2012年03月07日

◆ レーシック失敗を避けるには

 眼科手術のレーシックでは、失敗の例が多い。では、失敗を避けるには? 絶対に失敗しないような、安全な道を示す。 ──
 
 レーシック手術とは、角膜を削ることで、メガネやコンタクトレンズを使わずに済む方法である。
 → Wikipedia

 ところが、これには失敗の報告が多く出されている。
 レーシックのおかげで人生狂いました。何度も自殺未遂してますが死に切れません。ほんとにどうやって生きていけばいいかわからない。こんなガチャガチャな見え方あんまりです。
  ──
 自分も死ぬほど辛かったり死にたいと思ったこと。あったけど術後3年かれこれ生きている。というのも、こんなボロボロの目にした品川が許せないから。そもそも死ぬとしたらこんな状態にさせた人間から死ぬべき。順番が違う。患者の目をめちゃくちゃにしながら飯食ってるとかまじ許せない。
  ──
 スタバくらいの明るさで小一時間友達と会話しただけで死ぬほど目が痛くなる。その後激しい車酔いの感覚と頭痛が襲ってきてもうなにもできなくなる。寝るしかなくなる。
眼圧が異常に上がってる感覚がするし、胸もすぐにドキドキして、眼圧下げる目薬処方されてるので指すが目が熱くて、シャンプーが目に入ったときのように痛い。
  ──
 俺は難民になって職も失って交友関係も殆どなくなって親のなけなしの給料で生活してる。体調が辛いときは1日中寝たきりの日も多い。けど、自分が一時的に成功してキャッシュバック制度のしょぼい金でもしも赤の他人をレーシックの怖い世界に引き込んで難民にしてたかよりはマシだと思ってる。そうなると一生良心の叱責にさいなまれたと思う。
( → 2ちゃんねる
 これらの例を受けて、過去には訴訟もなされている。
  → レーシック訴訟例

 ──

 ここまでは、結構よく知られたことだ。そこで、「レーシックで失敗しない病院を探そう」と思って、ネットで検索する人が多い。そうすると、危険性が指摘されたあげく、「こういう危険を避けるための安全な病院」というのが推奨される。
  → Google 検索 「レーシック 失敗
 そこで検索上位のサイトでは、優良病院として、「品川」などの名が上げられている。あれれ? この名前は、上記の被害報告で名前が挙がっていたサイトでは? 

 そこで、「品川」についての評判を Google 先生に聞いてみる。
  → Google 検索 「レーシック 品川 失敗
  → Google 検索 「レーシック 品川 評判
 いずれにおいても、品川の評判はいい。しかしこれは、先の報告とは違っている。いったい、どうなっているのか? 

 ── 
 
 この謎を解明したブログがある。それによると、「レーシック 失敗」で検索上位のサイトは、アフィリエイト狙いで、特定の病院を推奨しているそうだ。(ステマ みたいに。)
 このキーワードでサイトを作り、広告を貼ると儲かるわけです。で、広告というものを意識して「レーシック 失敗例」で検索すると面白いことが分かります。ほとんどのサイトが同じようなクリニックを同じようなランク付けで紹介しているのです。
 (ちなみに、報酬は予約一件15000円とかそういう額。)
 検索上位サイトの運営者情報を調べてみると、レーシックとは全く関係のなさそうな会社が運営していたりするわけです。東海地方の「アフィリエイトサイトの構築」企業が東京のクリニックをプッシュしていたり。
 これらの情報から判断するに、このキーワードで検索すると、レーシックの専門家でもなんでもない人が、アフィリエイト報酬の高さで選んだクリニックをお薦めされてしまう恐れが高いわけです。
( → レーシック失敗例とアフィリエイト
 つまり、レーシックについて何も知らない医学素人が、アフィリエイト広告狙いで、いかにも受けそうなサイトを作って、「レーシックは危険ですよ。注意しましょう」と警告しながら、「だけどここだけは安全ですよ」と良心的に(?)紹介する。
 で、それを読んだ読者が、その紹介先で契約すると、紹介者はアフィリエイト広告で 15000円をもらえるわけだ。
 たとえば、こんな感じ。


 業界で最高の安全性を誇る!
 ここが信頼性が高くてお勧め  
      ↓
 東京都品川区○○クリニック

   ※ クリックしてね。私が 15000円もらえる。

 ── 
  
 というわけで、世の中には、危険な詐欺サイトがあるわけだ。
 ネットの世界では、「良い病院を紹介する」と示した上位のサイトが、アフィリエイト狙いで、「悪い病院を紹介する」というふうになっている。まるで悪魔。
 この悪魔は、何と、Google 先生までもだましてしまう。
 で、Google 先生を信じた普通の人は、悪魔の領域にしらずしらず招かれて、コロリとだまされてしまう。そのあげく、冒頭の紹介のように悲惨な運命に遭う人が多い。

 ──

 結論。

 レーシックは危険だ。得られるメリットに比べて、危険性はあまりにも高すぎる。注意しよう。
 では、どうすればいいか? レーシックで失敗しないための道は、レーシックを受けないことだ。これなら絶対確実。絶対安全。手術を受けなければ、手術による失敗はありえない。当り前ですけど。
   
 とにかく、注意。
 ネットの検索では、安全なレーシックを求める人々をだますための、詐欺的な工夫がなされている。Google 先生さえも手玉に取るような、巧妙な方法。IT技術をうまく悪用している。……これは、医療詐欺のなかでも、筆頭の悪質さだろう。
 ( ※ これに比べれば、ホメオパシーや超ミネラル水なんて、赤子のようなものだ。これらは直接的には何の害悪もなさないからだ。レーシックは違う。たとえやめても、元には戻らない。)



 [ 付記 ]
 レーシックは、普通の人ならば、やらない方がいいだろう。しかし、特別な場合には、やった方がいいかも知れない。たとえば、イチローだ。イチローが成績を急激に低下させたのは、視力が衰えたからだと推定されている。
  → イチロー選手は復活するのか?
 私も前からそう思っていたが、この人も同じように考えている。
 ついでに言えば、イチローはもともと視力が悪い。もともと裸眼視力が 0.4 ぐらいだ。
  → イチロー実は目が悪い両目とも視力は0.4程度
 それでも好成績を上げてきたが、昨年ぐらいにはとうとう追いつかなくなったようだ。とすれば、よくある近視の野球選手のように、コンタクトを使うべきだろう。
 ただ、どうしてもコンタクトが馴染めないのであれば、レーシックをした方がいいかもしれない。今年もまた昨年のように「全然打てない」のであれば、引退するべきだろう。「引退するか、コンタクトか、レーシックか」の選択となる。
 同様の見解をもつ人は他にもいる。
  → イチロー、視力低下か? レーシック手術すればいいのに
  
 ※ ただしこれは、イチローのような場合で、あくまで例外だ。普通の人は、
   視力で数億円を稼ぐわけじゃないから、あえてリスクを取る必要はない。
  



 【 関連サイト 】

 レーシック失敗でどんな悲惨な状況になるか知りたいという人は、下記の検索で。
  → レーシック 失敗 見え方 - Google 検索
 
  ※ ホラーみたいなので、気の弱い人は、読まない方がいいでしょう。
  


 [ オマケ ]
 レーシック手術の図画(イラスト)。
  → http://siryoku.mituda.net/lasik.html

 レーシック手術の動画(実際の手術)。
  → http://www.youtube.com/watch?v=Y-TUMw1FTmY
   ※ グロ注意。



 【 追記 】
 新たに次の項目を書いた。 ( 2012/06/11 )
  → レーシックよりもオルソケラトロジー
 
   ※ レーシックよりも安全で、ほぼ同等の効果がある。
posted by 管理人 at 19:49| Comment(16) | 医学・薬学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がレーシックを受けるにあたって心がけたのは、「症例数が多く、かつ2ちゃんねる等で批判的なコメントの少ない」病院です。

「ほめているコメントが多い病院」という条件で探すと、やらせコメントにだまされますし。
かといって「けなされているコメントが多い」病院はもちろんさけた方が無難。

で、結果として手術を受けた結果、非常に快適です。
メガネから解放されたことで肩こりもかなり良くなりました。
また、手術を受けた感想としても、わずかな手術時間(数分)で痛みもなく終わりました。実感として、これは非常に安定した技術でリスクは小さいと感じました。それに比べて得られるメリットは大きい。

レーシック難民と呼ばれる方がいるのは事実のようですが、一方でメガネ業界がひどい噂をネットにばらまいているという実態もあるようです。

失敗しない方法は、手術を受けないことではなく、正しい医師を選ぶことです。それには、身近なひとが受けた安心の医師を紹介してもらうか、症例が多くて批判されていない医師を選ぶことです。
Posted by マッシュ at 2012年03月08日 00:03
コンタクトという選択肢は考えなかったのでしょうか? メガネで不都合ならば、コンタクトを試してみる方が、無難では? コンタクトでも駄目ならばレーシックにすればいいし。
 なお、レーシックは、手術直後は良くても、数年後には視力が落ちることが多いようです。今後も数年ごとに手術をするとしたら、かなりの負担になりますし、危険度も上がります。
 
 どこかのギャンブルでは、客が数回勝たせてもらったあとで、数回後に大負けして、大金を失ってしまったようです。そういう例をどう思いますか? 「1回目は儲けたから、今後もずっと儲かるはずだ」という発想に賛成しますか?
Posted by 管理人 at 2012年03月08日 00:15
阪神の鳥谷はレーシックに成功して、以後、成績が上昇した。(Wikipedia から。)
 ──
 一方、中日の井端がレーシック失敗。Wikipedia から。
 ──
コンタクトレンズを着用し試合に臨んでいたが、イニング間に目薬を差しても試合終盤には間に合わなくなるほどの極度のドライアイでもあり、視力を矯正しようと2008年から合計3回のレーシック手術を受けた。しかし効果は出ず、逆に角膜がほとんどなくなる状態になり、すぐに炎症を起こして視力が落ちる現象に悩まされた。このため、手術による視力の回復をあきらめて2010年の後半戦は棒に振り、同年のポストシーズンでは眼鏡をかけて出場するも、好調時からはかけ離れた成績であった[16]。2011年もシーズン当初は眼鏡をかけてプレーしていたが、調子が上がらないこともあり、心機一転の意味を込めて4月下旬頃からコンタクトレンズに戻している。
 ──
Posted by 管理人 at 2012年03月08日 06:31
コンタクトは、スポーツをするときに使い捨てのモノを時々使っていました。

ただ、激しく動くと外れることがありましたし、屋外のスポーツでは、外れたら、きれいに手を洗わないと、再装着できないなど、結構不便でしたし、コンタクトの装着感が嫌いでしたので、私の場合はレーシックを選択しました。

数年後に視力が落ちるかどうかは、何とも言えません。
今、1年経過しましたが、今のところ、問題ないようです。
Posted by マッシュ at 2012年03月12日 06:58
Posted by 管理人 at 2012年05月30日 16:15
以下、引用。 ( 出典は  http://j.mp/MAjuXd )

 ──

Tiger Woods' LASIK
Eight years after LASIK, Tiger Woods says, "My vision started slipping".
http://lasikcomplications.com/tiger-woods.htm

術後8年後に突如として激しい頭痛、視界の乱れに襲われ再手術を決行したタイガーウッズさん↓

●タイガー・ウッズ・・・裸眼では0.01以下の超近視だったプロゴルファーのタイガー・ウッズは、99年にレーシック手術を受けて連戦連勝。
<中略>しかしその後、視力が乱れ、頭痛がするようになり、07年、再手術をするハメに。(『プレイボーイ』誌2009/06/15号)

25 :どうですか解説の名無しさん [↓] :2011/09/08(木) 12:12:06.18 ID:PynEIoDA
思った以上に失敗例って多いんやな
タイガーの例を見ると、長期間経過しないとホンマの成功かどうか分からん訳か

Would you do LASIK if you knew the TRUE SUCCESS RATES?

1st Year Post LASIK: 88% success rates.
2nd Year Post LASIK: 65% success rates.
3rd Year Post LASIK: 50% success rates.
4th Year Post LASIK: 45% success rates.
5th Year Post LASIK: 40% success rates.
6th Year Post LASIK: 40% success rates.
7th+Year Post? LASIK: Below 40%success rate.

Will you be one of the "lucky ones" that can last 10+ years without contacts or glasses?
http://www.youtube.com/watch?v=ToTWPnnsb7I

 ──
Posted by 管理人 at 2012年07月01日 21:01
眼内レンズをいれる方法もあります。
ただ、保険が効かないこと、その人にあったレンズをオーダーメイドしないといけないので、時間が掛かるのが難点だそうですが、視力が合わなければレンズを取り替えるだけなんでよいそうです。
Posted by そのほかに・・・ at 2012年09月07日 23:23
前田敦子がレーシックを受ける
 → http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-2185.html

前田敦子の性格が一変
 → http://www.officiallyjd.com/archives/3316/
 ※ 読んだ感じでは、レーシックの副作用か。

現時点では、あまり仕事をしていないようだ。AKB卒業というよりは、無職に近い感じだ。

レーシックさえ受けなければ……
Posted by 管理人 at 2012年12月17日 23:53
老眼なのに近視と乱視が進んだと思ったら、白内障が進んだ始まってました。片眼だけ眼内レンズ のお世話になりそうです。多焦点タイプは保険外…厳しいですな。
Posted by 京都の1つ at 2012年12月19日 18:25
サッカー日本代表の本田圭佑が、レーシック手術をしたあと、目の異常を起こしているらしい、という報道がある。
  → http://news.livedoor.com/article/detail/7562057/

 参考。
  → http://katsumoku.net/archives/6418791.html
  → http://i.minus.com/iEqKtV47aRpeR.gif
Posted by 管理人 at 2013年04月06日 00:05
ニュース。

 → レーシック手術に注意呼びかけ 消費者庁
   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131204/k10013576321000.html
Posted by 管理人 at 2013年12月04日 21:54
二つ前のコメントで示した画像では、本田の目はおかしくなっている。

 しかし最近の動画では、本田の目は特におかしくない。
  → http://youtu.be/X88EO2v3vXc

 目が治ったのかもね。それが、本田が好調になった理由かもしれない。
Posted by 管理人 at 2014年11月03日 21:56
裁判になった、というニュース。
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20141217-567-OYT1T50129.html

 ──

 レーザーで角膜を削り視力を矯正するレーシック手術を受けた患者12人が17日、「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ、後遺症が生じた」などとして、2クリニックを運営する医療法人社団に計約8000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴えたのは、首都圏や九州に住む30〜60歳代の男女で、2006〜13年、品川近視クリニック(東京都千代田区)で手術を受けた10人と、錦糸眼科(港区)で手術を受けた2人。
Posted by 管理人 at 2014年12月17日 22:04
上に一年前の訴訟の話があるが、また新たに訴訟がなされた。
 以下、引用。

  ̄ ̄
> レーザーで目の角膜を削り視力を回復する「レーシック手術」を受けた患者9人が手術の結果、後遺症が残ったとして、7800万円余りの損害賠償の支払いを求め、集団提訴した。
 東京地裁に訴えを起こしたのは、「品川近視クリニック」と「錦糸眼科」で視力を回復するレーシック手術を受けた20代から50代の男女9人。
 → http://news.livedoor.com/article/detail/10773130/
Posted by 管理人 at 2015年10月31日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ