2011年03月06日

◆ 人類の出アフリカ

 人類の出アフリカは、6万年前であったというのが定説だ。だが、12万5千年前にもあった、という説が出た。石器の分析に基づく。 ──
 
 人類がアフリカを出たのは、6万年前であったというのが定説だが、12万5千年前にもあった、という説が出た。
 ともあれ、記事を引用しよう。
 《 人類の広がりに南ルート? 12万5千年前、中東へ 》
 約20万年前にアフリカで出現した現生人類(ホモ・サピエンス)は、従来の説より早い約 12万5千年前に、紅海南端付近のルートをたどって中東・アラビア半島に到達したのではないかとする研究結果を、ドイツや英国などのチームがまとめ、28日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 アラブ首長国連邦(UAE)の遺跡で発見された石器の分析などから推定した。
 現生人類がいつアフリカを出て、どんな経路で世界に広がったかは長年、議論になっている。これまでは、ナイル川流域を通って約6万年前から地中海やアラビア海沿いに拡散していく、より北寄りのルートだとの見方が強かった。
 東アフリカからアラビア半島南部に直接渡ったとの今回の研究についてチームは「現生人類が、いかにして世界に広がる『種』になったか、再検討が必要だ」と主張している。
 石器が発掘されたのはUAE東部のジュベル・ファヤ遺跡。見つかった握斧(あくふ)などの年代を測定すると約 10万〜 12万5千年前で、中東の他地域で見つかった石器より、東アフリカなどで現生人類が使っていたものに似ていたという。
( → 共同通信

 cf. 関連記事
  → 時事通信画像
  → ナショナルジオグラフィック
 12万5千年前の出アフリカ、という見解だ。これは推定だから、明白な結論とはならない。

 実は、人類の出アフリカについては、もともと複数回説がある。
  → Wikipedia
 複数回説には、否定的な評価が強いようだ。
 
 しかし、私としては、「複数回説」を支持する。その意味で、今回の報道は、重要な結果だ。



 [ 付記 ]
 私が「複数回説」を支持する理由は、別項で述べる予定だったが、書かないでいるうちに今日を迎えてしまった。
 ともあれ、その「複数回説」の根拠として、今回の報道は役立つので、ここにメモをしておく。あとでまた、本項を引用します。
posted by 管理人 at 13:24| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ