2010年08月05日

◆ イラク戦争の教訓

 イラク戦争はいろいろと教訓を与えてくれる。特に米軍は、戦車で圧倒できるはずだったのに、そうはできなかった。なぜか? ──
 
 イラク戦争は、いろいろと教訓を与えてくれる。朝日新聞が夕刊で、ここのところシリーズで深い事情を探ってくれる。たとえば、次の内容がある。

 「イラク戦争は、国連安保理で武力戦争が容認されなかった。フランス・中国・ソ連が反対したからだ。そこで、米国と英国は、国連安保理の容認を得ずに、戦争に踏み切った。戦争の理由は、イラクが大量破壊兵器を隠匿していること、だった。」(ここまでは知られたとおり。)
 「しかし、イラクが大量破壊兵器を隠匿している、という理由は、真っ赤な嘘だった。正しくは、以下の通り。
  • 米国は、9.11 テロのあとで、アフガニスタンに報復しようとした。
  • アフガニスタンでは勝利の見込みがなく、イラクならば勝利の見込みがあった。
  • そこでブッシュは、イラクを攻撃する名分を探せ、と各部門(CIAなど)に命じた。
  • 各部門(CIAなど)は、鵜の目鷹の目で探したが、大量破壊兵器はないと判明した。
  • 大量破壊兵器がある、という誤情報が、混じり込んだ。
  • その誤情報だけを取り上げ、多くの正常な情報を却下した。
  • こうして嘘の名分で開戦した。
 では、その結果は? ご存じの通り。大量破壊兵器は見つからなかった。

 ──

 以上で話が済んでいれば、「米国は嘘をついて戦争を始めた」という「米国悪玉論」でカタがつく。(このことは当時も言われた。)
 しかし、近年になって明らかになったこともある。イラク駐留をしている現在の米軍は、失敗続きなのだ。見込みによれば、「近代的な兵器でイラク軍を圧倒できる」はずだった。特に「戦車は歩兵よりも圧倒的に優位に立つから、戦車によってイラクを支配できる」はずだった。しかしながら、現実には、そうなっていない。なぜか? 
 そのことは、2010-08-05 の朝日・夕刊で明らかになる。以下の通り。

 米軍の規則は、当初は「民間人を攻撃してはならない」「病院やモスクを攻撃してはならない」という常識的なものだった。
 しかしやがて、その規則は骨抜きになった。規則は「路上にいる者はすべて敵の戦闘員と見なせ」という方針になり、民間人を次々と殺していった。さらには、民家のドアが開いて、民間人が現れたというだけで、その民間人を射殺するようになった。
 なぜか? 普段は自分に食料を売ってくれる男が、突然発砲してきたこともあるという。つまり、敵兵の姿が、民間人であることもあるからだ。つまり「便衣兵」である。

 敵が便衣兵になると、正規軍との区別がつかなくなるから、民間人を虐殺するようになる。これは、日本軍が中国(南京)で遭遇した場面と、同様である。敵国(イラク・中国)は、民間人が殺されるから被害も甚大だが、そのかわり、こちら(米国・日本)の被害も大きくなる。
 
 そして、こういうふうに「誰が敵だかわからない」という状況では、もはや戦車は無力となる。戦車があるからといって、敵の都会をすべて破壊する目的には使えないからだ。(東京大空襲みたいにナパーム弾で丸焼きにするなら、大型爆撃機が有効だが、戦車はその目的には使えない。)
 戦車賛成論者は、「都会のゲリラ戦でも戦車は有効だ」というふうに主張することがあるが、そんな話は無効である、ということが、イラクの現実から明らかになる。米軍がいかに戦車をもっていても、米軍はイラクで勝利することはできないのだ。
  
 つまり、便衣兵のいる場面では、敵を圧倒するには、敵国の国民を皆殺しにするか、侵略を諦めるか、二つに一つでしかない。
 なお、「敵国の国民を皆殺しにする」という方針も、なかなか達成しがたい。たとえば、第二次大戦のとき、米軍は東京大空襲では数十万人を虐殺したが、それでも生き延びた人は多数いた。(終戦の直接的な理由は、「ソ連侵攻」と「米軍は原爆を数十発ももっているだろう」という間違った推測だった。)

 ともあれ、近代の侵略戦争では、「戦車があればそれで済む」というような単純な話ではないのだ。

 ──

 なお、朝日の記事によると、兵士は心理的な後遺症に悩まされているという。帰還した兵士は、街で行き交う人と目があっただけで、相手に殴りかかるようになったという。不眠症になり、大酒を飲み、妄想に苦しむという。……攻撃する側にも、多大な傷を残すわけだ。
 


 [ 付記1 ]
 そこへ、日本の2ちゃんねらーみたいなのが登場して、
 「戦車があれば、圧倒的に有利ですよ」
 とほざきながら、戦車に萌えキャラのシールを貼りつけるのである。   (^^);
 
 [ 付記2 ]
 日本の次期戦闘機は、F-35 にも ユーロファイターにも決まらず、どうやら「空白」になりそうだ。  (^^);
 防空という最大の問題を「空っぽ」状態にしておきながら、戦車の有無なんかで騒いだりするんだから、日本の軍事オタクのレベルがわかる。萌えキャラマニアも、戦車マニアも、どっちもフィギュア趣味なんでしょう。   (^^);
 
 「戦車たん」なんていう萌えキャラが好きなのかも。あるいは「タンクたん」かな?
 


 【 関連サイト 】

 YouTube にある衝撃の動画

 (1) イラクの現況
  → http://www.youtube.com/watch?v=r-NxG8OYkLo

 (2) ソマリアでも米軍が民家を襲撃して大量虐殺
  → http://www.youtube.com/watch?v=g3sXGFvxKS0
posted by 管理人 at 19:19| Comment(4) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本件に関連する書籍です。
ジョシュア キー、ローレンス ヒル
「イラク―米軍脱走兵、真実の告発」
http://www.amazon.co.jp/dp/4772604235

小生にとっては衝撃的な内容でした。
Posted by 中村 at 2010年08月09日 15:56
戦車が有効であるか否かと、イラク戦争で大量破壊兵器が見つかったか否かはなにも関係ありませんね。
戦車だけあればいいというものではないというのは同意ですが、戦車が有効であるとする人たちの中で、
戦車さえあればいいと言っている人などひとりもいないのですが。いるというのなら提示してみてください。
戦車は必要であると言っている人たちというのは、諸兵科連合部隊を編成することで、より効率のいい戦闘を行えるという主張をしているだけです。

イラク戦争にしても、戦闘そのものは大勝利であり、戦闘終結後の治安維持戦においても、
戦車がある部隊は戦車がない部隊と比較して、死傷者が少なくなるというデータがあります。
つまり、戦車があれば見方の犠牲が少なくなるわけです。
戦争となっても、味方の犠牲はより少なくしようと努力しなければならず、その方策として戦車を配備するのは極めて有効である。
ということがイラク戦争の教訓です。

アメリカが勝てたか否かはあまり重要じゃありません。
Posted by れ at 2010年09月12日 19:15
> 戦闘終結後の治安維持戦においても、 戦車がある部隊は戦車がない部隊と比較して、死傷者が少なくなるというデータがあります。

 だからそれ、私の言っていること、そのまんまでしょ。
 いったい、どこをどう読んでいるの? 本文を読まないで、「戦車不要論」という5字だけを読んでいるんでしょ。
 読まずに(誤解して)批判するというのは、2ちゃんねらーの特徴ですね。

 オマケで言うと、歩兵なんて、ナパーム弾の空爆で一挙に大量虐殺できます。高射砲は? 夜間には無効。イラク戦争の場合には地上に煙幕を張られて、イラク地上軍はすべて無効化した。
Posted by 管理人 at 2010年09月12日 20:02
ところで、本サイトは軍事サイトではないので、軍事オタクは2ちゃんねるで遊んでいてください。

 コメントの受付は、項目を書いたあとの短期間だけです。ずっとあとになってから延々とコメントを送られても、困ります。

 この項目も、コメントがうるさくなったので、コメントの受付を停止します。(公開日から、もう一カ月以上たったので。)
Posted by 管理人 at 2010年09月12日 20:19
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ