2013年08月13日

◆ 猛暑で電力危機は起こるか?

 記録的な猛暑が続いているが、夏休みのおかげで電力不足になっていない。では、夏休みのあとは? やや危機的である。 ──

 記録的な猛暑が続いている。四万十川で史上最高の気温を更新しただけでなく、東京でも 38.3度という最高気温だった。(東京の過去最高は 2004年7月20日 39.5度。)また、東京の最低気温は 30.4度で、史上最高の値となった。
  → 「最低気温」が30.4度! 東京、ここ138年でいちばん暑かった

 ただ、夏休みのおかげで電力不足になっていない。この件は、先に述べた通り。
  → 真夏の電力事情(2013)

 では、今は夏休みでいいとしても、夏休みが終わったら? 8月下旬に猛暑が再来したら、電力危機は起こるのではないか? その懸念がある。


 「8月下旬なんて、そのころは暑さも済んでいるさ」
 と思う人も多いだろうが(私もそう思っていたが)、あにはからんや。昨年(2012年)の最大電力は、8月30日に発生した!
 最大需要が発生したのは8月30日(木)の15時で、電力使用量が 5078万kWに達した。前年の最大電力よりも3%増加し、2010年と比べると15%減少した。
 8月30日の最高気温は東京電力の管内平均で 35.0度を記録した。これは最大電力を記録した日で比較すると前年の36.0度、2010年の36.2度よりも低かった。
( → itmedia
 昨年は8月30日に最大需要が発生した。そのときの気温は 35.0度だった。
 一方、今年の最高気温は、東京では 38.3度だった。では、今年の8月30日ごろに 38.3度になったら、どうなるか? 昨年の 5078万kWを越えるのは確実だが、どのくらいになるか? 仮に、5078万kWに 300万kWを上乗せすると、5378万kWである。一方、今夏の東京電力の最大供給は 5492万kW らしい。( → 8月9日の値 ) その差は 114万kW。余裕はたったの2%しかない! これはやや危機的である。ギリギリセーフという感じだ。

 ──

 さて。上の 300万kW というのは、いい加減な値だった。ヤマカンである。もう少し数字を精査してみよう。
 まず、2011年の値を見る。
  → 東電の電力状況(2011年)
 ここから、次のグラフを得る。(たくさん)
  → 東電2011 (データ集)

 ここから、次のことがわかる。
  ・ 8月10日前後は、夏休み前だが、最大電力は 5000万kW 程度。(4950〜5000)
  ・ 8月12日は、一部が夏休み入りで、最大電力は 600万kW 程度。
  ・ 8月13〜15日は、週末とお盆休みで、最大電力は 4000万kW 程度。


 ここから、次のように推定できる。
  ・ 8月10日前後は、夏休み前で、最大電力は 基準値(ゼロ水準)
  ・ 8月12日は、一部が夏休み入りで、最大電力は 600万kW 減。
  ・ 8月13〜15日は、週末やお盆休みで、最大電力は 1000万kW 減。


 ここで、気温について考慮して補正を要するので、気温を見る。
  → 東京 2012年8月

 最高気温は、13日が 34.5度、16日が 34.5度、15日は 33.4度。他は 30度台で、あまり暑くない。12日は30.9度。
 10日と11日は、31.2度と 31.6度だから、普通である。それでいて 5000万kW という大きな電力を消費した。
 13日と 15日はかなり暑いので、電力は多めに使用されたはずだ。それでも 1000万kW 減だ。気温が 10日と11日 ぐらいならば、もっと減っただろう。1200万kW ぐらい。つまり、お盆による減少は、1200万kW ぐらいだと見込める。

 ──

 以上のことを、今年の値に当てはめる。
 まず、今年の気温は、こうだ。
  → 気象庁 2013年8月

 どうも気温が高すぎて、基準値を取りにくい。とりあえず8月6日を基準値とすると、最高気温が 32.0度で、最大電力は 4547万kW。8月9日は、最高気温が 34.5度で、5093万kW。(今夏の最大記録。)つまり、気温が 32.0度から 34.5度に上がると、消費電力は 4547万kW から 5093万kW に上がるようだ。546万kWの増加。気温が 34.5度から 38.3度に上がると、消費電力はさらに増えそうだが、どっちみちフル稼働しているエアコンが多いから、比例的には増えないだろう。
 昨年の最大値は8月30日の 5078万kWだが、今年はすでに8月9日に 5093万kWを達成している。このときの気温は 34.5 だから、昨年よりもかなり高い。今年は昨年よりも節電が進んでいるようだ。
 12日は、最高気温が 35.8度で、最大電力は 4694万kW だった。去年の例からして、日程による効果が 600万kW 。本来ならば 4400万kW になっていいはずだが、300万kWも多い。これは、気温による効果だろう。前年より4度も高い 35.8度なので、300万kWも増えたわけだ。

 ──

 いろいろ考えると、次のような感じで予想できる。
  ・ 34.5度 → 5093万kW (8月9日の現実)
  ・ 38.3度 → 5393万kW (8月下旬の予想)


 予想の方は、かなりおおざっぱな値で、100万kW ぐらいの誤差はあるだろう。悪くすると、5493万kW ぐらいにはなりそうだ。
 一方、最大供給は 5492万kW らしい。(前出)
 その差はたったの 1万kW である。ゼロ同然。

 つまり、今夏の予想を見ると、「最大需要と最大供給がぴったり一致する」というふうになる可能性は、十分にある。もし8月下旬にふたたび 38.3度の猛暑が訪れれば。
 そして、そういう可能性は、十分に起こり得るのである。その場合への対策が必要だ。

 過去において、「原発事故なんか起こるはずがないさ」と思って対策を怠ってきた結果、ひどい原発事故の災害が起こった。事前の対策が不足していたのである。
 今夏の電力不足に対しても、あらかじめ十分な準備が必要だろう。



 [ 付記1 ]
 その準備は、あるか? 一応、ある。それは「需給調整契約」である。
 では、どのくらいの値か? たぶん 300万kW 以上あるはずだ。そう思って、確認してみたら、次の情報を得た。
 2013年度夏季・東京電力の計画調整契約電力:202万kW、随時調整契約電力:174万kW、合計376万kWです。それに対して東京電力管内の2013年度夏季の需要見通しは、5450万kWなので、2013年度夏季最大電力需要の7%弱まで、DRでカバーできる計算です。
( → FERCのDR評価レポートを踏まえて−日本のDRの現状把握
 300万kW どころか 376万kW もある。これがそっくりそのまま、「万一の場合への予防措置」となる。
 要するに、スマートメーターなんかよりも、「需給調整契約」の方がはるかに有効なのだ。そもそも、真夏の猛暑のときには、スマートメーターががっても、家庭ではクーラーを消すはずがない。というか、消してはならない。(電器の節約のために熱中症になって死んでしまうのでは、本末転倒だ。スマートメーターというのは、殺人機械なのだ。全部取り外してしまうのが正しい。特に、お年寄りの家庭では。)
  → スマートメーターの普及強行をやめよ

 [ 付記2 ]
 最も好ましいのは、「需給調整契約」という臨時措置なしで、あらかじめ電力を抑制することだ。特に、家庭でなく企業で。
 これは要するに、「夏休み(バカンス)を増やす」ということだ。そうすれば、お盆休みや週末みたいに、電力が一挙に 1000万kW 以上も激減する。このような効果は、スマートメーターによる節電ではとうてい不可能だ。
 
 結局、夏の電力不足に対する最大の対処策は、「夏休み(バカンス)の普及」である。政府はこの方針で制度をとと述べるべきだろう。たとえば、「夏休み(バカンス)を2週間以上取る企業には減税」というふうな。
 この場合、減税は、「国民の間で富の配分を変える」というがあるだけだ。(「実施していない人々 → 実施している人々」というふうに金が移動する。) だから、たとえ 1000億円をかけても、その金は国全体では1円も無駄にはならない。コストはゼロである。
 一方、スマートメーターの場合には、機器の製造費用がかかる。これは莫大なコストになる。1000億円のコストをかければ、まるまるコストとなり、国民の負担(つまり損失)となる。
 ただ、官僚と業者だけは、その 1000億円を食い物にして、1000億円の売上げと、数十億円の利益を得る。……しかし、これはあまりにも非効率だ。「1000億円をかけて 数十億円の利益」というのはね。
 それでも、「1000億円の損があっても、それはオレの損じゃない。他人の損だ。それよりは、おれが数百万円の利益を得ることが大切だ」と思うエゴイストが多い。そのせいで、スマートメーターは普及しつつある。
 で、その利権構造のために、朝日新聞が利用される。朝日新聞は「エコです」と告げると、とたんにルンルンと浮かれて提灯記事を書く。で、朝日に「スマートメーターはエコですよ」という記事を書かせて、「国民の 1000億円を無駄にして、かわりに自分の財布を豊かにする」という利権構造が、実現するのである。
 かくてスマートメーターばかりが焼け太る。
  → スマートメーターの普及強行をやめよ

( ※ 私が「止めろ」と言っても止まらない。人々は原発を止めることばかりに、やたらと熱中している。)
posted by 管理人 at 10:57| Comment(0) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ