2012年10月09日

◆ ノーベル賞とプレゼン

 ノーベル賞を取った山中教授は、プレゼンの重要性を指摘している。この話題で情報を紹介する。 ──
 
 ノーベル賞を取った山中教授は、プレゼンの重要性を指摘している。これは何度も話題になった。以下では、一部抜粋の形で、紹介する。

 (1) 朝日新聞 2012-10-09

 朝日新聞で、プレゼン力の重要性を強調した記事がある。
 《 プレゼン力、集う人材 大阪人の山中教授 》
 そんな心がけは大阪生まれというだけではなく、米国留学中に学んだプレゼンテーションの授業のおかげだ。
 米国の学会では、無名の研究者でも面白い内容なら発表後に研究者や記者、科学誌の編集者らが集まってくる。つまらなければ、どれだけ高名な学者だろうと冷たい反応が待っている。「偉い先生が悲惨な講演をするのも見た。やっぱり発表は大事です」
 帰国後にゆかりのない奈良先端科学技術大学院大の助教授に採用されたのも、無名で業績がない研究室に成績優秀な大学院生たちがやってきたのも、プレゼン能力がものを言った。「ビジョン、夢のある目標を示した。だましたわけではないけど、研究室には20人も希望者が出た。他の教授からは大変文句を言われた」
( → 朝日新聞・有料版 2012-10-09

 (2) 読売新聞 2012-10-09

 本日の読売新聞でも、プレゼンの重要性が示されている。
 《 教授の「下手な」イラスト、研究進める決め手に 》
 授賞理由となったiPS細胞(新型万能細胞)の研究を飛躍させた原動力は、研究の重要性を粘り強くアピールする山中教授自身の「プレゼンテーションの力」。自分で作成した個性的なイラストが、約3億円(5年分)という巨額の研究費を獲得するきっかけとなった。
 当時は本人の強い自負とは裏腹に、iPS細胞研究はまだ模索の段階だった。そこで、研究費配分の審査では、世界的に研究が先行していたES細胞(胚性幹細胞)の問題点をイラストにまとめ、「ES細胞に代わる新たな細胞を作る必要がある」と訴えた。
yamanaka.jpg イラストの図柄は、人の胚(受精卵が成長したもの)や腫瘍のできたマウスが涙を流す様子を描いていた。ES細胞の研究では、人間への応用を考えた場合、母胎で赤ちゃんに育つ胚を壊し、作らなければならないという倫理的な難問が立ちはだかっていた。移植した時に腫瘍ができやすい弱点もあり、それらが分かりやすく伝わった。
 審査担当だった岸本忠三・元大阪大学長は「イラストを使った説明には(説得する)迫力があった。(iPS細胞は)できるわけがないとは思ったが、『百に一つも当たればいい。こういう人から何か出てくるかもしれん。よし、応援したれ』という気になった」と高く評価した。
 ※ 図は、山中教授が自作したイラスト。ES細胞が直面している課題を「涙を流す胚」(上)、「腫瘍ができて涙を流すマウス」(下)で表現した(山中教授提供)

( → 読売新聞 2012年10月9日

 (3) 朝日 globe

 上の二つの記事は、本日のものだ。一方、これを見て思い出したが、朝日の globe にはプレゼンの重要性を指摘した特集記事があった。検索したら、すぐに見つかった。
 サンフランシスコで、がく然とする情報が山中を待っていた。
 「シンヤ、きみのライバルが、人間のiPS細胞づくりに関して有力誌に論文を投稿したみたいだよ」
 この時すでに、山中たちも人間のiPS細胞づくりに成功していた。もう少しデータを積み重ねて論文発表するつもりだったが、もはやそんな悠長なことは言っていられない。超特急で論文を仕上げ、すぐにライバルとは別の有力誌に売り込んだ。徹夜の連続で編集部からの質問に対応し、なんとかライバルと同時に発表できた。
 いま振り返ると、いち早くライバルの動向をつかむことができたのが突破口になった。
 ノーベル賞級の成果をあげた研究者にとって、発表前のデータは国家機密や企業秘密にも等しいトップシークレットだ。ふつうは論文を投稿したことさえ外部には漏らさない。
 山中は、どうやってライバルの動向をつかむことができたのか? 情報源を本人に尋ねると、「「有力誌の編集部の人たちとふだんからファーストネームで呼び合える関係を築いておかないと、情報戦には勝てません」と山中は言う。
 山中によると、そういう人間関係づくりの基礎になっているのは「プレゼン力」なのだという。海外の学会や講演会で目立つプレゼンをすれば、演壇を降りてから聴衆が声をかけてくる。立ち話をきっかけに顔見知りになればしめたもの。その後はメールや電話で連絡し合えるような関係になれる。自分が相手の国を訪れたり、相手が来日したりした際、できるだけ会って話をする。
( → 朝日 globe 2009年1月27日 )( 2012-10-09 再公開 )
 ──

 ここではプレ全力が強調されているが、コミュ力(コミュニケーションりょく)も大切ですね。……もちろん、英語力も。



 [ 付記 ]
 研究の場で友達を作るコツ。
  ・ 相手の業績を褒める。
  ・ 相手に有益な情報を与える。

 《 参考 》

 研究の場で嫌われるコツ。
  ・ 相手を詰る。「ダメだ」と難癖を付ける。
  ・ 相手の研究の邪魔をする。足を引っ張る。

 簡単に言えば、相手を「トンデモだ!」と言えばいい。そうすれば、間違いなく、鼻つまみ者になって、誰からも嫌われるようになる。
posted by 管理人 at 19:33| Comment(0) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ