2013年02月05日

◆ 豚のラードのラーメン

 豚のラードのラーメンを作った。うまい。絶品だ。プロのラーメンみたいだ。 ──

 豚の小間切れを買うと、脂身も付いてくる。脂身の好きな人もいるだろうが、私は好きじゃない。だからいつも、料理の前に、脂身を取り除いている。
 しかしそれだと、脂身がたくさん残ってしまう。特に特売の豚肉だと、表面から隠された下の方に、脂身がいっぱいひそんでいたりする。(だまされた! (^^); )
 こうして大量の脂身ばかりが残ってしまう。 (泣)

 以前は捨てていた。だが、最近では、これを冷凍庫に取っておく。そして、量がたまったら、ラードを作る。

 では、ラードの作り方は、どうすればいい?
 以前はフライパンで、こうしていた。
  → http://cookpad.com/recipe/1179876
 
 しかしプロみたいな作り方もあるそうだ。ヒタヒタの水煮詰める、という方法。
  → http://oisiso.com/html/memo/lard.html

 ともあれ、こうして、「ラードと肉カス(揚げカス)」のセットができる。

 これをラーメンに入れる。特に、ラードをたっぷり入れる。すると……激ウマです! プロみたいな味になった。いちいちラーメン屋に行く手間がないな。 (^^)v

 ──

 で、どういうラーメンにするかというと……
 何でもいいが、生ラーメンにした方がいい。即席ラーメンじゃ台無しだ。せっかくのラードが生きない。もったいない。
 私のお勧めは、次のセット。
  ・ 味噌ラーメン(生麺)
  ・ 唐辛子
  ・ すりごま

 
 つまり、味噌ラーメンに唐辛子を混ぜてスープを作り、麺を入れたあとで、すりごまをトッピングする。ラードはスープといっしょに、たっぷりと浮かんでいる。肉カスも乗っかっている。
 うーん、うまかった! 



ramen.jpg

出典
 



 [ 付記1 ]
 以前は、牛の脂で作っていたが、豚の脂だとラーメンにはぴったりだ。1ランクか2ランクぐらい違う。豚の方がずっといい。調べてみたら、事情がわかった。油の種類が、豚の方がずっと高級だ。値段も上だ。(牛の脂はタダだ。)
  → 豚脂肪分の秘密

 なお、豚の脂(背脂)の入手は、肉屋やスーパーで安く買えるということだが、品物がないこと(要予約)も多いらしい。各自の自宅のそばで調べるといいだろう。ネットで買うこともできるが、送料がかかりすぎですよね。(他の商品とセットで買うならばわかるが。)
 ま、地元で探してください。

 [ 付記2 ]
 ラードはもちろん体に良くありません。ちょいちょい食べるものじゃないですね。しかし、体に悪いとわかっていてもやめられない、このうまさ! 脂身嫌いの私でさえ「うまい」と言ってしまう、このうまさ!
 健康のためには、野菜をたっぷり入れましょう。食物繊維が大事。野菜がたっぷりあれば、炭水化物をタップリ取るよりも、脂身のある方がまだマシかもね。
( ※ たとえば、スパゲッティというのは、大量の炭水化物なので、きわめて危険だ。 → 勝間和代の解説

 


ramen2.jpg

出典
posted by 管理人 at 20:12| Comment(1) | 一般(雑学)1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の醤油ラーメンはひょっとして八王子ラーメンでしょうか?「弘富」というお店のもの?実に美味しそうです。
Posted by taka at 2013年03月15日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ