2010年09月26日

◆ 絶滅した巨鳥

 絶滅した巨大な鳥類を紹介する。(ネットで探した情報。) ──
  
 現生鳥類で最大のものは、地上性ではダチョウで、空中性ではアホウドリだろう。
 一方、絶滅種には、はるかに大きな鳥類がいた。ネットで探すと、いろいろと情報が見つかる。ざっと紹介してみよう。

 恐鳥類

 ディアトリマや、パラフィソルニスという恐鳥類がいた。
  → 恐鳥類と走鳥類

パラフィソルニス
[ パラフィソルニス ]

 また、ティタニスという恐鳥もいた。これは前肢をもつ。
  → ティタニス

 その他、さまざまな恐鳥類の一覧は、下記。
  → 英語版 Wikipedia

 巨鳥類

 恐鳥類はいかにも獰猛で、恐竜みたいだが、もっとダチョウに似た巨鳥もいた。エピオルニスやモアなどだ。

  → エピオルニスの画像
  → モアの画像

 史上最大の鳥


 (飛ぶ鳥では)史上最大の鳥、というニュースが最近あった。
 「翼幅は5・2メートル以上で、体重は16〜29キロ」
 ということだ。( → 共同通信
 
 復元像は下記。
  → nationalgeographic
 これを見ると、キジ・カモ類ではないようだ。フラミンゴやツルに近い。そちらの系統の祖先種だろう。
 このような大型の絶滅種があったとすれば、キジ・カモ類の祖先種にも大型の絶滅種があったと推定できる。(大きすぎて絶滅したのだろう。)

 超巨大コンドル(アルゲンタビス)

 すぐ上の鳥は、本当に飛べたのだろうか? 
 自力で飛べる最大の鳥のサイズは、アホウドリ程度であるらしい。ただし、翼竜と同様に、滑空する感じで、グライダーのように飛ぶなら、かなり大型でも大丈夫らしい。
 そのことは、下記ページで説明されている。
  → 巨大コンドル アルゲンタビス・マグニフィセンス
  → 英文サイト
posted by 管理人 at 23:05| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ