2012年07月23日

◆ ゴーヤの酢の物

 「緑のカーテン」でゴーヤをつくったら、ゴーヤがたくさんできすぎて、どう料理するか迷う。そこで料理の名案を紹介する。 ──
 

goya.gif
            ( → 画像出典


 昨年に別項で、次の話を紹介した。
 暑さ対策のためゴーヤで緑のカーテンを作ったものの、ゴーヤができすぎて困った、という話を何度も耳にした。ゴーヤの料理はおいしいけれど、そう頻繁には食べられない、という悩みである。
 悩みを聞いて「毛色の違うゴーヤの食べ方はないか」と考え始めた私。誰に頼まれたわけでもないのだが、試してみたくなったのである。
( → 出典
 ここで紹介したのは、「ゴーヤとキュウリのサラダ」だった。

 ──

 今回は、「ゴーヤの酢の物」を紹介する。著者は同じく、こぐれひでこだ。
 「ゴーヤ料理のバリエーションを増やした方がいいね」。通りすがりの、まだ実をつけていないゴーヤのカーテンを見ながら夫が言った。「そうだね。チャンプルーばかりじゃ飽きるものね」。同意した私である。
 夏になったら多方面の知り合いからベランダで栽培したゴーヤが続々と届けられるはず。ゴーヤは次々と実り、瞬く間に大きくなってしまうので、皆さんどう消費するか、それなりに困っている様子なのだ。夫が言うように、夏までにチャンプルー以外の食べ方を探しておかなければなるまい。
 酢の物にしたらどうだろうと思ったのでやってみた。できるだけチャンプルーから遠い味に仕上げようという考えである。

 具体的なレシピは、下記のリンク先で。
  → こぐれひでこ : おいしい画帳


 ※ ミョウガとショウガを使うのがコツだ。
   なるほど。苦みを消すのに、別の苦みを使う。
   センスがいいですね! 感心した。



 【 関連項目 】

  → ゴーヤとキュウリのサラダ
  ※ 昨年の項目
posted by 管理人 at 19:18| Comment(0) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ