2011年02月27日

◆ 短縮 URL の使い方

 短縮 URL の使い方を示す。世間では正しい使い方を知らない人が多いからだ。たとえば、
 「メールに貼り付けたURLを相手がクリックしたか簡単にチェックできる!」
 という情報が、はてなブックマークで人気だが、正しい使い方ではない。 ──

 はてなブックマークでは、次のページが人気だ。
  → 短縮URLを使えば、メールに貼り付けたURLを相手がクリックしたか簡単にチェックできる!

 これを見て、「便利だ」とブックマークした はてな ユーザーがとても多い。しかし、この情報は、良い情報ではない。完全な間違いというほどではないが、不便な方法を教える情報である。

 ──

 この情報に従うと、「goo.gl」を使う。そして、たとえば、「goo.gl/Q7GB2」という短縮URLを得たら、最後に + を付けた「goo.gl/Q7GB2+」をブラウザでチェックすると、そのページがクリックされたかどうかわかる、というものだ。

 面倒臭い。何だってそんな面倒な手間をかける必要があるのか? (余計な手間がかかるし、操作法を覚える必要もある。忘れたら、おしまいだ。)
 そんなふうに面倒な方法を取る必要はない。

 ──

 もっと簡単な方法を示す。(世の中の標準とも言える、由緒正しい方法。)


《 前手順 》

 (*) 使う短縮 URL は bit.ly である。それを利用する。まず、前手順として、次のことをする。
 (1) あらかじめ twitter のアカウントを取っておく。
   ログイン状態を保つ。(ログインしていなければログインする。)
 (2) bit.ly に行って bit.ly のアカウントを取る。(最初の1回だけ。)
   (この bit.ly のページで URL を直接入力すれば、短縮 URL をつくれる。
    だが、面倒なので、やらない。今はちょっと眺めておくだけにする。)
 (3) 次のピンクの文字列がある。(本ブログに。)
    bit.lyでTwitter投稿
   これを右クリックして、ブックマーク(お気に入り)に登録する。
     ・ Firefox ならば「このリンクをブックマーク」
     ・ MS-IE ならば「お気に入りに登録」
   Chrome ならば、左クリックで、ブックマークバーにドラッグ&ドロップ


  これで前手順はおしまいです。
 

 《 短縮 URL の使い方 》

 (1) あらかじめ該当のページを開いておく。
 (2) 上記で登録されたブックマーク(bit.lyでTwitter投稿)をクリックする。


 これでおしまいだ。クリック1回で、画面に該当のページの短縮 URL が表示される。何と簡単なことか。これ以上簡単にはできない。
 なお、この状態で  Share  をクリックすると、そこに表示された情報(該当ページのタイトルと短縮 URL が、自分の twitter に つぶやきとして投稿される。……が、そうする必要はない。)


 《 クリックされたか確認 》

 次のいずれかの方法で確認可能。
 (A)どのページを見ていてもいいから、上記のブックマークをクリックする。
 (B)bit.ly のページを開く。(あらかじめ、ブックマーク[お気に入り]に登録しておけば簡単。)

 このどちらでもいい。そこで開かれたページには、自分の使った過去の短縮 URL の履歴が表示される。しかも、それがどれだけクリックされたかも表示される。(いちいちクリックしなくても、画面下部に自動的に表示されている。)
 たとえば、あるページについて、
   1 out of 24
 と表示されれば、それは次の意味だ。
 「このページを bit.ly で開いた人は 24人(回)で、そのうち、1人(回)が、自分の書いた短縮 URL からだ」
 この場合、他の 23人(回)は、他人が書いた短縮 URL で同一サイトを訪問したことになる。しかし、その情報は、意味がない。意味があるのは out of  の前の数字だ。ここでは、1 という数字だ。このことで、短縮 URL がクリックされたとわかる。(もし 0 ならば、クリックされていない。)

 ──

 以上の方法は、冒頭で紹介された方法とは異なる。
  ・ 新たに「 + 」という記号を書く必要がない。
  ・ 独自の使い方を覚える必要がない。
  ・ 短縮 URL を使うたびに、過去のクリック履歴がすぐに見える。

 こっちの方が、ずっと簡単ですね。



 [ 付記 ]
 本項で述べたことは、ネット上の知識として、初歩的な常識にあたる。
 実は、「短縮 URL の使い方」という語で検索すれば、すぐに見つかる。
 なのに、こんなことも知らないで、Google の短縮 URL サービスなんていうダサいサービスを使って、嬉々としてはしゃいでいる人が多いのだから、困ったことだ。 
 ネットリテラシーが ……  (^^);
posted by 管理人 at 19:51| Comment(0) | コンピュータ_02 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ