2012年11月28日

◆ 核廃棄物の捨て場:宇宙

 核廃棄物の捨て場として、宇宙という提案がある。アシモフの提案。 ──
 
 アシモフの提案は、こうだ。
 「核廃棄物の捨て場は、ラグランジュポイントにすればいい」
  → 出典1出典2
 参考
  → ラグランジュ点 - Wikipedia

 なぜラグランジュポイントにするのか? そのままロケットに乗せて、太陽系の外に飛ばしてもいいのではないか? 
 ま、それでもいいのだろうが、ラグランジュポイントに置けば、あとで回収できる。核廃棄物は、今は核のゴミとされているが、将来的には、貴重な資源となる可能性がある。つまり、ゴミのリサイクルだ。
 というわけで、「安全なまま数千年間も保存できる」というラグランジュポイントが提案されたわけだろう。

 なお、「ロケットの安全性が問題だ」という見解も出るだろうが、その点は、大丈夫。次の装置がある。
  → 軌道エレベータ - Wikipedia
  → 宇宙エレベーター
  


 [ 付記 ]
 未来や空想でなく現実レベルでは、核廃棄物の捨て場はどこがいいか?
 合理的に考えるなら、福島第1原発の跡地に置くのがベストと思える。どうせ居住禁止だし。
 あの近辺を除染して、また人を住ませるなんて、狂気の沙汰だと思えるんですけどね。だいたい、戻りたがっている高齢者は、そのうち寿命を向かえる。そうなったら、戻りたがる人はいなくなるはずだ。
 もうすぐ寿命を向かえる人々のために高額の金をかけて除染するなんて、金をドブに捨てるのも同じ。
 
 寿命を迎える人々は、宇宙エレベーターを使わなくても、昇天する。その後に、無人となった地域に、廃棄物を蓄積すると良さそうだ。
 ただし、別案もある。下記。



 【 関連項目 】

 → 原発の最終処分場は 歯舞に
 → 放射性汚泥の廃棄場所は? (人形峠)
 → 放射性物質の除染 (福島など)



 【 関連サイト 】

  → 栃木県内の高濃度廃棄物を矢板市に
  → 矢板市民が猛反発
posted by 管理人 at 19:00| Comment(4) |  放射線・原発 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書いたあとで気づいたが、本項を誤解する人が出そうだ。そこで注釈しておく。私はアシモフの提案に賛成しているわけでも反対しているわけでもない。単に紹介しているだけだ。面白いから。……それだけである。「そんな提案はけしからん」と粘着しないでほしい。粘着するなら、相手はアシモフにしてほしい。
Posted by 管理人 at 2012年11月28日 23:11
100おーすばらしい
Posted by 玄 at 2013年11月20日 09:26
よくわかった
Posted by ざxsdf at 2013年11月21日 15:10
そうですね。未来になれば、おじゃま虫の使用済み核燃料も資源になるかもしれませんね。

ガス、石油、石炭……危険物扱い、邪魔モノ扱いされていたものが、資源になっているのですから。
Posted by 無機名 at 2020年11月18日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ