2013年10月06日

◆ ホンダのハイブリッド

 ホンダの新型フィットのハイブリッドは、トヨタとは違う新たなシステムとなっている。かなり画期的だ。 ──

 これまではトヨタのハイブリッドが独走していた。
 ホンダのハイブリッドは、いかにも旧式で中途半端なものであり、販売もあまり芳しくなかった。
 その後、日産がクラッチで切り替えるタイプのハイブリッドを出したが、これはエンジンもモーターもデカいタイプであり、いかにも装置が過剰だった。値段もやたらと高くて、販売台数はごくわずかだった。
 その間に、欧州ではいろいろとハイブリッドが出てきたが、日産タイプのが多かった。それでもいろいろと試行錯誤しているうちに、けっこう独創的なものも出てきた。特に、デュアルクラッチと組み合わせるものは有効だった。
 
 で、このたび、ホンダ・フィットの新しいハイブリッドが出たのだが、これがかなり複雑で、理解しがたい。それでも基本はデュアルクラッチを使うもので、遊星ギヤを使うトヨタ方式よりも伝達ロスが少ない。特に、高速域でのロスの少なさは重要で、このおかげで高速燃費がいい。トヨタ方式の泣きどころである高速燃費が良いことで、初めて弱みのないハイブリッドが出たとも言える。これなら高速燃費を重視する欧州でも売れそうだ。(トヨタのハイブリッドは、高速燃費が悪いので、欧州では売れていない。ディーゼルに完敗という状況だ。)

 ──

 以上の話は、自動車雑誌から仕入れたものだが、ネット上にも同様の情報はある。あまり詳しくないが。
  → HONDA 3rd FIT(JAZZ)のハイブリッドのここがすごい
  → パラレルだがシリーズに似たHVフィーリング| レスポンス
  → 雑記 : FITハイブリッドの、7速DCT(デュアル クラッチ トランスミッション) + i-DCD
  → 新型「フィット ハイブリッド」、「i-DCD」の仕組み

 ま、自動車マニアなら、知りたくなる情報だ。だけど、やたらと面倒で、理解しがたい。よくまあ、こんな面倒なシステムを考えたものだ。トヨタの遊星ギヤ式のシステムだって、ずいぶん面倒なのに、ホンダのはもっと複雑なシステムだ。それでいて、しっかりと結果を出している。たいしたものだ。



 [ 付記1 ]
 他社はどうか? 
 マツダも、「スカイアクティブ」という技術で勢いがある。
 富士重工も、スポーツカーや、安全性能で、人気がある。
  → 富士重、大躍進の秘密は発想法にあった

 どうも日産だけ、置いてきぼりですね。(電気自動車の計画は大幅に後退したし。)
 そう言えば、新型スカイラインと噂されるインフィニティは、すごくカッコ悪いな。あのデザインで出すのだろうか? 日産は、停滞しているというより、後退しているのかも。ゴーンさんの頭髪と、一蓮托生か。

 [ 付記2 ]
 自動車雑誌(月間自家用車)に詳細解説があるが、燃費データもある。フィットの方がアクアよりも総合で1ランク上だ。都市部では同等で、高速道路では圧勝、という感じ。
 
 [ 付記3 ]
 特許の関係で言うと、トヨタ式は、昨年で基本特許が切れたらしい。
 一方、デュアルクラッチは、欧州の会社が特許を押さえており、17年ごろまで有効らしい。とするとホンダは特許を購入したのだろう。特許はトヨタのような自動車メーカーが所有しているのではなくて、部品会社のボルグワーナーが所有しているらしい。だから自社で独占するのではなく、外販するのだろう。どこの会社でも買えるようだ。(日産も GTR でデュアルクラッチを採用している。)
 デュアルクラッチとハイブリッドを組み合わせるのは、特にアイデアだというわけでもなさそうだから、どこの会社でも使えそうだ。となると、今後はこの方式が世界的に主流になりそうだ。たぶん日産もこっそり開発中だろう。ホンダがこの方式を発表したのは昨年。VWは昨年中に発表して市販した。
  → VW、ジェッタハイブリッドをワールドプレミア
 ハイブリッドと言えばトヨタ、というのが常識だったが、いつのまにか VW とホンダが最先端を突っ走るようになってしまった。驚くべき変化。栄枯盛衰は世の流れ。
posted by 管理人 at 11:00| Comment(2) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に [ 付記2 ] [ 付記3 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2013年10月06日 16:04
明るい話題ですね。久々にホンダらしさが出始めました。今度のフィットは大ヒットです。
ホンダ・フィットは、概観がイマイチで性能はまあまあ感がありましたが、輝きを放つ存在になりました。
 小沢コージ氏のレポートが面白い。
ホンダ・フィットHV プロトタイプ 世界最高燃費のナゾ(小沢コージ)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130723/1050939/?ST=life&P=1

 ハイブリッドシステム開発担当の池上氏によると、
「完璧だ、どうやっても(トヨタのシステムを)超えられない……と最初は思いましたね」と正直ですね。
 しかし、経営陣から「業務命令」としてトヨタ超えを厳命されたので、簡単にギブアップできない。
(そういう、正しい革新的なミッションを与え、支援体制を用意してあげるのが、経営陣の本来の役割)

 最初、トヨタ方式の弱点(2つのモーターとエンジンが常時つながっているので、高速走行中は、足手
まといになる)を見つけ、1点突破が浮かんだらしい。
 そこらから、皆でワイガヤやっているうちに、1点突破、全面展開になったらしい。全体も良くなって、
「あれ? アクアを超えちゃった!」

 エンジンの圧縮比(下死点時のシリンダー体積/上死点時のシリンダー体積)が、13.5のようだ。
それは、マツダのスカイアクティブGの14.0に近い。マツダは高温排気の逆流問題を解決するために、
排気マニホールドを長くし、シリンダーヘッドにキャビティを刻む革新をした。 ホンダのエンジンルーム
の写真を見ると、排気マニホールド長めですね。

 こうなると、40km/L、50km/Lを超える驚愕のクルマが登場することをワクワクと期待します。
日本車頑張れ。
Posted by 思いやり at 2013年10月06日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ