2010年09月15日

◆ 走鳥類とドードー

 走鳥類は、翼を喪失したのか、それとも、まだ翼を獲得していないのか? この問題を考えるために、ドードーと比較しよう。 ──
 
 通説では、飛べない鳥である平胸類(ダチョウ類など)は、進化の過程で、竜骨突起を失った、とされる。
   
 しかし、いったん獲得した竜骨突起が喪失するとは考えにくい。実際、ペンギンやドードーは、飛べない鳥であるが、竜骨突起を保持している。
 
  → ドードー ( Wikipedia )

   Wikipedia による画像

dodo3.jpg  dodo2.jpg
dodo1.jpg  dodo4.jpg

 ドードーの例からわかるように、
 「陸上性になったせいで翼が退化した鳥類」
 というものは考えられるが、それは、ドードーのように、
  ・ 退化(萎縮)した翼
  ・ 残存する竜骨突起
 をもつはずなのだ。
  
 一方、平胸類は、「祖先は空を飛んでいたのに、やがて翼を失った」のではなくて、「まだ空を飛ぶ翼を獲得していない」と考えた方がいい。そのことは、翼に限らず、他の形質もまた原始的であることからわかる。たとえば、「古顎類」という名称からもわかるように、口蓋が原始的である。
 
 ──
 
 平胸類は、多くがオーストラリアにいるが、オーストラリアにいる生物の多くは、有袋類など、進化のレベルが古い生物である。ここにおいて「進化のレベルが古い鳥類」として平胸類が存在するのならばわかるが、ここにおいて「進化のレベルが新しい鳥類」として平胸類が存在するのは話が変だ。世界中の多くの鳥類は進化が少なくて、オーストラリアだけでは鳥類の進化が急速に進んだ」というのは、あまりにも不自然だ。(哺乳類では進化が遅れているのに、鳥類だけでは急速に進化が進んだというのは変だ。)

 論理的に考えれば、ダチョウなどの平胸類は、「進化して翼を失った鳥類」ではなくて、「まだ進化していないので翼を獲得していない鳥類」と見なす方が自然である。
 


 [ 付記1 ]
 ダチョウ類は、「古顎類」と呼ばれる。他の鳥類(新顎類)に比べて、古い時点で分岐した種だと見なされるからだ。
 しかし、従来の説の説を取れば、順序がおかしくなる。
  ・ ダチョウ類は、他の鳥類(飛ぶ鳥)よりも、古い種である。 《 事実 》
  ・ ダチョウ類は、飛ぶ鳥よりも、進化した種である。 《 学説 》


 前者(事実)に従えば、ダチョウ類は、進化が最も遅れた鳥類である。
 後者(学説)に従えば、ダチョウ類は、進化が最も進んだ鳥類である。
 というわけで、事実と学説が矛盾する。(!) 

 この問題を回避するには、本項のように解釈するしかない。つまり、
 「ダチョウ類は、進化が最も遅れた鳥類である」
 ということを、事実でも学説でも、取るしかない。
 換言すれば、事実に従って理論を構築するならば、進化の順序は、
   翼のない鳥 → 翼のある鳥

 という順序しか、ありえないのである。

 [ 付記2 ]
 ティラノサウルスの化石でなく軟組織が見つかったそうだ。それを調べると、ダチョウとの類似性が明らかになったという。
 「発見された血管とそこに含まれていたものは、あらゆる点で……ダチョウの骨から取り出した血管とよく似ている
 この点からも、恐竜とダチョウとの近縁性が明らかになった。
 恐竜に最も近い鳥類は、ダチョウなのだ。(別項の「鳥類の系統樹」も参照。)
   


 【 関連項目 】

  → 走鳥類の位置づけ[再修正]  (前項)
     ※ ダチョウにある痕跡器官は、「翼の痕跡」と思われたが、
       それは実は前肢の痕跡であった、という話もある。

  → 走鳥類の羽毛と足
     ※ 走鳥類の方が古い、ということは、羽毛と足から判明する。

  → 進化の逆行? (鳥類で)
    ※ 本項と同様の話題を扱っている。1年ほど前の記事。
posted by 管理人 at 18:52| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次の記述がある。
──
ハトの雛はドードーそっくり。特に顔の皮膚が露出した所は、ドードーの蝋膜その物。この手の飛べなくなった鳥はネオテニー(幼形成熟)と言って、子供のまま大人になった状態ですから、飛べないままのハトの雛が所謂ドードーになった…の方が説明がつく様な。

http://noyonoyo.blog98.fc2.com/blog-entry-245.html
Posted by 管理人 at 2010年09月28日 06:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ