2012年03月27日

◆ 東電が火力発電所 売却

 東京電力が火力発電所を売却するそうだが、資産の切り売りをするべきではない。どうせならば、火力発電部門を一括して、分社してから、売却するべきだ。 ──
 
 東京電力が火力発電所を売却する意向だそうだ。古くなって老朽化したものを、直したり更新したりする金がないので、売却するか、会社の形にして共有する形にするか、そういう形でガス会社などに売却するつもりだそうだ。
  → 読売・夕刊 2012-03-27(紙の新聞のみ)

 
 これは数日前、東京ガスが「買いたい」と言ったことを受けてのことらしい。
  → 東ガス、東電の火力発電所買収を検討

 さて。東電の意向は、わからなくもない。金がないので、「背に腹は替えられない」ということなのだろう。
 しかし、「資産の切り売り」というのは、好ましくない。そんな形では「付加価値」の分が消えてしまうからだ。また、すべてをバラバラにすると、維持費も余計にかかるし、無駄が生じる。(全部まとめて管理する方がコストが低い。)
 結局、「金がないから切り売りする」というのは、愚策なのである。

 ──

 では、どうすればいいか? まとめて「火力部門を一括して分社する」という形で売却すればいい。こうすれば無駄は生じない。
 この件は、1年ぐらい前に述べたとおり。
  → 東京電力をどう処理するか  ( 2011年04月23日 )
posted by 管理人 at 19:03| Comment(0) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ