2012年05月20日

◆ 太陽光発電の不安定さ

 太陽光発電なんてものは、いくら量を増やしても、当てにならない。不安定すぎるからだ。「発電量がゼロになる」ということもある。 ──

 太陽光発電が不安定だ、ということは、前にも述べた。
  → http://openblog.meblog.biz/article/6011196.html

 ここでは、次の図を掲載しておいた。(曇りの日の発電量)


ekumori.gif



 このたび、別途、新たなグラフを得たので、紹介しよう。


kasina.png


     ※ どちらの図も、クリックして拡大。


 ──

 ともあれ、太陽光発電の不安定さは、これでわかる。「夏になれば太陽光で発電を」なんて思っても、雲がかかれば、たちまち発電量がゼロになることもある。
 「日本全体をならせば、大丈夫だろう」
 なんて思っても、6月ごろには梅雨で、北海道以外はすべて曇りだ。そのときに、蒸し暑さがいっぱいだ。むしむし。
 


 【 関連サイト 】

  → 東京電力の太陽光発電(メガソーラー)

 あちこちのメガソーラーの発電の実況が示されている。
 曇りの日の変動が大きいことがわかる。

( ※ これは、上記のグラフのソースだが、前にも紹介したことがあった。次の項目で。
  → 太陽光発電の時変化
   ただしここで示した東電のサイトは、リンク切れ。)
posted by 管理人 at 19:26| Comment(2) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電力不足が深刻になるのは夏の日中で、しかも晴天のときだから、ピーク時対応としては太陽光発電はまさに最適なように思えますが。
出力調整が難しく、したがって揚水発電とセットでなければ運用できない原子力発電のような垂れ流しよりはよっぽどマシだと思うのですがね。

もちろん太陽光で全部賄えというのは、原子力で全部賄えというのと同じだとは思いますが。
Posted by 単純な疑問 at 2012年05月22日 11:21
> 電力不足が深刻になるのは夏の日中で、しかも晴天のときだから、ピーク時対応としては太陽光発電はまさに最適なように思えますが

 下記ページで説明しています。

http://openblog.meblog.biz/article/5610109.html
Posted by 管理人 at 2012年05月22日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ