2013年05月05日

◆ 暗黒物質・暗黒エネルギーの意味は?

 暗黒物質や暗黒エネルギーの意味は、「真空とは何もない空間ではない」ということだ。
( ※ 本項は初心者向けの解説です )
 ──
 
 宇宙には、暗黒物質や暗黒エネルギーが満ちている。このことについて、朝日新聞・社説に初歩的な解説があった。全文を引用しよう。
 天動説から地動説へ、コペルニクスは中世の常識を覆した。それと並ぶ宇宙観の転換に、私たちは立ちあっているようだ。
 宇宙に存在が予想されてきた正体不明の「暗黒物質」(ダークマター)の跡らしきものがこのごろ、見つかった。
 私たちの地球や太陽系は「天の川銀河」に属している。観測でこの銀河は高速で回転しているとわかった。太陽系などが遠心力で飛び出さないのは、銀河全体の質量にもとづく重力で引きとめられているからだ。
 困った。
 輝く星々の重さを足しあわせても、光らない惑星やブラックホールまでかき集めても、合計が軽すぎるのだ。
 宇宙には、私たちの銀河のような渦巻き型やそうでない銀河も無数にある。それらを観測しても事情は同じだった。
 遠心力とつりあう重力を説明するには、重さのある未知の物質が宇宙に広く満ちていることにすると都合がいい。こうして仮置きされたのが暗黒物質だ。
 今回、国際宇宙ステーションで調べたところ、高速の「陽電子」が宇宙のあらゆる方向からまんべんなく、たくさん飛んできていた。
 空間にまれに存在する陽電子は電子とぶつかると一緒に消えてしまう。だが、暗黒物質同士の衝突で次々に陽電子ができていれば、宇宙には高速の陽電子が飛び交っているはず。そんな予想ときれいに合った。
 宇宙にはさらに、正体不明の暗黒(ダーク)エネルギーがあることも確実とみられている。宇宙は加速しながら膨張しており、その原因が必要だからだ。
 アインシュタインの相対性理論によって、物質とエネルギーは互いの量を換算して足し算できるものとされる。
 最新の観測では、宇宙のなかで、原子や分子といった既知の物質は、全体のわずか4%を占めるにすぎない。23%が暗黒物質で、残り73%は暗黒エネルギーと見積もられている。
 私たちが今まで見たつもりになっていた宇宙は、4%の宇宙でしかなかったらしいのだ。
 「大切なものは目に見えないんだよ」という、サンテグジュペリ「星の王子さま」の有名な言葉を思い出す。
 暗黒物質や暗黒エネルギーはどこにあるのか。それが見つかっても、私たちの生活にたちまちの影響はないかもしれない。けれど、人類の思想に大きな影響を与えずにはいないだろう。
 謎に満ち、私たちは何ほども知らない。最先端の科学が突きつける宇宙の真実である。
( → 朝日新聞・社説 2013-05-05 )
 全文引用というのは、著作権の問題があるから、本来、やってはいけないことだ。
 ただしこの社説に限っては、そうではない。というのは、最後の3段落を除けば、周知の科学的知識を羅列しただけにすぎないからだ。これらについては著作権などはない。
 最後の3段落は、ちょっとした感想みたいなものだが、ありふれた文章だから、これらについても著作権はありえない。(皆無とまでは言えないが。)
 というわけで、上記の話を引用した。その意味は、『何らかの情報があるから」ではなくて、「初心者の感想・疑問として典型的だから」だ。

 ──

 大事なのは、このあとだ。上の疑問は、よくある疑問だが、この疑問に答えよう。それが本項の話題だ。

 上にある疑問とは、次のことである。
 「暗黒物質や暗黒エネルギーの意味は?」


 これが暗黙の疑問となっている。(暗黒の疑問、ではない。 (^^); )
 この疑問に、私なりに答えよう。こうだ。
 「暗黒物質や暗黒エネルギーの意味は、『宇宙空間には何もないわけではない』ということだ。つまり、『真空とは何もない空間ではない』ということだ。」


 普通は、次のように考えられている。
 「真空とは何もない空間である。そこを粒子が飛び交う。その粒子は、波の性質も備える」


 イメージ的には、次のような感じ。
 「何もない空っぽの空間があって、そこを ● という粒子がまっすぐ進んでいく。これは ● という感じのものだが、どういうわけか波の性質も備えているので、干渉などの効果も生じる。とはいえ、あくまで ● という感じのものだから、一つのものである。たとえば、二重スリット実験では、電子は ● という感じの1個のものであるのだが、1個の ● が同時に二つのスリットを通る。1個のものでありながら、(2箇所にあるので)2個のものである。そういうふうにわけのわからない状態になっている」


 これはもう、ほとんど論理矛盾であろう。「1個のものでありながら、(2箇所にあるので)2個のものである」というふうになっているからだ。論理としては破綻している、とも言える。

 一方、超球理論は、次のように考える。
 「真空とは、何もない空っぽの空間ではない。そこは超球という『見えない媒体』によって満たされている。そこを量子が高速で進むとき、量子は波として進む。量子は、最初は粒子だったのだが、途中では波となり、最後はまた粒子になる。つまり、

    粒子  →  波  → 粒子

 というふうに状態が変化する。次の図のような感じだ。

    ● →  ))))))) → ●

 二重スリットの場合には、二つのスリットを波として通過する。だから当然、通過の後では干渉が起こる。そうして波として真空中を伝わったあとで、最後にスクリーンに衝突した際、粒子に戻る」


 このように理解するといい。(超球理論の発想。)
 そして、こう理解すれば、次のことを素直に受け入れることができるだろう。
 「真空とは、何もない空っぽの空間ではない。そこは超球という『見えない媒体』によって満たされている」


 そして、ここで言う「見えない媒体」とは、超球理論では「超球に満ちた空間」だと考えられる。それは「複素エーテル」とも呼ばれる。
 この「複素エーテル」は、エネルギーに満ちた空間であり、かつ、そこでは寿命のごく短い粒子が生まれては消えている。
 そのような粒子はたくさんある。そのうちの一つはヒッグス粒子である。ただしその量は少ない。最も多いのは、暗黒物質である。
 暗黒物質の粒子が何であるかは、今はまだ判明していない。ただ、次の点は判明している。
  ・ 暗黒物質の量はものすごく多い

 また、次の点は、私が強く推定している。
  ・ 暗黒物質である量子の寿命はすごく短い
  ・ 暗黒物質と暗黒エネルギーは相互に転換している

 これらの点については、前に別項で解説した。
  → 暗黒物質と暗黒エネルギー
 
 ──

 まとめ。

  ・ 宇宙には暗黒物質や暗黒エネルギーが満ちている。
  ・「宇宙とは何もない空間だ」ということはない。
  ・「真空とは何もない空間だ」ということはない。
  ・ 真空には超球が満ちている。(複素エーテルである。)
  ・「粒子 → 波 → 粒子」という状態の変化が起こる。
  ・ 二重スリットを通過するのは、粒子ではなく波である。


 以上のことを理解するには、次のように考えるといい。
 「量子とは、『粒子でも波でもあるもの』ではなく、『粒子または波であるもの』(そのどちらか一方であり、相互変換するもの)である」

 この件は、詳しくは下記で。



 【 関連項目 】
 超球理論についての簡単な解説は
  → 量子論/量子力学 …… その最前線
  → 玉突きモデル
 



 [ 参考 ]
 ※ 特に読まなくてもいい。

 「複素エーテル」は、10次元という次元を持つが、その次元の一部は「虚数の次元」(虚数次元)である。
 これらの次元は、普通の意味の三つの実数次元のほかに、微小な三つの実数次元と、微小な三つの虚数次元がある。
  ・ 三つの実数次元 (3次元空間)
  ・ 微小な三つの実数次元
  ・ 微小な三つの虚数次元

 この9個の次元と、時間の次元で、合計 10個の次元がある。
posted by 管理人 at 09:29| Comment(4) | 物理・天文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>これはもう、ほとんど論理矛盾であろう。「1個のものでありながら、(2箇所にあるので)2個のものである」というふうになっているからだ。論理としては破綻している、とも言える。

人間の造った論理です.一つのものが同時に2カ所に存在する.人間にはこれを認知する能力がないし論理として受け入れ難いけれども,自然界にはあり得ることと思います.人間は無能であることが分かります.

● →  ))))))) → ● 

 一つの答えがこの図でしょう.

無能である人間の主張と主張の衝突によって地球を壊すこと,生存するための自然環境を壊すことが如何に愚かかを表していると思います.
Posted by 森中 定治 at 2013年05月05日 23:00
波は1個、2個、と数えられるものではなくて、不可算名詞の扱いです。例外的に数えられるのは、ソリトンと言われる波です。

> 人間は無能であることが分かります

 じゃなくて、「1個、2個、と数える認識」の仕方が間違っているのです。無能じゃなくて、誤認。
Posted by 管理人 at 2013年05月05日 23:13
そうですね.認知する能力がないのではなくて,誤認つまり認知が難しい,あるいは認知し難いと言えばよいのでしょうか.
Posted by 森中 定治 at 2013年05月05日 23:27
人間は多くは解ってないから、
解らないことを無、解ることを有とすると
解らないことは仮定するしかありません。
仮定によって有無を分ける。

そういう意味で無能でもあながち間違ってないのかと
Posted by ひゃま at 2013年05月08日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ