2010年09月01日

◆ 新常用漢字批判の会

 新常用漢字を批判する民間団体があるそうだ。
 朝日新聞の記事の紹介。 ──
    ( ※ 本項の実際の掲載日は 2010-09-17 です。)


 記事はこれ。
  → 改定常用漢字表にもの申す

 一部抜粋すると、こうだ。
 (新常用漢字の)字種選びでは書籍の漢字出現頻度数調査が基本資料とされ、ウェブ調査は補助資料にとどまった。その対象となったデータは 2007年の3カ月分だけ。大手検索サイトの日本法人バイドゥのエンジニアは研究会で、「これでは期間が短すぎる。数年分のデータが必要だ」と指摘した。
 萌(もえ)・厨(ちゅう)・鯖(さば)などのネットスラングははやり廃りが激しいので、慎重に扱うべきだと語った。極端な例が藁(わら)。笑いを表す表現として 2001 〜 02年に爆発的に使われたが、その後「笑」「www」などが広まり、藁は激減した。
 ──
 新常用漢字の選択が滅茶苦茶だという件については、私も前に何度か言及した。下記から、リンク先を参照。
 
  → サイト内検索
posted by 管理人 at 17:39| Comment(0) |  文字規格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ