般(雑学)2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に <FONT COLOR="#dd0000">【 追記 】</FONT> を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2014年06月16日 07:15
どうもザックは体調のピークを決勝リーグの方へもって行きたかった様です。予選リーグを甘く見ていたという事でしょうか。
Posted by Mac at 2014年06月16日 12:24
あまりにも残念な試合運びでした。

暑さ対策はしたけど湿度の事を忘れていたようですね。
Posted by 読むだけの人 at 2014年06月16日 12:29
「本来ならば 1-5 で負けているべきところを、1-3 で済ませた。」
1−2です。ご修正を。
Posted by ホンロン at 2014年06月16日 12:39
修正しました。ご指摘ありがとうございました。

 ついでに、誤字がたくさんあったのを直しました。
 特に、次の箇所は反対だったので、書き直しました。

×  「守備重視じゃ W杯は勝てないよ。
○  「攻撃重視じゃ W杯は勝てないよ。
Posted by 管理人 at 2014年06月16日 12:50
>直前にものすごく過酷なハードトレーニングをした。トレーニングはまともには歩けないぐらいクタクタ
>に疲れる過酷なトレーニング。疲労はマックス。
 有名な失敗例で、ロス五輪のとき、瀬古利彦が猛暑の東京で無理な練習をして、バテ気味で本番を迎え、
当然のように惨敗した教訓があります。ザック監督は知らないだろうから、誰かが言うべき。

 ザック監督は、高温多湿の試合は消耗戦だという認識が薄かったように見えます。本田など日本は、密集
している場所で味方にパスをする。受ける方も立って待っているから、瞬発力のある相手側に簡単に横取り
されていた。本来、有利に展開していくべき自軍の球を、簡単に相手に渡し無駄に10倍消耗していた。
 安全なパス回しで使い相手を無駄に走らせると、逆に有利になった。高温多湿の試合では、パスは武器。

 
 それでも、試合の女神は日本に微笑んでいた。前半20分頃、内田のシュートを相手GKは弾いた。それ
を見て内田は走り出したが、間一髪、相手DFがスライディングでボールを飛ばしたためゴールできず。
 女子の「なでしこ」なら、シュートをGKが弾く可能性があるので、そのような場合は、無駄になっても
誰かが走り込む。だから勝つ。GKが弾いたのを見てから走り始めるようでは、W杯では勝てない。なでしこ
のように、シュートの後に詰める動きをしていれば、簡単にゴールできていた。そして勝っていただろうに。
女神の微笑が消えた瞬間でした。

 サッカーは技術+因果関係を活かす気働きのゲーム。日本男子は、何でも母親がやってくれていたためか、
気働き能力の不足が、随所に見えます。
Posted by 思いやり at 2014年06月16日 13:50
2ちゃんねるで大人気のコメント。下記の3行まとめ。

 ──

パスミス、パスミス、パスミス、本田△!、パスミス、パスミス、パスミス
ドログバ登場ギャーーーン!、パスミス、ゴーーーール!、ゴーーーール!、
パスミス、パスミス、パスミス、パスミス、試合終了!

 ──

 「その通り!」という賛同の声が多数。私もそう思う。   (^^);

 これほどにもパスミスが多かったわけは? やはり、コンディション作りに失敗したからだろう。暑さと疲労の双方が原因。
 
(そのわけは? 以前の試合では、これほどにもパスミスだらけではなかった。今回に限り、どうしようもなくひどかった。一方、それを抜きにしても、相手のパス精度はとても高かったですね。……だから一方的な試合になった。)

 結局、作戦ミスとか戦術ミスとか以前の話。戦う前にすでに負けは決まっていた。日本の敗北は2週間前に決まっていた。
Posted by 管理人 at 2014年06月16日 19:29
やっと…納得できました。ありがとうございました。
Posted by RDT shimo at 2014年06月16日 20:34
キャンプ地:イトゥ  17度 
試合会場: レシフェ 35度
…だそうです。
Posted by viharati at 2014年06月16日 22:10
>キャンプ地:イトゥ  17度 
>試合会場: レシフェ 35度

日本人って、そこまで暑さに弱いのかい?
まあ、北海道民ならばわかるが・・・。
Posted by 反財務省 at 2014年06月16日 23:53
その温度差と雨は変に体力を奪いますね。
会場は高音で雨天。衣服が濡れると汗が乾かないので、熱がこもり、基礎体力を消耗します。そうなるとコートジボワールの選手の体力に太刀打ちできなった@のだと思います。
Posted by 京都の人 at 2014年06月17日 00:18
35度は、ぐうたら生きているだけなら大丈夫ですが、全身運動を長時間続けると、パフォーマンスは落ちます。
 なお、人間の細胞が耐えられる温度は 42度まで。それ以上になると、細胞が変質してしまいます。石川五右衛門の釜ゆで状態に近くなる。


 話は変わりますが、お肉をおいしく食べるには、温度はなるべく低くした方がいい。ウェルダンに焼くのは禁物で、レアかミディアムぐらいにするのが大切。70度ぐらいで、あまり時間をかけないで焼く。柔らかめにするのが大切。
 肉の煮物料理は、あまりお薦めしない。肉のうまみが消えてしまう。どうせなら、しゃぶしゃぶみたいにすると、固くならないうちに食べることができます。
 温度が高くなりすぎると、肉が固くなっちゃうんですよね。おいしくない。

 ※ 人肉のことではありません。
Posted by 管理人 at 2014年06月17日 00:29
管理人さんの説に異論はありませんが、
気持ちで負けていたというのも大きい。
後半遠藤という戦術が読まれていたこと、そしてドログバ投入で
強気な本田、内田以外は完全に浮き足立っていました。
緊張するだけでなく、萎縮していた選手が多かったのは気になります。

ただ、ギリシャ戦は良い試合をやってくれるんじゃないかと。
Posted by よし at 2014年06月17日 03:52
コンディションについて選手の証言がある。以下、引用。

 ──

 大迫からは「硬かった」、あるいは吉田からは「体が重かった」という声も聞かれており、緊張感やコンディションの問題で出足が悪くなった可能性も十分にある。
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2014/06/15/post_646/index2.php

 ──

 一方、マスコミでは「守備重視がいけない」「気持ちで負けていた」というような声が多い。
 これを聞いて、次のギリシア戦では、積極的に攻撃中心になりそうだ。つまり、守備の手抜き。
 その結果は? 相手のカウンターを食らって、大量失点するだろう。
 ギリシアは守備が強力なので、そこに攻撃中心でやっても、今のコンディションの悪い日本は勝ちにくい。その一方で、手抜きの守備で、ザル守備がますますザルになる。
 私の予想は、こうだ。
 「ボール支配率は日本が上になるが、相手のカウンターを食らって、3失点。1−3で日本の負け」
 
 ※ 攻撃重視の戦法を採る、という前提です。
   守備重視ならば、1−0 の勝ちを予想します。
Posted by 管理人 at 2014年06月17日 19:12
本ブログはおよそ一般人には考えつかないような、
アイデア・視点が特長なのでしょう?
ちょっと普通すぎませんか?^^;
息抜き用ですとちゃんと始めに書かれていますが(苦笑



>第3に、守備重視のカウンター戦法を取らなかったことだ。


南アフリカの反省から、自分達でボールを保持するサッカーを志向して、
この4年間やってきたわけですから、上記の指摘は、
ほとんど何も言ってないのと同じなのでは?
管理人様らしからぬ発言で驚きました。


>カウンター攻撃がいかに有効かということは、
>オランダ・スペイン戦を見てもわかる。
>カウンター攻撃は、強豪を相手には有効だ。


強豪対強豪の試合をカウンター例に挙げられていること、
強豪のなかでも特殊な位置にあるスペインをチョイスされたこと、
カウンターを行うチームにオランダをチョイスされたこと、に違和感があります。

ファンハールは布陣を変更して、
どうやって相手のボールを奪うか、どうやってズレを利用して繋ぐか等、
緻密に計算してきたであろう事が随所に見てとれました。
オランダは国内組も繋ぐのがうまいし、精度の高いボールを蹴ることができる。
決して青山入れたら、○○入れたら〜とかそういう話ではないでしょう。
しかもオランダの前線、誰だか知ってるの?というオチまでついてきます(苦笑


>ギリシアは守備が強力なので

欧州予選のデータ「のみ」で判断されていると推察します。
予選同グループに、それこそオランダやスペインがいて、
あの失点数なら守備が強力であることに同意しますが…。
それと、今回のギリシャ初戦見てないでしょう?
別に見なくてもいいですよ。でも少しでも見れば、
あれ?ギリシャって守備が強力なの?と管理人様なら気付かれるはず。


あとは、コンディションの話ですが、
これは大会が終わってしばらくすれば出てきますよ。
というかそれが通例です。
戦術云々を語りたくないひと、又は語れない人達がよく使う言葉だと認識しております。

ちなみにコンディションを軽視しているわけではないですよ。
コンディションが最高なら、戦術がうまくなくても勝てたのか?と言いたいだけです。
というか、強豪となりたいのならそれでもどうにかしないと。

ただ、今は、4年間で身に付けた日本の長所を出せるよう祈りつつ、
最後まで見届けたいと思います。
もちろん、初戦の中盤の選手が落ちて変化してビルドアップする相手の戦術に、
どう対抗していくかの戦術がないと話になりませんけどね。
Posted by アレン at 2014年06月19日 19:48
アレンさんは通だから、詳しすぎるんです。そういう人向けじゃありません。   (^^);

 現状では、マスコミや専門家の大多数は、「守備ラインをあげなかったことが敗因だ。次の試合は守備ラインを上げれば勝てる」という主張です。
 私の主張はそれとは正反対です。

 新規の発想というよりは、逆張りです。独自の見解ではないが、逆張りの見解ということで、ご容赦ください。

 というか、注文が欲張りなんですよね。無料の記事なのに。   (^^);
Posted by 管理人 at 2014年06月19日 20:11
オマケ。誤読の指摘。

>第3に、守備重視のカウンター戦法を取らなかったことだ。

 の件は、「これだけやれ」という意味ではなくて、「これも見せ球にしろ」という意味。それによって相手の守備陣を下げさせよ、という意味。

 比喩で言うと、野球で「直球を見せ球にして、相手の腰を引かせろ」というようなもの。「直球も投げろ」というのは、「直球だけを投げろ」というのとは違います。
Posted by 管理人 at 2014年06月19日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ