2014年05月27日

◆ 恐怖記憶とオメガ脂肪酸

 恐怖の記憶をやわらげるには、DHA などの魚油を摂取するといい、という研究報告がある。 ──

 もともとは国立精神・神経医療研究センターの研究成果だが、要を得た解説記事があるので、紹介しよう。
 悲惨な事故・事件などの記憶はできるだけ早く消し去りたいものだ。そうした”恐怖記憶”は、イワシやサバ、カツオなどの青魚を多く食べることで弱まることが、最近の研究で分かってきた。
 研究チームは、オメガ3系と6系が異なる比率で含まれる数種類のエサを作り、それぞれのエサでマウスを6週間飼育した。その後実験箱に入れ、電気ショックを与えて恐怖を体験させた。さらに再び同じ実験箱に入れ、それぞれのマウスが恐怖記憶によって動かず、すくんでいる状態の時間を測った。
 その結果、オメガ3系を豊富に含むエサを食べていたマウスは、脳内のオメガ3系の量が増加し、恐怖記憶が弱まることが分かった。しかし、同時にオメガ6系も多量に含まれていると、恐怖記憶は弱まらなかったという。
 しかしこのことは、恐怖記憶を弱めるためには単に「オメガ3系をたくさん食べればよい」というものではないらしい。オメガ3系もオメガ6系もともに人体に必要な栄養素なので、オメガ6系の摂取量を抑えること。つまりは、オメガ3系とオメガ6系のバランスが「恐怖記憶を調節する鍵だ」という。実験の範囲では、オメガ3系の摂取量は、オメガ6系の2〜2.2倍が適正のようだ。
( → THE PAGE
 つまり、オメガ3系の脂肪酸を増やして、オメガ6系の脂肪酸を減らせばいい。そうすれば、恐怖の記憶は和らぐ。そういう話だ。

 ──

 ここで、具体的な食品は……
 オメガ3系 ── 「ドコサヘキサエン酸」(DHA)、「エイコサペンタエン酸」(EPA)、「αリノレン酸」など。 オメガ6系 ── 「リノール酸」や「ガンマ・リノレン酸」「アラキドン酸」など。

 前者は、青魚(イワシ、サバ、ニシン、ブリ、カツオ、マグロ、サケなど)やキャノーラ油などに含まれる。
 後者は、大豆油やコーン油、ゴマ油、マーガリン、豚レバーなどに含まれる。

 単純に言えば、前から良く言われているように、油の多い魚を食べて、魚油(DHA,EPA)を取ればいいわけだ。
( ※ ついでだが、オリーブオイルは オメガ9系なので、上記のどっちにも当てはまらない。言及外です。)

  ────────────
 【 関連サイト 】

 この研究については、下記にプレスリリースがある。詳細はここを読めばわかる。
  →  独立行政法人国立精神・神経医療研究センター





 【 補説 】
 本項は、別項の話題と関連する。下記だ。
  → 恐怖は遺伝する?

 ここでは「恐怖の記憶が遺伝する」という仮説が紹介されており、その仮説の非論理性を指摘した。
 だいたい、「記憶が遺伝する」なんて、ラマルク説みたいなもので、とうていありえない。たとえエピジェネティック的な変化が DNA に刻まれるとしても、それは、「DNAに傷が付いた」というだけのことであって、「記憶が刻まれた」というのとは違う。……そういう趣旨だ。

 以上のことは、本項と照らし合わせると、いっそうよくわかる。
 本項で示されたように、脂肪酸は脳の状況に影響する。
 一方、脳の 60%は脂肪でできている。( → Wikipedia
 こういう原理があるからには、脂肪酸その他の状況が脳に影響を与えたとしても、不思議ではない。つまり、
     恐怖体験 → DNAに傷 → 子において脳の状況に変化(脂肪酸不足など) → 子において恐怖に過敏
 というような過程は、十分に想定できる。
 こうして、
 「恐怖は遺伝する」

 という奇妙な仮説を否定して、
 「恐怖が遺伝したように見える」(親に過剰な恐怖があると、子にも過剰な恐怖が出現する)

 というふうにして、同じ現象を科学的に説明できる。
 これが、本項で特に言いたいことだ。
posted by 管理人 at 20:59| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ