2012年03月14日

◆ 地震と宿泊所

 地震で大停電になったら、夜間には道路を歩けないし、帰宅もできない。となると、緊急避難所などで宿泊するしかない。しかしそこで問題がある。 ──

 先の大震災のときには、次のような帰宅行動が取られた。
 「その日から数時間をかけて帰宅する」

 次の地震でもそうしよう、というつもりの人が多いようだ。
 だが、首都圏で地震が起こった場合には、それはできそうにない。というのは、大停電によって、夜間は真っ暗になり、道を歩けないからだ。

 先の地震では、首都圏では大停電は起こらなかった。大停電が起こったのは、被災地である東北地方だけだった。しかし首都圏で地震が起こったら、首都圏でも大停電が起こるだろう。そうなったら、電車は止まる。しかも、夜間は真っ暗になり、道を歩けない。当然、帰宅もできない。
 
 ──

 では、どうすればいいか? もちろん、緊急避難所などで宿泊するしかない。しかしそこで問題がある。それは、「緊急避難所なども停電している」ということだ。
 特に、「冷暖房が効かない」ということが問題だ。
 
 夏ならばともかく、冬はとても寒い。春夏だって、薄着をしていれば、夜間には冷える。当然、暖房が必要となる。なのに、その暖房が効かないのだ。(たとえ石油やガスの暖房装置があっても、電気が止まっていれば、暖房システム全体が停止してしまう。)
 
 先の大震災のときには、この問題は起こらなかった。たいていの緊急避難所では、暖房が効いていた。というか、暖房が効くような講堂などを、緊急避難所として提供したわけだ。
  → 検索

 ──

 とすれば、次の地震のときに備えて、その対策をしておくといいだろう。
 具体的には、次のような対策だ。
 「暖房のかわりに、寝袋のようなものを提供する」


 具体的には、次のようなものを用意しておくといい。
  ・ 毛布
  ・ 大型のゴミ袋
  ・ 新聞紙
  ・ 懐中電灯


 毛布は、あれば理想的だ。ただし、コストはかかるし、保管場所も必要だ。数を考えると、現実的ではない。
 大型のゴミ袋は、最適だ。コストもかからないし、保管場所も小さくて済む。この大型のゴミ袋の底部の中央に穴をあけて、ゴミ袋をかぶり、頭だけを出す。もう一つのゴミ袋を用意して、そこに下半身を入れる。こうして、二つのゴミ袋を合わせて、簡易版の寝袋ができる。これで相当、保温になる。
 新聞紙は、その補完だ。保温のための補助剤として使う。体に巻いたり、コートの内側に着たり、ゴミ袋のなかに入れたりして、利用する。新聞紙がなければ、雑誌をほぐして、バラバラにして、補充剤みたいにして使ってもいい。新聞紙や雑誌ぐらいなら、途中でいくらでも買えるだろうから、材料不足にはなるまい。

 先の大震災では、津波をかぶったあと、着替えがないせいで、低体温症で死亡した人もいるそうだ。これは教訓的だ。「東京の内陸部ならば津波は来ない」と思っていても、空から雨が降ってくることはある。傘がなくて、ずぶ濡れになることもある。となれば、低体温症になることもあるだろう。……こういう場合についても想定するべきだ。(たとえば、ホカホカ懐炉を用意する、とか。)

 ──

 なお、避難所がどこにあるかも、問題だ。通常、大停電になれば、テレビは使えなくなる。デスクトップパソコンも同様だ。となると、生き残るのは、ノートパソコンとスマホだろう。これらを利用して、近くの避難所を、随時見つけ出して、紙に書いて、戸外に表示するといい。
 地震のときには、電子機器も制限されるから、手動による情報伝達が大切なのだ。掲示用の大きな紙と、マジックインクなども、準備しておこう。それは、自分が助かるためではなく、周りにいる困った人々を助けるためだ。
 例。
「この近辺の避難所は、○○大学と△△公民センターです。
そこまでの経路は、下記の地図の通りです。

    ( 手書き地図

なお、途中で飲料や食糧を購入することをお勧めします」


 ──

 ※ あと、トイレも大切だ。電気が切れたときにもトイレが使えるか、
   各施設はあらかじめ、何らかの調査や対策をしておくべきだろう。
   トイレットペーパーの補充も大切だ。下手をすると紙がなくなって……
    (^^);

 ※ 家庭では、懐中電灯のほか、ロウソクもあるといいだろう。
   (ただし火災に注意。)



 【 関連商品 】



【防災グッズ】着る毛布


 
 これは防災用品の一種で、安くて便利。停電など、いざというときに使える。また、普段から使っても便利そうだ。(電気を使わないので、省エネだ。)
 



サバイバルシート


 下のコメント欄で紹介されたもの。
posted by 管理人 at 21:20| Comment(3) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>大型のゴミ袋は、最適だ。
登山用品のサバイバルシートはどうでしょうか?
あれなら開く前は小さなパックですから段ボール箱に保存しておけば
数の割に場所を食わないですし、当座の保温と雨しのぎには最適かと
思います。寝心地は期待できませんが、公民館等で当日をしのぐには
良いかもしれません。安いし。
Posted by 七氏井 at 2012年03月15日 02:50
東京で災害が起きる前に知っておきたいことまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2133176854445511901
Posted by 管理人 at 2012年03月15日 20:48
東京都の対策方針が公開された。条例の案。

 → http://sankei.jp.msn.com/region/news/120216/tky12021611110000-n1.htm
 → http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/tmg/pdf/240113kitakukihongaiyou.pdf
 → http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/shutohinan/2/shiryou_1.pdf
 → http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/taisaku_syuto/kitaku/3/a03.pdf
 → http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/shutohinan/

 駄目な点は? 
 停電のことがまったく考慮されていない、ということだ。昨年と同じことが起こると思っている。つまり、ただの交通マヒだけがあると思っている。停電のことはまったく考慮されていない。

 しかし停電が問題なのだ。
 → http://openblog.meblog.biz/article/8226149.html
Posted by 管理人 at 2012年03月17日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ