2013年07月06日

◆ 除湿機で省エネ空調

 梅雨時には湿度が高い。これを解決するには、除湿機が最適だ。電気も食わない。 ──
 
 この件は、前にも述べた。そちらを参照。
  → 除湿器のお勧め
 一部抜粋しよう。
 夏にはエアコン(クーラー)を使う、というのが普通だ。しかし、エアコンは電気を食う。エコではない。また、「冷えすぎて体に良くない」という面もある。特に、夜間の就寝時には、「冷えすぎる」という難点が生じやすい。
 つまり、真夏の猛暑のときはともかく、「温度はあまり高くないが湿度は高い」という梅雨時や9月(の夜)には、除湿機能が体にいい。(冷房まですると体が冷えすぎて、健康に悪い。)
 
 ただ、エアコンで除湿機能を使うと、冷房と暖房を同時に使う形になるので、とても電気を食う。電気の無駄。

 これを解決するのが、除湿機だ。エアコンと違って、省エネである。
   消費電力:175/185W(50/60Hz)
   電気代の目安:3.9/4.1円(1時間あたり)

 とのことだ。
 
 ──

 実際、利用者の声を聞くと、とても好評である。
   → Amazon ,Amazon

 ただ一つ難点がある。「音が大きい」という点が、人によっては問題となる。ただ、これは、個体差などがあるそうだ。どうやら設置場所が問題らしい。
  ・ 部屋の隅に置くと、音が壁で反響する。
  ・ 床に直接置くと、床が振動する。

 そこで、次のようにするといいだろう。
  ・ そばの壁には吸音材を置く。
  ・ 機械の下には、座布団かクッションを敷く。



小さくたためるnano座布団


 なお、カタログ値を見ると、騒音は
   運転音:38/36dB(50/60Hz) ※衣類乾燥時

 とのことだから、かなり静かである。普通のエアコン程度だ。
 それがうるさく聞こえるとしたら、機械の音の大きさ自体よりも、共振とか何とか、別の理由があるからだ、と思った方がよさそうだ。
 その意味でも、座布団は有効だろう。

( ※ ちなみに、扇風機の場合も、機械の下に座布団を敷いておくと、騒音や振動はずいぶん違う。)
 
 ──

 以上は、補足的な情報だ。肝心な話は、前出項目を参照。
  → 除湿器のお勧め
posted by 管理人 at 08:42| Comment(11) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
除湿は有効ですね。
多少、気温が高くても、カラッとしていればあまり苦にならない。
逆に、気温があまり高くなくても、湿度が高いと、しんどいですね。
Posted by 反財務省 at 2013年07月06日 23:10
レビューを読むと「室内気温が上がる、暑い」とあるのが結構ありますが・・人によるのかしら
Posted by てんてん at 2013年07月07日 00:19
> 室内気温が上がる、暑い

 気温と湿度によるんじゃないでしょうか。

 24度で湿度80%なら、2度上昇して湿度大幅低下が気持ちいい。
 30度で湿度60%なら、2度上昇して湿度大幅低下はあまり気持ちよくない。

 気温が高めのときには、クーラーを使うのがよさそう。
 除湿器を使うといいのは、「クーラーだと寒い」というようなとき。
Posted by 管理人 at 2013年07月07日 05:49
>> 室内気温が上がる、暑い
> 気温と湿度によるんじゃないでしょうか。

結構暑くなります。
除湿器の原理上は(コンプレッサーを動かすので)
除湿され排出される空気は熱くなります。
個々の除湿器によるとは思いますが,除湿器だけですと
少なくとも私の所有している機器では快適な室内環境には
成りません。
Posted by magickei at 2013年07月07日 06:08
梅雨明け前に久しぶりに使ってみましたが、暑くて止めました。うちではもっぱら、冬場の出窓の結露対策用です。

扇風機と併用なら良かったのかもしれませんが、梅雨明けした今となっては完全に出番が無くなりました。
Posted by のび18 at 2013年07月07日 12:34
やっぱり雨の日以外に使うと暑くなりますね。
梅雨以外は出番無さそうです。
Posted by 丸義 at 2013年07月07日 15:52
寝る前ならば使い道があると思いますよ。ちょっと天気を見たら、一例で、
  本日零時の気温が 26度で、湿度が 92%
 などの数字が出ています。(地域ごとに異なるが。)
 これだったら、大幅に湿度を下げた方が気持ちよさそうです。
Posted by 管理人 at 2013年07月07日 17:01
我が家も使っていますが、正直、暑さ対策にはなりません。
梅雨冷えみたいな日に一番役立ちます。
洗濯物を部屋干ししているため、これが早く乾くのも良いです。
それから、音は確かにうるさいです。座布団はやったことがないですが、やはり本体自体もそれなりにうるさいように思います。
Posted by ががが at 2013年07月16日 10:39
除湿器も色々方式がありまして、一般的なものは温風が出ます。電気も食います。

最も安価な方式は主に押し入れ用で部屋には向きません。温度を上げないコンプレッサー方式はエアコンと同じです。

いずれにせよ外気温が暑い状態で閉め切った部屋で温度を上げる物があったら、いくら乾燥させても灼熱地獄になりますよ。砂漠の日陰とは違います。
素直にエアコンを控えめに使うのが良いです。
Posted by tubird at 2013年07月16日 20:24
> 外気温が暑い状態で

 何度も書いているけど、そういう状態ではエアコンを使うべきでしょう。除湿器を使うといいのは、「外気温が低くて、湿度が高いとき」だけです。たとえば、梅雨時の寝る前で、気温が低くなったとき。
 再掲すると下記。

>「温度はあまり高くないが湿度は高い」という梅雨時や9月(の夜)
Posted by 管理人 at 2013年07月17日 07:02
蛇足ですが、ミスト(水)を放散し、水の気化熱で室温を下げる機器がありますが、本題と逆に、高温低湿度環境下で使わないと高温高湿度の浴室みたいになります。
ミスト以外に濡れた布を通過する空気が気化熱で温度低下するという製品もありますが、これも室内干しそのものなので低湿度でないと効果が得られません。
夕方の打ち水は地面が直射日光で高温になってカラカラに乾いているから気化熱で地表温度を下げる効果が得られるのであって室内に適用することが間違ってます。
関連製品と言うことで記述します。
Posted by 京都の人 at 2013年07月17日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ