2010年09月25日

◆ 鳥型生物の2系統

 前項で示したとおり、「恐竜から鳥類へ」という系統には、2系統がある。この2系統は、どういうふうに区別されるか? ──
 
 前項では、「恐竜から鳥類へ」という系統に、2系統あると示した。

  ・ エウマニラプトル類の系統
  ・ オビラプトル類の系統


 前者と後者との違いは何か? 翼の有無ではなく、恒温性の有無だ。(だからこそ白亜紀末に、前者は滅び、後者は生き延びた。)
 では、恒温性の有無は、どういうふうにして生じたか?
 
 ──

 ここで、初期の共通祖先を見ると、ただの羽毛恐竜であったはずだ。その羽毛の目的は、たぶん保温であっただろう。哺乳類における獣毛と同様だ。形態的にも、初期の羽毛は、獣毛に似ていた。
   → 羽毛の進化史
 そして、このあとが違う。

 (1) エウマニラプトル類の系統

 エウマニラプトル類の系統では、羽毛の進化がどんどん進んだ。羽毛は風切り羽になったし、それにともなって、翼が生じた。こうして、「翼のある恐竜」へと進化していった。最終的には、現生の鳥類とほとんど似た姿にまで進化していった。(イクチオルニスなど。)

 (2) オビラプトル類の系統

 オビラプトル類の系統では、羽毛の進化は最後まで起こらなかった。つまり、羽毛は風切り羽にはならず、空を飛ぶ翼も生じなかった。(恐竜である限りは。)
 羽毛の進化が起こる前に、半恒温性が生じた。そのせいで、トサカが生じた。また、半恒温性にともなって、抱卵が起こった。すると、クチバシも生じた。なぜクチバシが生じたか? ヒナが孵るときに、ヒナが卵の殻を突つくし、それに応じて親鳥も卵の殻を突つくからだ。( → 参考サイト
 こうして、オビラプトル類の系統では、半恒温性ゆえに、トサカとクチバシをもつ恐竜が生じた。(ここではまだ風切り羽は生じていない。)
  → 鳥類の祖先:鳥型恐竜
 この系統で、のちに、半恒温性をさらに発達させて恒温性を持ち、さらに、前肢を消失した系統が生じた。これが最初の鳥類だ。それは恐鳥類の形態をしていた。
 恐鳥類からさらに洗練された形の走鳥類が出現した。さらにそこから、翼をもつ鳥類(カモ・キジ類)が生じた。この段階でようやく、風切り羽が生じた。ここでついに、鳥らしい翼をもつ鳥類が誕生した。(遅ればせに。)

 ──

 以上をまとめれば、次のように大別される。

  ・ エウマニラプトル類の系統 …… 羽毛は、飛翔のために役立った。
  ・ オビラプトル類の系統 ………… 羽毛は、保温のために役立った。


 前者(エウマニラプトル類の系統)では、羽毛は飛翔のためにある。だから、中生代ジュラ紀後期という古い時代から、すでに風切り羽をもって、飛翔能力を備えた種(ジンフェンゴプテリクス)が出現した。この系統は、そこからさらに、
    古鳥類 → 異鳥類 → 真鳥類

 というふうに風切り羽を発達させ、翼を発達させていった。こうして早くも白亜紀末には、現生の鳥類とほとんど同様の形態をもつ爬虫類(真鳥類)が生じるようになった。
 もう一つ、トロオドン類とは別系統で、ドロマエオサウルス類の系統でも、風切り羽をもつ恐竜が出現した。(ミクロラプトル・グイ)。この系統では、鳥型恐竜はあまり適応放散が起こらなかった。

 後者(オビラプトル類の系統)では、羽毛は保温のためにある。だから、風切り羽は発達することがなかったし、空を飛ぶための翼をもつこともなかった。前肢はあったので、翼のように見える部分はあったが、その部分はあくまで保温のためにあった。
 そうするうちに長い年月がたち、いつしか、保温のための恒温性を半分ぐらいは備えた種が出現した。こうして後期のオビラプトル類が出現した。それが、十分な恒温性をもつ鳥類となった。そして、十分な恒温性をもつもの(鳥類)だけが、白亜紀末の寒冷期を生き延びることができた。

 ──

 結局、二つの系統は、羽毛の役割によって区別されるわけだ。
  ・ 羽毛は飛翔のため 
  ・ 羽毛は保温のため 

 これをもって結論としよう。

 ──

 上の結論に従えば、多くの疑問に答えることができる。まずは疑問(Q)を列挙しよう。
  • 「古鳥類・異鳥類ははるか昔から、鳥らしい形態を取れた。それはなぜか?」
  • 「イクチオルニスの仲間は、現生の鳥類と同様の形態を取れたのに、滅びてしまった。それはなぜか?」
  • 「古鳥類・異鳥類・真鳥類には、トサカがないのに、オビラプトル類と新鳥類にはトサカをもつものがある。それはなぜか?」
  • 「オビラプトル類と新鳥類は、クチバシをもつ。それはなぜか?」
  • 「新鳥類のうち古いもの(古顎類)は、翼をもたない。それはなぜか?」
  • 「新鳥類のうち、古いもの(古顎類)は、翼をもたないが、新しいもの(新顎類)は、翼をもつ。『翼をもたない種では、翼が退化したのだ』という説では、新しいもの(新顎類)を祖先として、古いもの(古顎類)が子孫として生じた(進化した)ことになる。それは矛盾ではないか?」
 これらの疑問には、きちんと答えることができる。次のように。(Q のあとで、矢印以降に A を示す。)
  • 「古鳥類・異鳥類ははるか昔から、鳥らしい形態を取れた。それはなぜか?」
     → 風切り羽を発達させる系統(現生の鳥類とは別の系統)に属していたから。
  • 「イクチオルニスの仲間は、現生の鳥類と同様の形態を取れたのに、滅びてしまった。それはなぜか?」
     → 風切り羽を発達させるだけで、恒温性がなかったから。
  • 「古鳥類・異鳥類・真鳥類には、トサカがないのに、オビラプトル類と新鳥類にはトサカをもつものがある。それはなぜか?」
     → 前者は恒温性を全然もたず、後者は半恒温性または恒温性をもつから。
  • 「オビラプトル類と新鳥類は、クチバシをもつ。それはなぜか?」
     → 半恒温性または恒温性ゆえに、抱卵をするから。
  • 「新鳥類のうち古いもの(古顎類)は、翼をもたない。それはなぜか?」
     → まだ風切り羽が出現していないから。(まだ羽毛の進化が不十分でないから。)
  • 「新鳥類のうち、古いもの(古顎類)は、翼をもたないが、新しいもの(新顎類)は、翼をもつ。『翼をもたない種では、翼が退化したのだ』という説では、新しいもの(新顎類)を祖先として、古いもの(古顎類)が子孫として生じた(進化した)ことになる。それは矛盾ではないか?」
     → それは矛盾だ。というのは、『翼をもたない種では、翼が退化したのだ』という説自体が間違っているからだ。正しくは? 古顎類では、翼は退化したのではなく、まだ出現していないのだ。




 【 追記 】
 始祖鳥・エナンティオルニス類は、エウマニラプトル類に含まれるのか?
 
 本項では、これらもエウマニラプトル類に含まれる、と見なしている。
 ただし、先の「系統図」では、系統関係に「」が付けられており、はっきりとしない。とすれば、始祖鳥・エナンティオルニス類は、エウマニラプトル類に含まれるとは、言えないのでは? そういう疑問が生じるだろう。
   
 この点について調べたところ、「ペドペンナや始祖鳥はエウマニラプトル類に含まれるらしい」という記述がネット上に見つかった。
  → エウマニラプトラの系統
         ※ エウマニラプトラ = エウマニラプトル類

 エナンティオルニス類については、「それがいきなり出現するはずがない。それに先立つ鳥型生物であるペドペンナや始祖鳥を先祖とするはずだ」という本サイトの解釈に従い、エウマニラプトル類の系統と見なされることになる。

 というわけで、ペドペンナ・始祖鳥・エナンティオルニス類は、エウマニラプトル類の系統と見なされる。それにともなって、孔子鳥もまたそこに含まれる。
 
( ※ なお、ドロマエオサウルス類とトロオドン類がエウマニラプトル類に含まれるのははっきりしている。)
posted by 管理人 at 12:43| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ