2013年05月29日

◆ 腹筋歩行ダイエット

 ほとんど苦労しないで、うまくダイエットする方法。それは、「腹筋に力を入れながら、ウォーキングをすること」である。 ──

 「ダイエットする方法」というのは、いろいろとあるが、たいていはうまく行かない。私も「GI値(健康ダイエット)」とか、「野菜ジュースダイエット」とかを紹介したが、うまく行かない感じ。「糖質ダイエット」というのもあるが、これには危険性または限界もあるようだ。
  → 糖質ダイエットの危険性 1糖質ダイエットの危険性 2
  ※ 肥満体の人以外には、あまり有効ではない。

 ──

 その他、はてなブックマークで話題になったダイエット法もいろいろとあるのだが、大変な苦労をするものが多い割には、効果がない。

 しかし、このたび、劇的に効果がある方法を考案・発見した。
 「毎日、歩行(ウォーキング)を 30分間以上やる。その間、腹筋に力を入れ続ける」

 これを「腹筋歩行ダイエット」と称する。


 この方法を取ると、次の効果が現れる。
  ・ 全身で少し痩せる。
  ・ 特に、下腹のぜい肉が激減する。


 実は、さまざまなダイエット法は、いずれも「下腹のぜい肉」を減らすことができなかった。若いころはともかく、年を食ってからだと、なかなか「下腹のぜい肉」が減らない。どんなに運動しても駄目だ。運動によって手足や胴体の筋肉は増えるが、下腹のぜい肉を減らすことはできない。

 ところが、上記の「腹筋歩行ダイエット」をやると、急速に「下腹のぜい肉」が減る。
 なぜ? その理由は、次のことだと思う。
 「腹筋が強まることで、食欲が減って、小食になる」


 この効果が一番大きいようだ。このダイエット法を取ってからは、小食でもすぐに腹が満杯になるようになった。そのせいで、食事の量が2〜3割減という感じだ。減った分は、おかず(タンパク質と野菜)ではなくて、炭水化物だ。小食になったことで、自動的に糖質ダイエットもやっている。GI ダイエットも自動的にやっている。
( ※ ただし、「食事を減らそう」という意識も大事だ。通常の食事療法との違いは、食事量を減らしても苦にならないことだ。とにかく、腹が減らなくなる。ただし、「いっぱい食べちゃえ」と思うと、元の木阿弥になるので、注意。ダイエット意識はそれなりに必要だ。)

 ──

 もちろん、運動の効果もある。運動については、次の記事を参照。
  → ランニングとウォーキングはどちらが体にいいか?

 ──

 さらに、オマケで言うと、私は次のことも併用している。
  ・ 歩くときには、腿上げ運動(歩行)をする。
  ・ 膝の角度は 180度でなく 160 度ぐらいにする。

 前者は、腿上げ運動によって、腹筋を鍛えるためだ。寝て起きる腹筋運動と同様の効果がある。
 後者は、足の筋肉を鍛えるためだ。体重を骨でなく筋肉で支えることになるので、筋力を使い、カロリー消費をもたらす。同時に、足の筋肉が鍛えられる。(逆に、骨で体重を支えると、歩くのは楽だが、トレーニングにはならない。)

 さらに、ウォーキングはなるべく速い方がいい。できればジョッギングがいいが、そこまではできなくとも、なるべく速く歩行した方がいい。理由は下記。
  → 歩くのが速い人ほど長生きする:研究結果

 心拍数を高める運動がいい、ということは、「エアロビクス(有酸素運動)」という概念で理解できる。



 [ 付記 ]
 本項でお勧めしたことは、最初から全部やろうとすると、大変かもしれない。最初は「歩くだけ」から始めるといいだろう。そのあと、いろいろと追加するといい。
posted by 管理人 at 20:50| Comment(4) |  健康・寒暖対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腹の贅肉が落ちるというのは魅力的ですね。
よろしければ実施期間と減体重量、腹回りが何センチ減ったのかを教えて頂けないでしょうか。
Posted by yuu at 2013年05月30日 10:16
効果は2日目ぐらいですぐに実感できます。下腹のぶよぶよが減ってきます。1週間もたてば、さまざまな面ではっきり実感できます。
体重計は使っていないのですが、1週間もたつと、体が軽くなった感じです。歩くとき、「体が軽いなあ」と実感する。
ウエストは1週間で、ベルト1穴(3センチぐらい)〜1穴半、短くなります。
ただ、一番実感できるのは、下腹です。どうやっても減らなかったのに、このダイエットでは急に減った。

なお、一番のポイントは、運動そのものではなくて、「腹筋強化によって小食になったこと」です。「無駄な食欲がなくなった」と言ってもいい。食べる量が減れば、体重が減るのは当然。

なお、食事中に酒を飲むと、元の木阿弥になるので、この点には注意。「ビールがうまいから食が進む」なんてやっていちゃ、駄目だ。

p.s.
まだ始めてから1週間しかたっていないので、2週間後はどうなるか不明。ただし、これ以上大幅に減らなくても、現状でもダイエット水準としては満足です。もともと肥満体じゃないし、ちょっとぜい肉が付いていただけだし。これ以上体脂肪率を減らすと、アスリート並みになってしまう。それはちょい無理。

ついでだが、デブになる方法は、バイキングに行くことです。私はいっぺんバイキングで死ぬほど食い過ぎたら、以後、それまでのダイエット努力がすべておシャカになってしまったことがある。
Posted by 管理人 at 2013年05月30日 12:09
体重の一割程度を減らすには普段の腹八分目で一週間。そこからは代謝を高めないと水分が抜けるだけですね。スロージョグという小走りとか何でも良いと思いますが、筋肉を使って太くし、代謝の高い身体にする事が良さげです。
腹筋屋背筋、太股等の体幹筋肉は太いから来てえるの効果的でしょう。
Posted by 京都の人 at 2013年05月30日 18:34
南雲なんとかという人が、健康法(アンチエイジング?)の本を書いて話題になってましたが、運動はダメ(心臓に負担を掛ける云々)とか一日一食だとか極端なこと書いてましたね。
腿上げ運動は本当に効果があります。
高血圧と診断されてから体質改善の為にダイエットしたのですが、早歩きと腿上げ、食事は腹7分くらいで4ヶ月で12キロ落ちました。
Posted by 丸義 at 2013年05月31日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ