2012年04月26日

◆ 太陽光発電の不公平

 太陽光発電の買い取り価格は 42円と決まった。が、個人家庭からの買い取り価格は、実質的にはこれをかなり下回る。喜んでホイホイと乗らないようにした方がいい。 ──

 太陽光発電の買い取り価格は 42円と決まった。この 42円という高価格が、20年間ずっと維持される。
  → 固定価格で一定期間買い取る

 これはけっこうボロ儲けに見える。そこで、「じゃ、おれも」と思う人もいるだろう。しかし、喜んでホイホイと乗ると、あとで痛い目に遭いそうだ。

 というのは、今回の制度では、家庭の分については、「発電の全量買い取り」ではなく、「余剰分のみの買い取り」だけだからだ。
 で、余剰ではない分はどうかというと、電灯線から購入する電力が減るのが節約できるわけだが、その分は、23円(家庭向け電力の価格)に相当する。つまり、
  ・ 家庭で消費する分の価格 …… 23円 (+ 17%の値上げ)
  ・ 余剰で売電する分の価格 …… 42円

 となる。二本立てだ。
 
 一方、ソフトバンクなどの事業会社の方は、全量が 42円だ。
 比較して、家庭向けの方が、買い取り単価は大幅に低くなっていることになる。

 これでは不公平なので、「家庭向けも全量買い取りにする」か、「事業会社の方は買い取り価格を下げる」というのが、当初の方針だった。
 ところが、今回の決定は、そうではなくなった。平均買い取り価格は、家庭向けでは実質的には 30円程度であり、企業向けには 42円である。大幅に不公平な制度となっている。

 また、家庭向けでは、故障などの問題も起こりそうだ。
  → ソーラーパネルの故障 (前項)

 というわけで、喜んでホイホイと乗ると、あとで痛い目に遭いそうなので、注意しよう。

 ──

 結論としては、こうだ。
 今回の買い取り制度は、あくまで「メガソーラーなどの事業者を優遇すること」が狙いである。家庭用は大幅に差別されている。うまく行けば利益が出るだろうが、下手をすると、11年目に出力が大幅に低下するという故障が起こるかもしれず、リスクが大きい。企業ならばリスクを一定に見込めるが、家庭では当たり外れが大きい。「はずれにぶつかって、大損した」というふうになる可能性もある。
 下手に欲をかかずに、個人では手を出さずにいた方がいいだろう。どうしてもやるなら、メガソーラーに出資でもした方がマシかも。
 あるいは、個人でやるなら、例の8万円のやつだ。これなら、リスクを会社に負担させることができる。
 それ以外は、リスクが高すぎるので、下手に手を出さない方が賢明だろう。
  
( ※ 唯一、例外的に利益が見込めるのは、別荘のように、自宅ではほとんど電力を消費しない場合だけだ。……とはいえ、別荘を持てるのは、金持ちだけだ。民主党の決めた制度は、とことん、金持ち優遇だ。金持ちはどんどん補助金をもらえるが、貧乏人は電気料金値上げを通じて、金持ちに貢ぐばかりだ。)
 


 [ 付記 ]
 メガソーラーの買い取り価格が 42円というのは、不当に高い。(前述)
 では、どのくらいが妥当なのか? それについては、欧州と米国の買い取り価格を示したグラフがある。
  → http://kettya.com/2012/log04269469.htm
 これによると、2008年の時点では 44円ぐらいだったようだが、現時点では 15円を割る価格にまで低下しているようだ。
 42円は 14円の3倍だから、欧米に比べて3倍の価格設定となっている。ボッタクリと言っていいだろう。

( ※ 簡単に言うと、欧州では、個人に比べて事業者は、低い価格でしか電力を買ってもらえない。個人には補助金を出すが、事業者には補助金を出さない。一方、日本は逆で、個人には少ししか補助金を出さないが、事業者にはたっぷりと補助金を出す。で、その補助金を出すのは、一般国民および産業界である。……つまり、欧州の政治は国民のためにあるが、日本の政治は政党に献金する悪党のためにある。)
posted by 管理人 at 20:19| Comment(1) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後に [ 付記 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2012年04月26日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ