2012年11月08日

◆ インフルエンザと Ecmo

 インフルエンザの重症化の対策として、肺機能が停止した患者を救命するために、Ecmo という呼吸器が有効だという。しかし…… ──

 (1)
 機械は十分にあるのだが、機械を操作する人が少なくて、使えずにいるそうだ。
  → インフル対策、不足は医療機器ではなく「人的な面」 (転載)
 宝の持ち腐れですね。金の無駄遣いでもある。馬鹿丸出しか。血税の浪費でもある。

 ──

 (2)
 機械も方式の違いがあり、国内で普及しているものと、海外で普及しているものとは、違うという。違いは結果にも表れており、国内では救命できたのが3割程度で、海外では7〜9割だという。国内では7割が死ぬが、海外では1〜3割しか死なずに済む。最大では7倍ぐらいの違いだ。
 
 先の (1) の話を読むと、人員の熟練度の違いも影響するから、すべてが危機の違いのせいだとは言えないにしても、ずいぶんと差があるものだ。実際、性能的に、かなり劣っているそうだ。詳しくは
  → 読売新聞・朝刊 2012-10-17 ( 有料記事も )

 ──

 政府はインフルエンザ対策として「ワクチンを」という方針を立てているが、インフルエンザに感染することぐらいは怖くはない。普通は免疫で治る。(自然治癒)
 問題は、例外的な人だ。免疫力が弱くて重症化する場合だ。その場合には、普通は強い強い抗インフルエンザ剤を使う。(ラピアクタなど。)
 しかしそれでもうまく行かなかった場合に備えて、Ecmo のような機器を整備しておくことが大切だろう。また、機器を整備するだけでなく、それを操作できる人員も確保しておくことが必要だろう。
 
 それにしても、機器を購入しても、機器を使う人がいないとは、これいかに。宝の持ち腐れでは、病院に赤字が貯まるだけだと思うが。病院もおかしいですね。政府が何らかの措置を取るべきかも。

  

ecmo.gif
Ecmo の図 ( 出典:Wikipedia
posted by 管理人 at 19:30| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ