2012年12月09日

◆ 笹子トンネル:接着剤の劣化?

 笹子トンネルの事故原因について、「接着剤の劣化か?」という報道がある。しかし、真の原因は、ほかにある。 ──
  
 笹子トンネルの事故原因について、「接着剤の劣化か?」という報道がある。
 《 接着剤劣化でトンネル崩落か、ボルトに腐食なし 》
 天井板をつるす鋼材をトンネル内壁に固定していたアンカーボルトの大部分が、樹脂製の接着剤に覆われた状態で脱落していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、現場に落ちていたほとんどのボルトに腐食はなく、接着剤に覆われた状態だった。県警は、接着剤が劣化して固定力を失い、1枚1トンを超える天井板などをボルトが支えきれず、鋼材ごと脱落したとみている。
( → 読売新聞 2012年12月9日
 これは、もっともらしいが、疑わしい。「接着剤の劣化」というが、接着剤の材質が劣化したのであれば、接着剤そのものがボロボロになっていたはずだ。
 一方、今回は、「固定力を失い」というふうに見られていることから、接着剤の材質は劣化しておらず、接着剤とコンクリートとの接合面がズレたと見なせる。だから「固定力を失い」という表現になったのだろう。
 だが、「固定力を失い」という形になったのだとすれば、接着剤よりはコンクリの方が劣化したと見なす方が妥当だ。コンクリの方がずっと劣化しやすいからだ。
 私の推定では、コンクリが劣化して、接合面のコンクリがボロボロになって、重量の支持力を失ったのであろう。その根拠はある。次の記事だ。
 《 壁面劣化しやすい工法…「潜在リスク」先月指摘 》
 11月7日、中日本を含む高速道路会社3社で作った技術検討委員会の初会合で、同トンネルで採用された建設工法に関し老朽化による壁面劣化の危険性が指摘されていたことがわかった。
 事故では、天井板をつり下げて固定するボルトが周辺のコンクリート壁の劣化で抜けた可能性も浮上しており、老朽化が一因なら対策が後手に回ったことになる。
 笹子トンネルは 1977年の完成。掘削部分の岩盤を木や鉄の板で押さえながら、コンクリート壁を構築する「矢板工法」が用いられた。この工法は一般に、大規模な重機械類が必要ないメリットがあるが、反面、年数が経過すると、岩盤と壁面の間に空洞が出来やすく、コンクリートの劣化につながりやすいとされる。
( → 読売新聞 2012年12月4日
 これだけの根拠があるのだから、コンクリの劣化が理由だと見なした方がいい。

 ただ、接着剤そのものが劣化した、という見方もある。
 《 ボルト使用方法 専門家“疑問ある” 》
 谷本親伯名誉教授は「接着剤は水に触れると劣化しやすく、時間がたつとボルトがゆっくりとずれ動く「クリープ現象」が起きる可能性があり、耐久性に限界があるため、補助的な用途に使っていた。笹子トンネルで天井板などの固定になぜ接着剤を使うボルトを使っていたのか疑問がある」とこうしたボルトを使う施工方法そのものに疑問があると指摘しています。
( → NHK 2012-12-08
 これによると、「水に触れると劣化」ということだが、そのくらいのことで劣化する接着剤であれば、こんなに時間がたつこともなく、とっくの昔に劣化していたはずだ。だから、接着剤が理由だというのは、私としては支持しがたい。コンクリの劣化が直接の原因だろう。(推定)

 ──
 
 一方、「接着剤に頼る」という方法そのものが根本的に間違っていると思える。
 私は前に、「ボルトを斜めに埋め込め」と述べた。
  → 笹子トンネル以外の改修 の (3)
 あとで調べたところ、これと同様の問題点は、すでに考慮されているようだ。
 《 ボルト使用方法 専門家“疑問ある” 》
 長年建設現場でボルトの施工に携わってきた複数の技術者は接着剤で固定するボルトは建物や設備を補強するためにあとから取り付けるものに使うもので、施工方法が適切だったか調べる必要があると指摘しています。
 天井に垂直に打ち込む場合は引き抜く力が斜めにかかるようにしてボルトとコンクリートに力を分散させているということです。
 笹子トンネルでは接着剤を使うボルトがトンネル上部に垂直に打ち込まれ、引き抜く力が真下にかかるようになっていました。
 技術者の一人は「非常に驚いた。笹子トンネルのボルトは接着剤だけに負担がかかるため常識では考えられない」と話していて、施工方法が適切だったか調べる必要があると指摘しています。
( → NHK 2012-12-08
 私は 12月04日 の段階で、「斜め」という提案をして、この問題を指摘してたのだが、マスコミは NHK がようやく8日に報道したぐらいだ。他にはない。
  → 「ボルト 斜め」 - Google ニュース検索
 マスコミの報道もおかしいね。

 ──

 いろいろと考えると、今回の事故の根本原因は、「接着剤やコンクリの劣化」というような単純な問題ではなくて、設計思想そのものが根源的に間違っていたと言える。
 理由の一つは、上記の「斜めのボルトでなかったこと」だが、他に、次のこともある。
 首都高・羽田トンネルの板1枚の厚さなどは(笹子の)ほぼ半分で、重さは 133キロ。中央1箇所で吊る笹子と異なり、2箇所でぶら下げる工法だ。首都高会社は「金具がいくつか破損しても、安全性は揺るがない」とする。
( → 読売新聞・朝刊 2012-12-09
 こちらの方がまともな工法だ。それができていないという点で、根源的な問題があったことになる。
 前にも述べたように、頭の上に1トンもある重量物を置くというのが、根本的におかしかった。
 
 さらに言えば、接着剤という方法もおかしいし、垂直のボルトもおかしいし、頭上に巨大な空間を設置するというのもおかしい。
( ※ このトンネル以外では、小さな補助トンネルを使って、そちらを排気専用にしている。巨大な断面積をもつのは、笹子トンネルだけだ。 → 朝日新聞・朝刊 2012-12-09 [紙の新聞])

 結局、最初から全体が間違いだったのだ。どこかで小さなミスをしたのではなく、基本からして全部が間違いだったのだ。事故は起こるべくして起こったことになる。最初から事故が起こるような設計をしてたから、設計通りに事故が起こっただけのことだ。設計図通りに建設すれば必ず事故が起こるはずだったのだ。(建設工事のどこかでミスが起こったのではなくて。)
 
 ──

 ところが、警察の調査は、「どこかにミスはなかったか」というふうに、証拠探しばかりをしている。そこでは「設計そのものが間違っていた」という発想が欠落している。

 そこで考えると、そもそも、事故の原因を警察が調べるというのがおかしい。これは犯罪ではなくて、事故なのだ。事故を調べるならば、建設の専門家が調べるべきだろう。警察の出る幕じゃない。

 そこで提案しておこう。
 「事故調を設置せよ」

 つまり、「トンネル事故調」ないし「建設事故調」の設置だ。
 これは、原発の事故調に似ているが、そもそも、臨時で設置するのではなく、(なかば)常設の機関とするべきだ。普段は別の仕事をしていてもいいが、事故が起こったら急遽招集されて、精密に調査するべきだ。そのために、専門家集団を用意しておくべきだ。
 警察は、そのうちの一部門として、手足として働くだけでいい。証拠探しと保存ぐらいはしてもいい。しかし、分析は専門家がやるべきだ。建設のことに無知な警察が、一夜漬けで勉強したって、たかが知れている。
 
 どうも、根本的な問題があるのは、トンネル工事だけじゃなくて、安全対策のシステムもそうであるようだ。
 日本は安全対策がまったくできていない。だから、事故の原因もわからないまま、似た事故を何度も繰り返すのだろう。(たとえばエレベーター事故。)



 【 関連項目 】
 日本では「安全性」という概念が欠落しているのだ。
 そして、そういう体質だからこそ、トンネル事故が起こったり、エレベーター事故を繰り返したり、車イスの死亡者が出たりする。
 私としては「安全」というカテゴリを設けて、何度も安全性について言及してきたが、人々はなかなか耳を傾けない。
( → 原発と安全性
posted by 管理人 at 13:14| Comment(5) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水と空気と安全(安心)は無料という神話のなごりですね。信頼性への取組も同じですが。
Posted by 京都の人 at 2012年12月09日 23:44
日本でもこのような事故の際の関わった個人の刑事民事両方の免責が認められなければ警察のミスした誰かを処罰するための捜査優先は変わらないと思います
Posted by AFT at 2012年12月10日 01:41
笹子トンネルは1977年の開通であるから、すでにあらゆる犯罪について時効になっている。
 したがって警察が出る幕はありえない。いったい何の犯罪の容疑で捜索しているのか? 
 時効になっている犯罪の容疑で捜索するとしたら、ただの越権行為にすぎない。警察の捜索自体が違法に近い。
Posted by 管理人 at 2012年12月10日 07:04
基本的重大設計ミスで有り人災事故である。
@重力方向の荷重が何年掛っても落下は不可
Aトンネル、ダクトの個別施工で総合設計無し。
Bトンネルセグメント内の鉄筋に溶接かJorL型ア ンカーの不採用の設計。
Cケミカルアンカーは下部ナットの過大締め付け でストレートボルトは抜ける。
D総合設計管理の無い、プロジェクトである。
 
 私は設計検図にサインしないで修正させる。
Posted by 三ヶ尻 正彦 at 2012年12月10日 14:28
トンネル ノ 覆工コンクリート ワ とうぜん ぶんかつ シテ ウチコマレマス。
ソノ ウチ アーチ ガタ ノ てんば ぶぶん ワ ふつう サイゴ ニ ウチコマレマス。
ざんねん ナガラ ソコ ワ じゅうりょく ノ かんけい カラ イッテ、イチバン ウチコミ じょうけん ガ ワクル、そざつ ニ ナリヤスイ ノ デス。
こつざい(ジャリ)ト セメントミルク(セメント スナ ミズ) ガ ウマク マゼアワサラナク ナリヤスイ ノ デス。
Posted by 松風人 at 2013年02月01日 05:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ