2014年04月16日

◆ 韓国の沈没事故の謎

 韓国で沈没事故があった。ここにはいくつかの謎がある。それを解く。

  ※ この記事は情報が古くなっています。最新情報ではありません。
 ──

 韓国で沈没事故があった。乗客は 477人で、死者・行方不明者が合計 300人以上らしい。
  → 韓国の旅客船沈没、300人以上が不明 164人は救助

 ここにはいくつかの謎がある。
  ・ なぜ沈没したのか?
  ・ なぜ被害がこれほど多いのか? 
  ・ 大量の行方不明者はどこに行ったのか? 

 この謎を解こう。


 (1) なぜ沈没したのか?

 沈没の理由は、読売新聞・夕刊 2014-04-16 の記事が参考になる。
 「出航の時間が遅れたので、いつもとは違う航路を通って、近道しようとした。そうしたら、暗礁にぶつかって、座礁した」
 ということらしい。
 ここでは、いくつかのポイントがある。
  ・ 陸地に近い沿岸なのに、暗礁が海図に示されていなかったのだろうか?
  ・ 直前に右に急展開してから横転した、ということだが、暗礁に気づいたのだろうか?

 詳細は不明だが、ともかく、座礁した可能性が高いようだ。


 (2) なぜ被害がこれほど多いのか?

 被害が多い理由については、ネットで検索するのが早い。韓国の記事なら、韓国のマスコミの情報を得ればいい。こうある。
 ◇生存者から「すぐに避難案内していれば」との声
 救助された乗客の1人は、「『どん』と音がして、船が突然傾いた。船室3階の下には食堂、売店、娯楽室があったが、そこにいた人たちはほとんど出てくることができなかったと思う」と伝えた。
 また「その場にそのままいろという放送があったが、水が入ってきて、そのままじっとしていられなかった。ライフジャケットを着て外に出てきて待機していた」とした上で、「すぐに避難案内をしていれば、良かったのに」と話した。
 救助された修学旅行生の1人は「船内が水に入ってきているのに、放送ではじっとしていろとしか言わなかった。船が傾いて滑ったり落ちたりして、腰や脚をけがした人も多かった」と事故発生時の状況を伝えた。
 修学旅行生は、船室から出る際に、待機案内のために動くべきか、とどまるべきか、とても紛らわしかったと涙声で伝えた。
 乗務員の1人は「船が突然傾き、急いで避難した。避難するのに必死で、他の人が救助されたのか分からず、措置を取る余裕もなかった」と話した。
( → Chosun Online | 朝鮮日報

 さっさと避難すればいいのに、それとは逆に、「じっとしていろ。動くな」という放送があったせいで、逃げ遅れた。やがて水が押し寄せて、もはや逃げたくても逃げられなくなった。
 事故のときには逃げることが必要だ。パニックを避ける動きは必要だろうが、だとしても、「じっとしていろ」というのは、被害を最大化する方針である。これが被害を大きくしたのだろう。


 (3) 大量の行方不明者はどこに行ったのか?

 これは、すぐ上の引用からわかる。再掲しよう。
 船室3階の下には食堂、売店、娯楽室があったが、そこにいた人たちはほとんど出てくることができなかったと思う」

 つまり、下の階にいた人は、みんな溺れ死んでしまった。だから、大量の行方不明の人々は、船室にいるのである。溺死体として。
 一方、救助は別の方向を見ている。
 韓国の軍や海洋警察はダイバーを投入するなどして救助活動を続けています。
( → 韓国で旅客船沈没 3人死亡 290人余不明

 これは、方向違いだ。死者は海の底に沈んでいるのではない。船の内部に沈んでいるのだ。
 なお、現場は沿岸部なので、多数の船が押し寄せたそうだ。商船や釣り船など。水温は 12度ぐらいと低くて、寒さに震えた人が多かったようだが、それでも沿岸部で、釣り船などがあったから、船の外の被害は最小化できたようだ。
 問題は、船の内部にあった。そこで被害の最大化が起こった。

 ──

 ……以上が私の認識だ。
( ※ 情報は断片的なので、はっきり断定するまでには至っていません。現時点での最大限の推定です。)
 


 [ 付記 ]
 記事では数字が合っていない感じだ。
 「乗客が 477人で、救助が 164人、死者・行方不明者が合計 300人以上」
 とのことだが、乗客の他に、船員が 40人ぐらいいたはずだ。合計して 517人ぐらい。救助が 164人ならば、死者数は 353人となる。つまり、350人 ぐらいの死者がいるはずだ。300人じゃない。
 船員の数を含めないで計算しているようだが、それでは被害の正確な数字はわからない。きちんと数えてもらいたいものだ。
 それとも、乗客と乗員全体を混同しているのだろうか? 
 


 【 追記 】
 船は完全沈没したわけではなくて、大部分が浮上しているので、船内にいる人々の大半はまだ生きている可能性が十分にある。
 みんな溺死してしまった、というわけではないようだ。
  → 救助活動中の写真



 【 関連項目 】

 → 沖ノ鳥島 事故の謎
posted by 管理人 at 19:46| Comment(6) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイバーは主に船内の捜索のために投入されていると思います。
Posted by ステムセル at 2014年04月16日 20:12
痛ましい事故ですね。

掲示板の方もYさんが張り付くようになって面白く無くなりましたね。

フィルタリング出来ないんでしょうか。(笑
Posted by 読むだけの人 at 2014年04月16日 22:20
掲示板はフィルタリングできますが、もともとあそこは「ごみ置き場」「隔離場」なので、私は関与しないつもりです。
Posted by 管理人 at 2014年04月16日 22:52
最後のあたりに 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2014年04月16日 23:21
あなたって、間違ってる記事を訂正もせずに
デタラメの情報を流し続けてるんですね。

少しは、訂正や謝罪をいれたらどうですか?
にげてばっかり。
>船は完全沈没したわけではなくて
この時間には、とっくに水没してますよ。
写真も、勘違いさせる内容だ。
Posted by z at 2014年04月19日 13:54
> この時間には、とっくに水没してますよ。

私はリアルタイムで現場報道しているわけじゃないんだから、情報は少し前のものに限られます。

紹介した記事ではまだ水没していません。リアルタイム情報が欲しければ、それを見ればいいでしょう。

あとね。4月16日の記事に「まだ沈没していない」と書いたからといって、19日に「もう沈没したぞ」って、あなた、時間という概念がないの? 三日も前の記事を読んで、「情報が古すぎる」って。何それ?

どうせなら、新聞社にも文句を言えば? 「16日の記事には、19日の情報が記してないぞ! けしからん!」と文句を言えばいい。あるいは、「16日の夕刊には、16日夜の情報が記してないぞ! テレビの現場中継より情報が遅れるのはけしからん! 新聞はリアルタイムで情報を出せ!」と文句を言えばいい。
Posted by 管理人 at 2014年04月19日 14:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ