2012年04月16日

◆ 大阪で広域停電?

 関電の大飯原発を再稼働するかどうかについて、世論が真っ二つに分かれている。誰からも支持を得そうな案はないようだ。そこで私なりに、名案を示す。 ──

 関電の大飯原発を再稼働するかどうかについて、世論が真っ二つに分かれている。「再稼働すべきだ」「絶対駄目だ」というふうに、鋭く対立している。誰からも支持を得そうな案はないようだ。そこで私なりに、名案を示す。こうだ。
  ・ 再稼働するかどうかを、各県の知事に決めてもらう。
  ・ 再稼働に反対する知事が一人でもいたら、再稼働しない。
  ・ ただし、停電(広域停電 or 計画停電)が起こる場合には、その県でのみ
   停電を起こさせる。


 たとえば、大阪府知事(橋下の子分)が「再稼働に反対」と言ったら、再稼働はやめる。そのかわり、停電が起こるときには、大阪を停電させる。
 一方、京都府知事が「再稼働に賛成」と言ったら、京都府は停電させない。
 このように、県別に対応を変える。いずれにせよ、自分の言葉には自分で責任を取ってもらう。(「原発は再稼働させなくても大丈夫だ」と言ったのなら、その責任を取ってもらう。)
    
 ──

 停電のタイプとしては、二通りがある。
  ・ 計画停電
  ・ 広域停電


 東京では「計画停電」が順番に起こったが、関電の場合は大阪だけが対象なのだから、計画停電の必要はない。いざというときに広域停電をするだけでいい。つまり、予想ではなく実測値で、「もはや限界だ」というふうになったら、その瞬間に(広域で)電源を切ればいい。

 例。 午後1時45分に限界に達しました。そこで大阪の北西部を広域停電にしました。それで余裕が得られたのですが、その後、午後3時10分にふたたび限界に達しました。そこで大阪の北東部も広域停電にしました。その後、他地域では電力需要が減ったので、午後5時20分に大阪の北西部で停電を解除しました。また、午後6時20分には大阪の北東部で停電を解除しました。


 こういうのを、年に数日〜十数日、実行すればいい。府民が不満に思うのなら、それはそれで、政府・与党にとっては好都合だろう。不満はみんな橋下に行くのだから。被害が出れば出るほど、政府・与党にとってはありがたい。「うまく行けば維新の会をたたきつぶせるぞ」とほくそ笑むだろう。
 一方、維新の会だって、「狙い通りに再稼働を停止できたぞ」と大喜びだろう。
 府民だって、再稼働反対派は「再稼働しないで万歳」と喜ぶし、再稼働賛成派は停止のあとで「ほれみろ。おれたちの言ったとおりだ。橋下のバカさがわかっただろう」と喜ぶだろう。

 ──

 なお、被害を最小化するために、うまい方法がある。こうだ。
 「変電所で、高圧電力だけを落として、低圧電力を落とさない」

 この場合には、家庭では停電が起こらず、企業だけで停電が起こる。家庭のクーラーが止まることはなく、企業の機械装置が止まるだけだ。というわけで、熱中症の死者などの、人的被害はなしで済む。
( ※ 病院などではクーラーが効かなくなるかもしれないが、あらかじめ強めにクーラーを効かせておけば、何とかなるだろう。)

 ただ、工場ではいきなり電力が落ちると、機械が壊れてしまいかねない。となると、猛暑日には、あらかじめ工場を止めておくのが賢明というものだ。「今日は広域停電になりそうだな」と思ったら、最初から工場を止めておけばいい。
 その日数は? 「家庭でなく工場だけで停電」ということだから、節電の効果が少ない分、かなり日数は増えそうだ。20〜30日ぐらいか。夏の間は、そのくらい、工場の稼働日が減ることになる。

 ──

 工場用の電力を落とされると、工場としては、
 「そんなのは困る」
 と思うだろう。だが、それなら、大阪から出て行けばいい。ひどい知事がいる最悪の場所からは、さっさと出ていくのが賢明だ。
 要するに、橋下の方針は、「工場は大阪から出て行け」という方針なのだ。だからその方針に従って、工場は大阪から出て行けばいい。そうすれば、大阪の消費電力も減るから、将来的には電力需給が安定する。
 で、そのあとは? 大阪から工場が出て行くので、大阪は税収が減って、大赤字となるだろう。そうなったら、大阪市民にたっぷりと課税すればいい。課税がイヤな人は、大阪から出て行けばいい。そうすれば、ますます大阪は消費電力が減る。

 で、工場も市民も、大阪から出て行くわけだが、それが当然だ。「電力のない都市」なんかに住みたがる人はいない。大阪はどんどん縮小して、廃墟のようになればいい。そして、そのときになってようやく、「橋下を追い出せ」という運動が始まる。
 それまでは、大阪は崩壊していくしかないですね。ヒトラーみたいな首長がいる都市は、自然に崩壊していくのが当然だろう。ナチス・ドイツが崩壊したように。
 ともあれ、大阪は自ら崩壊したがっているのだから、勝手に崩壊させてあげるといいだろう。
 で、大阪府民としては、崩壊するのがイヤなら、橋下や子分をリコールするべきだ。それができないなら、橋下とともに沈没するべきだろう。
  


 [ 付記 ]
 前に、同じ話題で、次のように述べた。再掲しよう。
 (2) ものすごく暑い日には、エアコンを消してはならない。その日は 35度ぐらいの特別な猛暑になる。無理に節電して、熱中症になって、死んでしまっては、元も子もない。「節電のために死にました」なんて、シャレにならない。今年の夏は、暑い日には特別暑くなりそうだから、そういうとき(猛暑日)には、絶対にエアコンをつけるべきだ。(若い健康な人はそうではないが、乳幼児・高齢者・病弱な人などは、エアコンをつけるべきだ。)
 (3) 仮に、エアコンをつけたせいで大規模停電になるとしても、別に、構わない。それでエアコンが切れるとしても、どっちみち同じことだ。家庭としては、元の木阿弥になるだけだから、たいして困らない。一方、困るのは、操業中の企業だ。突然の停電で、工場は大トラブルだろう。そうなったら、「ざまあみろ」と笑ってやればいい。暑いときに無理に工場を稼働させて、それで大被害を受ければ、自業自得というものだ。「馬鹿な奴らだ。一文惜しみの銭失い」と、さんざん嘲笑してやればいい。嘲笑する資格はある。なぜなら、こういう強欲な企業がいるせいで、停電が起こったからだ。強欲な連中のとばっちりで、家庭でも「冷蔵庫が切れて食品が腐りそう」というような被害を受けるからだ。

 以上 をまとめれば、こうなる。
 「個人は、橋下府知事の方針と正反対のことをやればいい。普段はエアコンをつけてもつけなくてもいいが、猛暑日に限っては、必ずエアコンをつけるべきだ」

 これが正解である。
 ( → 転載元



 【 関連サイト 】

  → 閣内から「大阪を広域停電させるしかない」の声!? - Togetter

 「大阪を広域停電にさせる」という声が閣内から出たようだ。
 これを聞いて、「政府が広域停電にするなんて暴挙だ」と批判する声も出た。
 しかし、「原発を稼働させないと広域停電が起こるはずだから、そうなる状態にしたけりゃ勝手にそうさせろ」「バカが自分の首を絞めたいのなら、勝手にそうさせろ」という意味だろう。
posted by 管理人 at 20:13| Comment(18) |  震災(東北・熊本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は橋下氏へのブラックジョークが本当に効いてますね。

いい加減に、このままでは危ないことを気づいて欲しいです。僕は関西に住んでいないのでいいですが、関西に住んでいる人は今年は本当に大変そうですね。
Posted by S.I at 2012年04月16日 20:28
市長は何が何でも反対とは言って無いと思います
データを出せ
保安院の見解を出せ
その上で必要と結論が出たらリスクと保障を説明し国民にお願いすべきと言っているはずです

節電案ひとつ思いつきました
契約アンペアを強制的に下げる 50Aなら40Aへ
どうでしょうか
Posted by maromaro at 2012年04月16日 21:53
> 市長は何が何でも反対とは言って無いと思います

 ちょっとわかりにくかったかもしれないので解説します。

 私は別に「原発を再稼働させよ」という主張ではありません。「猛暑日に企業を休業させれば、原発を稼働させなくてもいい」ということです。

 しかし橋本市長の方針はそうではなくて、「企業は節電しなくていい。家庭が猛暑日にクーラーを切ればいい」というものです。
  → http://openblog.meblog.biz/article/8609994.html の [ 付記 ]
 しかしそんなことでは停電は不可避だ、というのが私の見解です。

> 契約アンペアを強制的に下げる 50Aなら40Aへ どうでしょうか

 無意味ですよ。
 最大限度を下げても、あまり効果はない。普通は最大限まで使っていませんから。効果はゼロではないとしても、平均消費量を下げる効果はごく限定的。
 また、いくらか家庭の料金が上がるとしても、家庭は猛暑日には電気を切るべきではない。また、切ることはほとんどできない。料金が100円ぐらい上がったからといって、猛暑日に(お金目当てで)クーラーを切る人はほとんどいないでしょう。
 なお、猛暑日以外では電気を切る必要がもともとない。
 
 家庭がいくら爪に火を点すように節電しても、企業が(9円という低価格で)ジャブジャブと大量消費しているんだから、まったく無意味。
 値上げするなら企業の従量分です。これを家庭並みの24円にすれば、それだけで大幅に節電は進みます。
 橋下市長はそういうことにすら気づかないで、家庭ばかりに無理強いする。そこが駄目なんだ。(再稼働の方じゃなくて。)

 ──

 橋本市長の現段階の見解は、
 「産業に影響を与えない方法をギリギリまで考えます。昨年もそうでした。 」
 https://twitter.com/#!/t_ishin/status/191670123961122817

 劣等生が「試験の対策は試験の前日に考えます」というのと同じ。
 大阪の人は劣等生の方針のせいで落第する。
Posted by 管理人 at 2012年04月16日 22:14
停電で思いっきり長い夏休みにしてくれたら良いんですけどね。今年も意味の無い早朝出社+早帰り運動が励行されるだけでしょう。長い昼休みでも良いと思うんですけどね。
Posted by 京都の人 at 2012年04月16日 22:15
↑ということで、長い夏休みには四国においで下さいませ(^^)伊方も止まってますが…

何も高知や高松の暑いところにいかなくても、四国山脈の高所、大歩危・祖谷渓のあたりにいけば、それなりに涼しいですよ。
Posted by あるみさん at 2012年04月17日 00:40
この際、欧米のように日本も会社員に夏季長期休暇を導入すればいいのでは…。浅はかですかね…。
Posted by 無機名 at 2012年04月17日 01:14
節電策

電力逼迫期間・・・真夏の数日、昼間だけ・・・には、

1.民放のテレビ放送を休止する。

2.甲子園大会のテレビ中継を止める。

これをやるだけで、節電は大丈夫な気がする・・・。
Posted by どすこい at 2012年04月17日 07:39
契約アンペアを下げるという事はピーク時に停電させてしまう事です。ブレーカーを交換することによって強制的になります。ウチの場合40Aでエアコンを3台フル稼働させると、ブレーカーが落ちました。これを2台で落ちるようにすれば エアコン1台で乗り切ろうというインセンティブが働くのでは、、、ということです。企業の場合も似たような方法がとれないかなと思いました。 猛暑日に休業するのも、夏期長期休暇も、値上げもひとつの案でしょう。「エアコンで節電」は思いつき(アドバルーン)だったと思いますが、もう理解しているはずです。ちょっと考えて議論すれば詰みなのがわかるはずですから。
彼の言動を聞いていると、ひとりひとりがもっと掘り下げて考えてくれよと言っているように思えます
Posted by maromaro at 2012年04月17日 07:54
長期休暇、これぞ自称先進国日本が遣り残している文化的社会制度改革です。
昨今の我国に凡そ普及している週休2日制を廃し、週休6日に戻す事で現行の年間稼働日数250日は42週で確保できる。即ち年間10週間の休暇が取れる。内7週を7月下旬から9月上旬に、2週を厳冬の時期に、1週はゴールデンウイークに割振れば電力問題は雲散霧消、加えて、親子共々文化的稔り豊かな生活が適う、文化国家に相応しい基盤が創設できる。
電力問題を語る河野太郎さんメールしてみましたが未だ、応答ありません。
管理人さんが賛同されるなら、貴方のブログで是非にも喧伝して下さい。
我が後裔をも含め、次世代の行く末を案ずる野良仕事に隠棲する老耄の願いです。
Posted by 北野幹雄 at 2012年04月17日 09:13
熱帯近畿は祇園祭から盆明けまで休みにしてほしい人が多いような。四国の山間部も良いですが、湿度の高い日本の昼間は汗で気持ち悪いので海水浴やら湖水浴の方が好みです。節電よりも何よりも休みが一番です。
Posted by 京都の人 at 2012年04月17日 18:25
本筋とずれますが……。

> 変電所で、高圧電力だけを落として

市中では高圧で配電して、柱上や建物内で低圧に落としていますから、変電所で落とすことはできそうにありません。

需要の多い施設(や工場)でデマンドコントロールをすると、少しは寄与しそうです。

企業など大口需要家の従量分料金を累進的にすれば、自家発への移行も促進されるのではないかとも思います。電気も水道も「使えば使うほど割安になる」という料金体系をやめるべきかと。
Posted by けろ at 2012年04月17日 23:55
> 変電所で、高圧電力だけを落として 市中では高圧で配電して、柱上や建物内で低圧に落としていますから、変電所で落とすことはできそうにありません。

 私もそういう可能性を考えたので、Wikipedia に当たってみました。すると、下記。
「工場や電気鉄道など大口の需要家は途中の高い電圧の変電所から給電を受けていることがある。」

 つまり、大口の需要家は、変電所から直接、特別高圧電力を受け取っているようです。一方、小口の需要家は、単に変圧器を通さないだけで、電信柱の電線からもらっているようです。

 したがって、電信柱の電線からもらうような小口の企業は制御できませんが、特別な電線を引いている大口の企業については制御できるはずです。
 この分がどのくらいあるのかはよくわからないけれど、全体の2〜3割ぐらいでしょう。どっちみち、電力を止めるべき企業は、これらの企業です。
 一方、企業であっても、スーパーや一般商店は、夏季の営業停止は困難でしょう。で、そういう企業は、使う電圧も 100ボルトでしょうから、止めることがない。それはそれでいい。

 まとめて言うと、超高圧の電力だけを止めることはできて、それによって工場は止まる。だが、企業であっても一般商店の分は、止めることはできない。また、止める必要もない。

 問題があるとしたら、鉄道が止まることですね。暑いときには、ときどき鉄道が止まることになる。
 しかし、大阪がそれを選んだんだから、仕方ない。炎天下で歩くか、渋滞のなかで自動車を利用するか、どっちかですね。
 橋下府知事は、自宅が勤務先のそばなので、自分だけは大丈夫だと思っているんでしょう。

> 電気も水道も「使えば使うほど割安になる」という料金体系をやめるべきかと。

 その件は、私も前に書いたとおり。もっと詳しい話を執筆したので、18日の記事で公開します。
Posted by 管理人 at 2012年04月18日 00:18
関西在住ですが関西電力にはあらかじめ電力会社と家庭で契約アンペアを決めて設置する
アンペアブレーカーなるものは存在しません。
最大需要容量が6kVA以下なら従量電灯Aで一括りされ基本料金は一契約320円25銭程です。

需要家が自分で設置する主幹ブレーカーはもちろんありますが、我が家の場合は主幹ブレーカーは
60Aになりますね。
契約アンペアを決めるという考えがないので主幹が60Aでも基本料金は320円程とかわりませんから。
Posted by ルート at 2012年04月18日 23:00
くだらない駄文の類いですね。

橋下はただ闇雲に再稼働するなと言ってる訳じゃない。

橋下のブレーンの飯田哲也のような専門家が詳細な需給予測を建てて、その上で足りるという判断の上で再稼働を反対している。

また、まともな企業は安易にじゃぶじゃぶ使う事はしない。
それどころか、自家発電の増強や、省エネ、節電策の強化などに走っており、中にはトヨタグループのようにメガソーラー設置に動いているような所もある。

再稼働反対なら停電させてしまえ、というのは単に電力会社や原発推進派の横暴であって、何の正当性も無い犯罪である。


原発を再稼働しなくても今夏の電力は足りる(関西電力版) | ISEP 環境エネルギー政策研究所
http://us2.campaign-archive2.com/?u=d091b19b672c0c5a748427770&id=4ecf7c58bd


東京新聞:企業節電どんどん進化 自家発電増産「原発5基分に」:特報(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012041802000135.html

大阪府市顧問「電力足りる」…再稼働ゼロ時予測 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120417-OYO1T00684.htm?from=main2


電力不足:夏の不安解消へ、企業の自衛策いろいろ− 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120319k0000e020102000c.html
本格的な「節電投資」に踏み切る企業も増えている。コマツは粟津工場(石川県小松市)など国内12拠点に14年度末までに計100億〜150億円を投じ、電力使用量を把握するシステムや太陽光発電を導入したり、省エネ仕様になっていない古い設備・機械を廃棄する。電力管理システムの導入で、機器を使用していない時の待機電力を減らすことができ、ピーク時の電力使用量も半減できる。「節電によるコストダウンが国内工場の競争力向上につながる」(同社)と位置付ける。
Posted by くだらない at 2012年04月19日 18:41
何か意見を書くのならば、人の話をちゃんと読んでからにしてください。
 「広域停電が起こるのならば大阪から」
 というのが私の見解ですから、広域停電が起こらないのであれば、大阪はそれで別に問題はないでしょ? だから素直に「なるほど、それでいいよ」と了承すればいいのです。ロシアンルーレットで銃口を自分の頭に向けるとき、政府は「弾が入っているかもしれないから、やめた方がいいよ」と勧告しているのに、「いや、絶対に弾が入っていないから安全だ」と思うのならば、勝手に銃口を自分の頭に向ければいい。そういう意味で「自殺したけりゃ勝手にしやがれ」というのが私の意見です。政府みたいに「自殺を止めたい」というような親切な見解のかわりに、「好きにすれば。ご自由に」と言っているのです。私は政府と違って、大阪の自滅を止めるつもりはありません。「勝手に滅びろ」と言っているのです。
 話を勘違いしないでほしいね。

 ──

 また、すでにコメントでも書いたが、

> 私は別に「原発を再稼働させよ」という主張ではありません。

 ということです。
 もちろん十分な対策をすれば広域停電はなしで済むでしょう。しかし「エアコン停止」なんていう馬鹿げた方針では自滅するしかない、と前もって教えてあげているのです。

 ──

 原発事故の前に、私は「原発は危険だから危険対策をせよ」と何度も警告したのに、「そんなのはくだらない」と思って、私の警告を聞かなかった人が多かった。だから事故は起こった。
 橋下も東電も、危機対策が全然できていないんです。大被害が起こってから大騒ぎすることしかできない。同じ穴のムジナ。
 あなたもそれと同じです。
Posted by 管理人 at 2012年04月19日 19:53
> 14年度末までに計100億〜150億円を投じ、電力使用量を把握するシステムや太陽光発電を導入したり

 再来年の計画をしても、今年には間に合わないでしょ。
 また、コマツがやったからといって、他の会社がやるわけじゃない。
 トヨタがメガソーラーをやったとしても、原発に比べればスズメの涙にすぎない。メガソーラーって何だかわかっているんですか? 原発に比べると、オモチャみたいなものですよ。オマケに、曇りのときや夕方には使い物にならない。
 
> ISEP 環境エネルギー政策研究所

 太陽光発電で大丈夫、と言って人々をだます詐欺団体。代表の飯田は詐欺師。そんなことも知らないでだまされるんだから、大阪というのはおめでたいね。
 → http://openblog.meblog.biz/article/3926816.html

 大阪は、詐欺師に金(顧問料)を出すよりは、文楽に金を出すべきなんですよ。何だって貴重な金を詐欺師に献上するんだ。
 あ、そうか。橋下が詐欺師だから、詐欺師が市民をだますためか。なるほど。
Posted by 管理人 at 2012年04月19日 20:14
なお、私は 2007年の時点で、原発の危険性を警告していた。
 → http://openblog.meblog.biz/article/103457.html
 一部抜粋すると、次の通り。

 ──

 「火災が起こったら、水で消火する」
 という仕組みを作ったのだが、地震のせいで、水が流れなくなってしまった。想定外のエラーが起こった。ここでは、「水が流れなくなっても大丈夫」というふうに、別の安全策をとっておくべきだ。たとえば、
  ・ 化学消化器を用意する
  ・ 貯水タンクの水を使う
  ・ 窓を密封して炭酸ガスを噴出する
 など、いろいろ考えられる。
 一般に、対策として複数の方法を用意して、多重に対策しておくと、フェイルセーフになる。
 なお、根本的に原発をストップする、というのも、フェイルセーフの一例。

 ──

 これは 2007年の記事だ。これをちゃんと聞いて対処しておけば、福島の事故は起こらなかった。
 なのに、「くだらない」さんみたいな楽観主義者ばかりだから、大事故が起こった。
 何度失敗しても、懲りない人が多い。東電と同じ体質の人が多すぎる。安全意識というものがまったく欠落している。
Posted by 管理人 at 2012年04月19日 20:24
大飯原発の再稼働により、大阪の広域停電はギリギリで免れたようだ。
 17日の猛暑では、最大需要が約2540万kwだったが、原発再稼働無しの供給力も約2540万kwで、同じ数値だという。つまり、供給と需要の量が同じ。瞬間的には、需要の方が上回っていた。となると、広域停電が起こっていたはずだ。もし原発が再稼働していなければ。
  → http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2012/07/chunichi-718-be24.html

 なお、以上は3号機の再稼働。4号機は、すでに再稼働しており、今後、25日にはフル稼働となる。だから、猛暑がさらに進んでも、大丈夫であるようだ。3号機と4号機のどちらかが停まると、厳しくなるが。

 一方、鳩山元首相は、再稼働に反対するためのデモに加わった。
  → http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120720/stt12072019160008-n1.htm

 え? と耳を疑いたくなるような記事。はてなブックマークでは「おまえは再稼働するな」という声あり。
 再稼働して暴走する鳩山放射脳。
Posted by 管理人 at 2012年07月21日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ