2012年04月28日

◆ 太陽光の負担金が月5万円

 太陽光発電の買い取り価格がほぼ決まったようだ。これによって将来的には、家庭の負担金は月5万円程度になる見込み。 ──
 
 太陽光発電の買い取り価格がほぼ決まったようだ。これによって将来的に家庭の負担金はどのくらいになるか? 計算してみると、月5万円になる見込み。(年間で 60万円。)
 以下でその算式を示す。
 
 ──

 政府は甘い見込みばかりを語っている。つまり、真相を隠している。詐欺師のインチキ屁理屈だ。そこで、隠している真相をさらしてみよう。
 
 まず、政府の見通しは、こうだ。
  → 標準家庭の負担、月70〜100円=再生エネ購入

 つまり、「たったの月70〜100円だけです。これならどうってことないでしょう?」と安心させようとしている。
 しかし、ここでは隠されていることがある。次のように。
  ・ それは初年度の分だけだ。以後は毎年、新たに追加されていく。
  ・ 将来は(少しでなく)全体の3割程度を太陽光にしようと狙っている。

 以下で説明しよう。

 第1に、それは初年度の分だけだ。初年度に増設された分が月70〜100円だというにすぎない。2年目、3年目、……と、以後同額が加算されていく。この制度が 10年続けば、10年後には 10倍になる。つまり、月700〜1000円だ。もっと長く続けば、さらに累積する。

 第2に、月70〜100円という見込みは甘すぎる。実際にはもっと大幅に増えるはずだ。
 政府の試算を見ると、今回の制度では、たったの 11%しか増えないことになっている。
初年度の再生可能エネルギーの導入量は250万キロワットで、現状から約11%増える見通し
( → 産経
 しかし、42円という馬鹿高値になったのだから、11%増えるだけだとは思えない。もっと大幅に増えるだろう。初年度だけでも、百円どころか数百円のアップになりそうだ。
 では、将来的にはどうか? 政府の目標は、「全体の3割を太陽光発電にすること」だ。そのとき、どのくらいの規模になるか? 計算しよう。

 まず、今回は「 250万キロワットで、現状から約11%増える」ということだから、約30万kW 増えることになる。(11%でなく 13%という報道もあるが、どっちみち、30万kW だ。) で、たったそれだけの効果のために、月70〜100円の負担だ。
 では、将来の太陽光発電は? 30万kWでなく、どのくらいになるか? 
 日本全体の発電量はで 2.2億kW だ。( → 出典
 将来の太陽光の値はどうなるか? 次の二点に注意する。
  ・ 電力の伸びがある
  ・ 太陽光は最大発電量の半分ぐらいしか発電できない
 このことから、将来の太陽光の最大発電量は、目標値で1億kW だ。
 30万kWで月70〜100円。とすると、将来の金額は、
  月 100円弱 × ( 10000万kW / 30万kW )= 月 3万円弱。

 つまり、月3万円弱の負担となる。

 さらに言おう。
 このように巨額の負担を企業が負担すると、企業がつぶれてしまう。そこで、余分の負担は家庭だけが負担するのが通例だ。ドイツはそうなっている。
 その場合、企業の負担はゼロで、家庭の負担は2倍になる。ざっと見て、月 3万円弱の2倍だから、月5万円強だ。年間では 60万円強だ。
 これが将来的な家庭の負担額だ。
 


 [ 付記1 ]
 これに対しては、次の異論もありそうだ。
 「将来はパネルの価格が下がるから、そんなに価格は上昇しない」
 これは、ある意味では妥当だが、あまり妥当ではない。
 なぜなら、パネルの価格はすでに下がっているからだ。
 別項でも述べたように、42円どころか14円が妥当な価格である。欧米ではその価格で買い上げている。パネルの価格が大幅に下がっているからだ。
 では、なぜ日本ではそれほど価格が高いかというと、パネルの価格が高いからではなくて、ソーラー事業者に暴利をむさぼるようにさせるためだ。つまり、制度の目的は、太陽光発電の普及ではなくて、ソーラー事業者の暴利なのである。(そうでなければ、 42円でなく 14円にしているはずだ。欧米並みに。)
 結局、この制度の目的は「適正価格にすること」ではなく、「国民の富を奪うこと」である。とすれば、将来的にも価格が適正価格になるはずがない。さすがに 42円のままにはならないだろうが、それでも大幅にぼったくりが続くだろう。
 
 現状のぼったくり方針が続けば、国民は「月5万円」という金額をぼったくられる。そのことを示したのが本項だ。
 「いや、将来はもっと下がるぞ」
 という見解は、ある意味では正しいが、それは、「将来はぼったくりがなくなる」(適正価格になる)という意味ではなくて、「ぼったくりの幅が縮小する」というだけのことになる。
 「国民から月5万円をぼったくるつもりでいたけど、それじゃ非難されるから、月1万円か2万円をぼったくるだけにしておこう」
 というふうな。どっちみち、その汚い根性は同じだ。
 そこで、 
 「現状のペースだと、国民は将来では月5万円をぼったくられますよ」
 と警告するのが、本項だ。

 [ 付記2 ]
 なお、初年度ですら、月70〜100円で済むとは思えない。もっと多くなるだろう。
 なぜなら、「昨年度比 11%しか増えない」というのが政府資産の根拠だが、たったの 11% ぽっちしか増えないことはありえないからだ。(その程度ならば、新制度なしで、従来のままでも、自動的に増える。パネルの価格は大幅に下がってきているからだ。)
 では、どのくらい増えるか? たとえば、11%でなく 110%増えれば、見込みの十倍なので、負担も十倍となる。つまり、月700〜1000円の負担となる。
 さらに、翌年度も同様なら、2年目には、倍額の月1400〜2000円の負担となる。10年後には 10倍で、月14000〜20000円の負担だ。また、「企業分が免除」と決まれば、家庭の負担額はその2倍になる。10年目に月4万円の負担となることは、十分に考えられる。(この額は累積するばかりで、20年間は減らない。悪魔が無理やり書かせた借用証のようなものだ。契約したあとでは、奪い取られるばかり。)
 [ 小話 ]
 謎の男 があなたの前に現れて、こう言う。
「地球のためにエコな環境にしてあげます」
 あなたは問い返す。 
「本当ですか? お金がかかるんじゃないの?」
「いえいえ。ごく小額です。1日あたりたったの2円です」
「ほんと? 2円だけ? じゃ、そうしよう」
「では、ここにサインしてくださいね」
「契約ですね。はい、サインしました」
「はい。決まりました。では、エコな環境にして上げます」
「あれ。変だぞ。ちっともエコになっていないぞ」
「エコになるのは30年後です」 
「え、ひどい! じゃ、金払うやめた」 
「やめることはできません。もう契約したんだから」
「仕方ない。2円だけ払うよ」
「今は毎日2円ですけどね。来年からは毎日3円。再来年からは毎日4円。どんどん増えていきます。10年後には、月5万円払ってもらいます」
「そんなのやだ!」 
「ふん。あんたが計算できないだけでしょう。計算すれば、ちゃんとそうわかるはずだ。計算できないアホの面倒は見られない。ちゃんと払ってもらいますからね」
「払わなかったら?」
「契約は破棄できないんですよ。悪魔と国が相手なら」
「あんたは悪魔か国か?」 
「どっちだって同じでしょう」
posted by 管理人 at 23:51| Comment(3) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
標準的な家庭月300KW/hとありますが
その家庭の負担額が60万になるんですか?

kw単価166円ですか。42円の太陽光もびっくりです。そうなる前にすべての家庭で自家発電してますね
Posted by たちばな at 2012年04月28日 21:01
標準的な家庭月1万円ぐらいです。
 それに月5万円が追加されます。
 月5万円で、年60万円ですね。

> kw単価166円ですか。42円の太陽光もびっくりです。

 確かにおかしいんですけど、もともと「家庭から金をふんだくって、事業会社に金を渡す」という制度ですから、そういうおかしなことになっちゃうんですね。
 なお、企業向けの単価は、16円ぐらいでしょう。家庭がいくらぼられても、企業はぼられません。
(ただし今の制度では、企業も少しぼられるようだ。経団連が反対しないのが不思議。……もしかしたら、「企業向けは免除」で、こっそり話が付いているのかもね。)

 なお、現在の発電コストは、火力で 10円ぐらいです。それの売値がかなり高くなるのは、電線などの維持費用らしい。
Posted by 管理人 at 2012年04月28日 22:50
荒い概算だと思いますので、
正直、多少の価格の違いはいいかと思います。

管理人さんが主張されている

@一家庭当り70-100円
→実際は累積されるため、初年度のみ
A導入率は11%
→買取金額が異常に高いため、11%程度ではなく、
かなりの人が使い、それが電気代の買い取り価格に影響される。
B企業と家庭の応分負担
→企業活動に影響が無いように企業の負担を
ゼロにして、家庭の負担が2倍に

これらは全てありそうな気がします。
そうなると、5万までいくかはわかりませんが、
そこそこの負担を求められるでしょうね。

それと自家発電まではし始めないと思いますが、
高くなると余計に太陽光発電が進み、
結局早晩に買取制度を維持できなくなると
思います。

その後は騙されて導入した個人や本人に
負担がかかる時代ですね。

まぁ、最初からこの制度がこの買取価格で
続くという保障はないので仕方ないのですが、
多くの倒産が発生しそうで恐ろしい限りです。
Posted by S.I at 2012年04月29日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ