2011年09月27日

◆ AED の使い方

 心臓が止まった人を蘇生させるには AED を使えばいい……と言われる。だが、そんなこと言われても、使い方がわからないですよね? そこで参考になる動画。 ──
    ( ※ 本項の実際の掲載日は 2011-09-17 です。)

  
 まずは YouTube の動画を紹介する。
 手順は
   人工呼吸 → 心臓マッサージ → AED

 であるようだ。
 








 他に、正式な方法を教える案内ページがある。

  → AEDの使用方法について (動画)
  → 愛知県による指導 (静止画)

 機器の使い方は
  → AEDの使い方

 ──

 以上で、基本的なことはわかるだろう。

 冒頭の動画(テレビ番組)では、事故現場で「どうしたらいいかわからない」とオタオタしながら神に祈っているだけの、間抜けなおっさんが出てくる。それが あなただ。 (^^);

 一方、てきぱきと動く看護婦さんも登場する。オタオタするだけのあなたと違って、素晴らしくカッコいい。

 いつ来るかわからない大震災の心配をするよりは、もっと現実的に起こりそうな心停止の場面で人を救助する方法を知っておこう。「福島の放射能を除去するために、国は莫大な金を出せ」と大声を上げるよりは、自らの手で人命を救うための努力をしよう。



 [ 付記 ]
 AED の仕組みは、下記。(必要のない知識なので、読まなくてもいい。)

  → http://netafull.net/health/038588.html
posted by 管理人 at 19:46| Comment(2) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
余談ですが、

>オタオタしながら神に祈っているだけの、間抜けなおっさんが出てくる

見てると、このおっさんの祈りの通りにピンチヒッターが現れたみたい見えますね。
Posted by MacWin王国 at 2011年09月19日 20:26
AEDの日本での普及はひどいことになってます、
もともとこの機械は1000ドルを目標に開発され、どこの家庭でも持てるように考えられたそうです。装置そのものは既存の技術を持ち合わせて作ったので、コストはそれほどかかってないそうです。それが日本では1台定価で28万から67万実売価格で28−33万ですアメリカで1000ドル76000円で買えるAEDどこが違うかといえば日本語の解説書とガイダンスが日本語という違いだけだそうです。これでは家族に心臓の持病がある人を持つている家庭が入手するのは困難です。必要のあるものが安く入手できない日本は世界の後進国です
Posted by sk at 2011年09月26日 03:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ