2014年03月29日

◆ STAP捏造 と JR西事故

 STAP捏造 と JR西事故には、共通点がある。 ──

 次のような共通点がある。

  ・ ヒューマンエラーを起こしやすい組織的構造があった。
  ・ 実際にヒューマンエラーが起こった。(失敗・事故)
  ・ それを起こしたのは、能力の低い人。(= 組織の脆弱部分)
  ・「本人が意図的に起こした」という陰謀論が生じた。(捏造・テロ)
  ・ 陰謀には、本人の「悪意」「計画性」「高度な達成能力」が必要。
 
 ここでは……

 「STAP細胞事件は、本人が捏造したものだ」という陰謀論が生じた。
 「JR西事故は、本人が意図的にテロをしたものだ」という陰謀論が生じた。

 なお、結果はある意味で「陰謀したことが達成された」と言えるが、現実には、本人は自分を破滅させてしまった。その意味では「陰謀したこと」とは正反対の結果になってしまった。矛盾。

 ──

 この件、議論したい人は、下記に書き込んでください。
   → したらば掲示板




 [ 付記 ]

 議論したくて仕方がない人向けです。
 エネルギーが余っているなら、本ブログでなく、上記の掲示板で騒いでください。
 
  ※ Openブログではコメントを受けつけません。
posted by 管理人 at 23:33|  STAP細胞 | 更新情報をチェックする
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ