2012年10月21日

◆ 省エネには圧力鍋

 エコのためであれば、圧力鍋で省エネをするといい。加熱時間が短くて済むので、ガスや電気のエネルギーを大幅に節約できる。また、時間も節約できる。 ──
  
 「エコのためにレジ袋を節約しよう」
 と思って無意味な努力をする人も多いが、レジ袋の節約よりも、調理のためのエネルギーを節約するといい。そのために最適なのが、圧力鍋だ。
 
 圧力鍋は、蓋を危惧で密閉することにより、鍋の圧力を高めて、内部の沸騰温度を高める。圧力を1気圧から 1.2〜1.4気圧ぐらいに上げることで、100度を上回る温度( 120度ぐらい )を実現する。結果的に、短時間で煮物が柔らかくなる。

     

圧力鍋3.7L    切り替え式圧力鍋

 左の商品は、は安価だ。
 右の商品は、低圧と高圧を切り替えることができて、高機能だ。

 料理の初心者ならば、ときどき使うぐらいだろうから、左の商品でもいい。
 料理が得意な人なら、多用途に使いこなすだろうから、右の商品がいいだろう。

 ──

 鍋には料理本が付属していることもあるが、そんなのよりは、ネットで記事を探す方が早い。
  → 「圧力鍋 料理」 ( Google 検索 )

 シチュー、カレー、おでん、豆などの煮込み料理に適している。他にも、豚肉・牛肉・鶏肉などの煮込み料理にも適している。

 もっと本格的に見るなら、書籍を買ってもいい。

    

圧力鍋はこわくない!   毎日使える142レシピ





 [ 付記 ]
 調べているうちに、「平野レミの圧力鍋」というのが見つかったが、かなり高価だ。上記商品の3倍くらいの価格。
 料理上手の人向けみたい。お金があるなら、ご自由にどうぞ。



 【 追記 】
 「洗うのが簡単で、利用も簡単」というのがお望みであれば、無水鍋がある。
 蓋と本体をきちんと合わせて、蒸気が漏れないようにする。蓋の重みで蒸気を逃がさない。1.1気圧ぐらいにはなりそうだ。
 重たいのと、価格が高額なのが難点だが。これはこれで便利。



無水鍋 20cm



 【 関連サイト 】

  → 圧力鍋のレシピ
posted by 管理人 at 12:15| Comment(10) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金時豆のレシピはこれ。
  → http://cjr.yu-yake.com/yasai/kintokimame.html

 信じられないぐらい短時間で済んでいる。加圧した煮込みはたったの2分! 普通にやると、何時間もかかるのだが。
 圧倒的な省エネですね。
Posted by 管理人 at 2012年10月23日 06:22
圧力鍋で ゆで卵
  → http://cookpad.com/recipe/931266
Posted by 管理人 at 2012年10月23日 06:33
圧力鍋は大変にすぐれものなんですが、自分の経験では大きく重く一手間かかるので次第に出すのがおっくうになってきます。あとは食感が何でも柔らかもちもちになってしまい、まあおいしいんですけどそればっかりだと飽きるということはあります。

しかしスジ肉カレーも1時間で出来るし(牛スジ肉を普通に煮ると半日かかる)、個人的ににはもっと低圧力でも良いから簡便な仕組みはないものかと前から思っているのですが。
Posted by tubird at 2012年10月23日 12:57
圧力鍋の熱効率を単体で見ると確かに省エネになるんでしょうね
しかし、毎日ゆで卵を何個も作るとか、金時豆を煮るとかする人はそうそうはいないんでしょうね

家庭のガスの使用量の大半は風呂と暖房、炊事の後片付けの給湯などでしょう

では、家庭に圧力鍋を導入するとどの程度の省エネ効果があるのか?疑問です

手放しに喜べるほどの省エネじゃないかもしれない
あるいは白熱電球をLEDに交換するより結果が芳しくないという結果となるかもしれない
実際に圧力鍋を使ったことがあるが、大きく重く手間がかかるというご意見にはまったく同意です
油ものを調理した後はしっかり圧力調整弁を清掃しないと、ここの動きが渋くなると圧力調整が出来なくなり圧力鍋としての寿命はおしまい
まじめに清掃すると給湯器からのお湯を大量消費することになりかねないからトータルではガスの浪費という惨憺たる結果となるかもしれない

ご一考を
Posted by DSS at 2012年10月23日 13:06
最後に  【 追記 】 を加筆しました。無水鍋の話。
Posted by 管理人 at 2012年10月23日 19:09
>蓋と本体をきちんと合わせて、蒸気が漏れないようにする。蓋の重みで蒸気を逃がさない。1.1気圧ぐらいにはなりそうだ。

1.1気圧などと根拠の無い数字は書かないほうが良いですよ
数字を書くのならきちんと実験しましょうね

話をそらすのではなく、後片付けまで含めたエネルギー消費の考察の道に進むべきでしょう
Posted by DSS at 2012年10月23日 19:15
「ぐらいにはなりそうだ」というのは、曖昧な推定であることを、あらかじめ明示しています。何がご不満? 
 別に実験しなくても、圧力鍋が 1.2〜1.4気圧というのは、メーカーが示している値です。それから推定することは困難じゃない。
 それとも何ですか。0.9気圧とか 1.5気圧になることもある、とでもいうんですか? 
 人の出した数値に反論するならば、きちんと実験しましょうね。いや、根拠を出しましょうね。
 
> 後片付けまで含めたエネルギー消費

 さっき圧力鍋で料理したばかりですが、火を使う時間は 10分の1で済みました。また、汚れもないので、洗う時間は他の場合とほとんど同じでした。油ものでもない限り、洗う手間はほとんどありません。
 圧力鍋の場合、(料理によっては)煮るのではなく、蒸す感じになるので、鍋の内側があまり汚れないんです。洗う手間が減ります。
 あと、一度に多くの量を作れるので、その意味でも、洗う手間の総量は半減する感じだ。

 なお、重さについては。……
 男性にとってはたいしたことはない。普段7キロのダンベル2個でウェートトレーニングしているから、どうってことない。
 女じゃなくて男がやればいいんです。
Posted by 管理人 at 2012年10月23日 19:36
省エネのタイトルで始めたのがいつの間にか洗う手間の総量に化けてる
エネルギー消費の総量を評価しましょう

また、さっき圧力鍋で何を調理したかを明記しなければ1/10に意味は無いでしょ?
実は内容物も1/10だったりしてね
Posted by DSS at 2012年10月23日 20:22
ゴミには付きあいきれないので、書き込み禁止にしました。
Posted by 管理人 at 2012年10月23日 20:43
最後に、圧力鍋のレシピのサイトを加筆しました。
Posted by 管理人 at 2012年11月24日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ