2011年04月24日

◆ 洋上の風力発電

 洋上の風力発電は、結構実用になるようだ。低周波の公害もなく、電力の変動も小さめであるようだ。 ──

 記事はこれ。
 茨城県神栖(かみす)市で行っている外海洋上風力発電が、震災後も24時間フル稼働を続けている。ほぼ無傷の状態で、一般家庭約7千世帯分の電力を東京電力に供給している。
 鹿島臨海工業地帯の護岸から約50メートル沖合に7基を設置し、6月から本稼働を始めた。風車の羽根の直径は約80メートル、支柱の高さは海面から約70メートルで、海底に直径3・5メートルの鋼管杭(くい)を25メートルの深さまで打ちこんでいる。7基合計の総発電能力は1万4千キロワット。同社によると、外海の洋上風力発電は国内で初めて。
 東電からは「電力不足のため、フル稼働をお願いしたい」との要請があったという。
 同社は現在の7基と同型の8基を同じ場所に増設する計画。
( → 福井新聞
 最後の一文から、この事業が成功しつつあることが窺える。風力はダメかと思ったが、洋上ならばOKかな。日本は海岸線が広いし、結構有望かも。(景観の問題はあるが。)
 
 ──

 写真は、下記。 
  → http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/economics/25342.html
  → http://tradersin.blog93.fc2.com/blog-date-20110411.html

 見ればわかるように、浅瀬に柱を立てている。浮上式ではない。



 【 関連項目 】
 
  → 洋上のエコ発電所

 これも洋上の風力発電だが、柱ではなく、浮上式。
 枠に入れた巨大な風車で発電し、いったん電気を水素にしてから、陸地に運ぶ、という方式。
 壮大なホラ吹きみたいなものですね。実現性が皆無だとは言わないが、可能だとしても何十年も先の話だ。コストだって莫大になりそうだ。
 だいたい、潮に乗って、どこかに流れ去ってしまいそうだ。(錨が切れれば。)

 私としては、この方式を、「洋上浮体方式」というより、「ひょうっこりひょうたん方式」と名付けたい。  (^^);

  → ひょっこりひょうたん島の 動画
 


     
posted by 管理人 at 15:42| Comment(0) |  太陽光発電・風力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ