2014年01月16日

◆ 口腔内の血腫の原因

 口腔内に血腫(血豆)ができることがある。どうしてだろう? ……と思って不思議に思ったが、あっけない理由だった。 ──

 口腔内に血腫(血豆)ができた。
 最初は、「何か悪いものを食べたのか?」「胃腸が悪かったのか?」などと心配したものだが、「いつ発生したか?」「どこに発生したか?」を考えると、やっとわかった。

 歯磨きをしているときに、歯ブラシの先端が頬の裏側にぶつかったのである。(奥歯のあたり。)
 歯磨きをしているとき、歯ブラシを左右に動かすが、奥の方に動かすときに、歯ブラシがスリップして、ずるずるっと移動して、頬の裏側に強くぶつかってしまった。で、そこに、血腫ができてしまったのだ。つまり、打撲による内出血である。

 もう一度、歯磨きをしてみたら、また同じところにぶつかったので、「やっぱり」と思った。
 
 結論。
 歯磨きのときには、注意しないと、ぶつかって、血腫ができることがある。めったにないことだが、稀に起こることがある。注意しましょう。



 [ 付記 ]
 何でそんなことを書いたかというと、ググってみたところ、「原因不明」と書いてあることが多いからだ。せいぜい、「固いものを食べたとき」「体調不良」などが理由であり、「歯ブラシがぶつかったから」とは書いていないことが多い。
  → Google 検索

 しかし、場所からして、歯ブラシがぶつかるところであり、歯磨きの直後の生じたのであれば、原因は歯ブラシがぶつかったからだ、としか考えられない。
 覚えておくといいだろう。
posted by 管理人 at 22:13| Comment(0) | 医学・薬学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ