2012年04月23日

◆ 太陽光発電の最新事情

 太陽光発電についての情報をいくつか。
  ・ 政府は買い取り価格を 42円に
  ・ 安いのはCIS型
  ・ 高性能なのはCIS型 ──
  
 いくつかの情報があるので、並列的に述べる。

 (1) 政府は買い取り価格を 42円に

 太陽光発電の買い取り価格が、kWh あたり 42円になりそうだという。
  → 太陽光発電は税込み42円 買い取り価格、経産省調整
  
 これは妥当か? 実は、ドイツでは、42円のちょうど半額の 21円である。
  → ドイツの太陽光発電 1
 その倍の価格にしようというのだから、とんでもない高価格だ。売る方は暴利を得る。「国民の金をごっそり頂戴しよう」というふうになる。国家的な犯罪制度と言えるだろう。
 一般に、個人の家から 10円を盗めば、逮捕されて、懲役2年ぐらいだ。一方、国民全体から莫大な金を奪えば、「クリーンですね」と褒められるらしい。どうせ盗むなら大々的に盗め、という教訓か。
 それにしても、政府が泥棒に加担するとは、世も末だ。ぴかぴか光るソフトな禿げ頭に、目をくらまされたせいか。


 (2) 安いのはCIS型

 太陽電池の主流はシリコン型だが、CIS型というのもある。私は以前、これを「有望だ」と紹介した。
  → CIS太陽電池 (2009年04月15日)
 それから三年たった現在、例によって私の予言が的中した。シリコン型は安価な中国製の前に青息吐息だが、CIS型は安価に製造できている。
  → 太陽光発電のテレビ通販! 価格破壊

 政府の「42円」というのは、高価な国産シリコン型を前提としているようだが、CIS型にすればもっと安価にできるのだ。そういうことを隠して、価格を決めるのだから、ほとんど詐欺ですね。
 年金 2000億円詐欺なんて、政府のやる詐欺に比べれば、かわいいもんだ。私はここでちゃんと指摘しておこう。「42円という価格設定は、年金 2000億円詐欺と同様で、数字をゴマ化しているインチキだ」と。
 それでまあ、人々はあっさりだまされて、数兆円を支払うつもりなのだろう。


 (3) 高性能なのはCIS型

 CIS型は、価格が安いだけでなく、性能も高い。

 第1に、パネルの一部に影が差しても、ちゃんと発電する。一方、普通のシリコン型は、パネルの一部に影が差すと、たちまち発電量が低下する。その実験は、こちら。
  → http://kyusho.blog.moo.jp/?eid=1453964

 第2に、ソフトバンクの大規模な実証実験があるが、それによると、CIS型(つまり ソーラーフロンティア製)は、最も性能が高い。グラフは下記だ。

spower.png
クリックして拡大

 このグラフの出典は → ソフトバンク
 このグラフは4月のデータだが、2月、3月のデータおよび解説記事は、下記にある。
  → グラフと解説


 (4) 42円ならばボロ儲け

 ソーラーパネルの性能は向上していき、価格は低下していくので、42円ならばボロ儲けできるそうだ。次に実例が示してある。
  → 8万円で太陽光発電システムが導入できる

 これを利用して、自治体が屋根貸しで金儲けしよう、という案もある。
  → 太陽光発電に屋根貸します 足利市の公共施設

 これを知らされた橋下徹・大阪市長が、ツイッターで、「じゃ、おれも」と言い出した。さすがにガメツイ。
  → お願いします。 RT 大阪市でもやりませんか?
 

 (5) 太陽光パネル撤去命令

 とはいえ、世の中、甘い話ばかりではない。太陽光パネルを設置したはいいが、それが周辺住民に迷惑をかけるという理由で、撤去命令が出された例もある。
  → 太陽光パネル「反射光が苦痛」…地裁が撤去命令
 


 [ 付記 ]
 というわけで、世の中、いろいろとある。悲喜こもごも。



 【 関連サイト 】
 日経の記事。
  → 数字が語るメガソーラーの「不都合な現実」

 いろいろと問題点を指摘している。
 読んで考えればわかるように、正しい策は、「太陽光発電の普及促進を、数年間、遅らせる」ということだ。ドイツの例を見ればわかるように、すぐに価格は急低下するんだから、価格が急低下してから、補助金を出せばいい。それだけのことだ。
 高価格のときに無理に 42円も出して、金を捨てる必要はない。ほんの数年間待てば、価格は劇的に下がるのだ。ただ待つだけでいい。
 液晶テレビだって、1〜2年待てば、価格は大幅に低下した。価格が高いときに補助金を出しても、結果的には無駄金を大幅に費やす結果になるだけだった。
posted by 管理人 at 20:15| Comment(2) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごくためになりました。
ありがとうございます。

何故、国はこんな馬鹿な価格で買おうとしているのでしょうか?本当に意図がわかりません。
Posted by S.I at 2012年04月24日 20:49
国が買おうとしているんじゃなくて、国が(電力会社を通じて)国民に買わせようとしているんです。
 金を払うのは国民ですから、国の財政がいたむわけじゃない。むしろ、「国民はクリーンなエネルギーが増えて喜ぶだろう」と思っている。実際、橋下さんは、大喜びでしょう。

 科学を知らない阿呆をだまして、科学を知っている悪党がごっそり儲ける。詐欺ってのは、たいていそうです。
Posted by 管理人 at 2012年04月24日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ