2010年12月30日

◆ 中国のステルス機 殲20

 中国がステルス機を開発中。殲20 という名称で、米軍の F-22 に似たデザイン。相当に先進的なデザインだ。日本の心神なんかより、デザイン的には はるかに優れているかも。 ──


 【 追記 】
 本項を書いたあとで、読者(巫女の竜 さん)から、もっと優れた写真のある記事を紹介してもらった。下記の英文記事だ。
  → J-20 Chinese Stealth

 また、同じ写真を掲載した、日本語記事もある。
  → 中国新型戦闘機J20高速タキシング試験??
 
                     (ここまで 追記 )





 写真と原文は、下記の記事。
  → http://news.backchina.com/viewnews-77872-big5.html

 二つの写真は異なる。
 上の写真は、小さな尾翼があり、F-22 に似ている。
 下の写真は、前方に小さな小翼があり、尾翼はない。タイフーンにちょっと似ている。
 どちらの画像にも「殲20」というキャプションがついている。

 ──

 記事の翻訳(エキサイト)は、下記の通り。

銀河の白(色を黙認する)の中国の戦機技術は一歩一歩ひしひしと迫ります 新しい型が殲滅して20両年明けに初めて試験飛行する
中国の戦機技術が一歩一歩ひしひしと迫る 新しい型は殲滅して20両年明けに初めて試験飛行する
 中国の戦機技術は一歩一歩ひしひしと迫ります 新しい型は殲滅して20両年明けに初めて試験飛行する
 オーストラリア空中の力の雑誌のBloggerのウェブサイトは17日に発表は“中国の秘密のステルス戦闘機部隊”の文章をテーマとして、中国を言う殲-15戦闘機は2009年8月31日にみごとに初めて試験飛行することを行って、瓦の良の格の空母の上で配置する。文章は、中国は恐らく研究開発して-20戦闘機を殲滅しますとまた漏らしています。すべての割合は-20戦闘機を殲滅してすでに2009年に竣工して、初めての飛行計画は2012年に機会を選んで行って、2015年に量産段階に入る。
 文章は、このような兆しはすでに一定の時間が存在しましたと語っています。1997年、米国海軍の情報の事務室は公言して、彼らは中国が第4世代のステルスする戦機を研究開発していることを確信します。2008年12月、高い名声を有する“簡単な氏の全世界の戦機”も声明して、多くの年来、中国はずっと“大型です”のステルス機を研究開発しています。文章は、中国は戦闘機と爆撃機の人員を設計してすでにB-2のを深く研究して系統的なことのステルスする設計の特徴を進めますととまた語っています。文章は、2009年4月、中国のサイバー戦争の専門家は米国国防部のコンピュータに入って、このコンピュータの中にF−35項の目的機械の秘密のデータがあって、明らかに大量のデータはすでにダウンロードされて、しかし最高で安全なランクの情報は決して漏れませんとまた語っています。ほとんど中国が少なくとも2種類のステルスする戦機を研究開発すると思い付く人がない。
 文章は、2002年公表する瀋陽が-11Bを殲滅するのはとても先進的な多い用途の戦機で、中国製の航空の電子の設備と一定の程度のを持ってレーダーの切断面に散乱する能力を減らします−−と言います。1つの増加のステルスの能力の理想的な試験のプラットフォームです。2006年に至って、それはずっと中国FWS−10A“太行”の渦のエンジンをあおぐテストのプラットフォームです。FWS−10AとロシアAL−31Fは似ていて、次世代ステルスする戦機の備選のプロペラです。
 文章はまた言うことを推測して、殲-15が現在まで大連が最後に組み立てる瓦の良の格の空母を行う上に配置する予想しています。ロシアの先進的なのはしかもとても実用的な渦がエンジンAL−31Fをあおぐと証明するに、その動力の設備の第1選択です。外部ととても少ない殲−15の最も近い米国の戦機がF/A-18C“スーパースズメバチ”なことを知っていました。語っているニュースがあって、-15を殲滅してすでに2009年8月に初めて飛ぶことを行いました。
 文章はまた言うことを推測して、中国の第2種類の“新しい”のステルスする戦機は見たところまた研究開発の中で−20を殲滅して、それに関して、外部はほとんど知らないことを知っています。−10Bを殲滅するのは多くの殲−20の系統的なテストのプラットフォームです。すべての割合は-20戦闘機を殲滅してすでに2009年に竣工しました。初めての飛行計画は2012年に機会を選んで行って、2015年に量産段階に入る。
 文章は、中国は積極的にステルスする戦機に発展して決して理由がないのではありませんと語っています。彼らが全世界の経済の後退を出て行く時米国の情況より仲が良くて、気楽に研究開発を支持することができます。もし中国のステルスする戦機、原子力の空母の戦闘の群と原子力潜水艦の数量と品質の上で米国に接近するレベルならば、その対外政策と軍事の力を投げるを通じて(通って)、彼らは“超大国”になる。
 F−35プロジェクトの完成に至って、米国はまだ1万数億ドルを投資しなければなりません。米国はステルスする戦機の上のお金を使って更にこの崩壊寸前な超大国の経済を弱めました。この点だけあって、中国の“ステルスする戦機プロジェクト”は大いに利益を受ける。
 文章は、この星は米国を世界の唯一の超大国の役に引き続きならせることを願わないで、中国はこの役に責任を持って、それにとっても1件の“よい事”ではありませんと語っています。両国がすべて優位を奪い取ることができない時、両極の世界が現れて、あの時協力で対抗に取って代わって、対外政策の選択になります。理想的な情況は、1兆ドルの武器が系統的なのは決して平和な方法を達成するのであるべきではありませんなくて、しかし歴史はいつも曲がりくねって、衝突と友好的な競争を解決するのはこれまですべてそんなに直接でありません。
 


 ──

 なお、日本のニュースでも、簡単に報道している。
  → 時事通信

 そのソースとなっているのは、下記だ。
  → 中国の蘋果日報

 関連して、韓国の報道の翻訳もある。
  → 和訳



 [ 余談 ]
 日本の軍事オタクは、何を言っているか? 「戦車を配備せよ」と言っている。2ちゃんねる あたりで。  (^^);
 中国のステルス機に向かって大砲を発射する、日本の戦車。「犬の遠吠え」に似ている。
  
( ※ 上の余談の趣旨は、「戦車よりもステルス爆撃機を配備せよ」という、私の年来の主張。趣旨がわかりにくいかもしれないので、注記しておく。イヤミを言いたいだけではありません。)




 【 関連項目 】
  → 中国のステルス (4年前の項目)
  → 国産ステルス機
  → 次期戦闘機は F-35 か?
posted by 管理人 at 15:52| Comment(5) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冒頭に 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2010年12月30日 19:10
私の個人的な感想だが、心神のデザインが駄目なのは、MRJ をデザインした三菱重工のだからだろう。
 三菱重工以外がデザインすれば、空力のことをまともに考えたデザインになると思う。
Posted by 管理人 at 2010年12月30日 19:16
MRJのどこがどう空力的にダメなのか、具体的に教えて下さい。
Posted by 通りすがりの者ですが、 at 2010年12月31日 18:28
MRJ の空力は

http://openblog.meblog.biz/article/83916.html

の   【 追記4 】
Posted by 管理人 at 2010年12月31日 19:04
軍事オタクがまた集まってきたので、コメントの受付を停止します。
Posted by 管理人 at 2010年12月31日 22:11
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ