2010年07月29日

◆ プラごみの分別をやめよ

 プラスチックごみを、あなたはどうしているか? 分別して、ごみ回収に出している人が多いだろう。しかしそれは、やめるべきだ。 ──

 プラスチックごみを、分別して、ごみ回収に出している人が多い。しかしそれは、やめるべきだ。
 その理由は、次の項目を見ればわかる。
  → プラごみ発電

 要するに、確かに二酸化炭素の回収は出来るのだが、そのためのコストが圧倒的に高額だからだ。リサイクルで二酸化炭素を削減するコストは、1トンあたり10万円近くになる。途方もない無駄金が投じられている。
 つまり、あなたがプラスチックごみを出せば出すほど、莫大な金が無駄に消えてしまう。その金は、自治体が出すわけではなくて、プラスチックを用いている商品を買うときに、あなたが支払う。
 その一方、日本中の人々が、そういう馬鹿げたことをやめれば、その分の金の上乗せがなくなるので、あなたが商品を買うときに、その分の金が安くなる。あなたがたくさんの商品を買うならば、1商品につき 0.1円だとしても、月に 何十円かになる。
 実際に計算すると、その費用は、日本中で年に 400億円。人口割りにすると、一人あたり年に 300円。この金が、無駄なリサイクル費用として、あなたも支払っていることになる。家族4人ならば 1200円になる。

 だから、こういう馬鹿げたリサイクル運動をやめるためにも、プラスチックごみを分別しない方がいい。一般の家庭ごみと混ぜて、燃料のかわりにした方がいい。その方がよほど、世のため、人のためになる。……しかも、分別のための、労力も減る。

 ──

 たしかに、資源を節約することは、大切だ。しかし、資源を節約するために、多額の金を浪費するのは、悪なのである。あなたが分別することには、お金は一円もかからないが、あなたが分別したものを処理するためには、多額の金が無駄に使われる。
 だから、あなたがそういう悪をなしたくなければ、プラスチックごみを分別してはならないのだ。

 なお、ペットボトルのキャップを 800個集めて、20円分のリサイクルをして、10円分ぐらいのワクチンを提供することも出来る。(ただし別途、送料として 1000円を払う。)
 その一方、あなたが普通にプラスチックごみを分別すれば、あなたはそのせいで、4人家族で年に 1200円もの無駄な金を浪費させていることになる。その負担をするのは、あなただけでなく、あらゆる家庭だ。
 そのようなことを推進するというのは、社会の金を 1200円奪う泥棒と同様だ。「資源を節約するためなら、(社会から)1200円を盗んでもいい」という理屈は成立しない。
 それゆえ、そういう社会的な泥棒行為をやめるために、プラスチックごみを分別してはならないのだ。

( ※ ちなみに、人々がプラごみの分別をやめれば、プラごみのリサイクルはなくなるので、年に 400億円の負担はなくなる。その分、各家庭は年間 1200円の利益を得る。プラごみの分別をやめた家庭だけが利益を得るのではなくて、社会全体で、どの家庭もがそれだけの利益を得るようになる。逆に言えば、現状では、それだけの損失をさせていることになる。あなたがプラごみの分別をしていれば、あなたは悪に加担していることになる。)
 
 【 注記 】

 書き落としたが、上記のことは、「再生リサイクル」をする場合に限られる。
 一方、「焼却リサイクル」の場合には、分別した方がいい。(無駄なコストはかからないので。)
 自分の自治体がどちらを採用しているか、調べておくといいだろう。ただ、ざっと調べたところでは、「焼却リサイクル」を本格的にやっている自治体は少数派だ。ちょっとだけやっている、という自治体は少なくないが。ともあれ、たいていは、「再生リサイクル」である。そうするように環境省から指導が来ているらしい。
 というわけで、どっちかわからない場合には、「たぶん再生リサイクルだ」と推定してもいいだろうし、それゆえ、「分別はやめて、家庭ごみに出す」というのにすれば、たいていは正解だろう。
   


 [ 付記 ]
 エコキャップであれ、プラスチックごみの分別であれ、原理は共通する。
 「ごく微小なエコを推進するために、社会の富を莫大に盗む」
 彼らは、自分で実行しているとき、自分では労力奉仕をしているつもりでいる。しかし、そのとき同時に、社会の富を盗んでいるのだ。(エコキャップならば送料として。プラスチックごみの分別ならば容器包装の費用として。)
 その一方、キャップを回収しないでそのまま家庭ごみとして出すとか、プラスチックを分別しないでそのまま家庭ごみとして出すとか、そういうふうに安直な方法をすれば、社会の富を盗まずに済む。
 また、そのことは、それ自体で、エコになる。なぜならば、家庭ごみにプラスチックが混じっていれば、家庭ごみの焼却のために費やす石油の量が減らされるからだ。
 というわけで、泥棒をしないでエコをしたいのであれば、プラスチックごみを分別しない方がいいのだ。



 【 関連項目 】

 → プラごみ発電 (前項)
posted by 管理人 at 19:37| Comment(6) | エネルギー・環境1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラごみの分別を止めたいが、私の住んでる横浜市では分別しないとゴミを回収してくれない。
抵抗したがゴミ袋に分別されてないとシールを貼り放置されマンションなので張り紙もされる。
リサイクル熱心な横浜は認めない。
みんないいことしてるんだと思ってるのだな。
Posted by hana at 2010年07月29日 20:57
《 名古屋の例? 》
上司 「どうかね。分別は順調にいっているか」
部下 「ええ、何とか。苦情はありますが、市民は協力してくれています。」
上司 「ところで、分別したゴミの引き取り手はあるか?」
部下 「いえ、ほとんどは燃やしています。一部は高炉で処理していますが、これも燃やしていることには代わりありません。市民には「分別すれば資源」と言っているのに、こんなんでも良いのですか?」
上司 「燃やしているのがわかったら問題にならないか」
部下 「いえ、自治体は業者に渡せば「リサイクルしている」と言えるようになっていますから。リサイクル法はうまくできてますよ」
上司 「まあな。市民も分別ぐらいさせなければ、わがままだけしか言わないからな。藤前干潟は埋めるな、ゴミは焼くなだからどうしようもないよ。名古屋市民は」
部下 「分別する人にお小遣い程度はだしていますからね」

名古屋市役所が、名古屋市民の痛みを感じなくなって久しいのだろうか? 市役所の人は私に「分別が始まってから、ゴミは減った」と誇らしげに言った。

http://takedanet.com/2009/12/post_af10.html (武田邦彦)

────────────────
 (管理人 感想)
 たしかに、分別したプラごみを、単に焼却処分をしている自治体が多い。(焼却リサイクルでなく。)
Posted by 管理人 at 2010年07月29日 21:16
プラスチックは燃やすと高温になるために焼却炉にダメージがあると聞いたことがあります。
もし本当にダメージがあるとしたらメンテナンス費などを考えると分別した方が良いのでは?
Posted by 概ね賛成だけど at 2010年07月31日 23:16
本当は分別して、焼却発電するのがいいのです。再生リサイクルが駄目、というのが趣旨。

その途中過程では、なるべく多くの人が分別をやめるのが好ましいが、それでも圧倒的多数は分別をし続けるでしょう。

また、もともと分別しないで焼却していた自治体も多い。分別を始めたのは数年前から、という自治体も多い。
 元に戻すだけだから、心配はいりません。ただ、どうしても駄目な自治体があれば、その自治体だけは別枠とすればいい。
Posted by 管理人 at 2010年08月01日 07:31
自然は本来循環されてなくてはいけないもの

近年の人間の生活の急激な発達の前は、形あるものは全て土へと還っていっていました。

プラスティックは土へは還りません。
このような物質を次々に生み出そうとするのを、再利用してそのスピードを遅らせようとしているのでは??

自然のサイクルを壊して今、私たちがこの快適な暮らしをしています。

なので、お金のためにという理由で分別を止めるという考えはどうかと思います。

まだ未熟な再生リサイクルのシステムでも、みんなで協力していきましょう。

ですが、やはり理想はプラスティックをはじめとする石油燃料の使用禁止だと思います。
社会がおかしくなるのは分かりますが、今騒がれている環境問題は全て解決すると思います。
Posted by pon at 2012年03月02日 22:49
コストだけじゃなくて、エネルギー的にも「再生リサイクル」は無駄です。エネルギーが回収されず、エネルギーが無駄になります。

 だから現実には、「再生リサイクル」はなされなくなってきています。主流は「焼却リサイクル」つまり「焼却発電」で、これが増えています。

 本項では「焼却リサイクル」をお勧めしています。

> まだ未熟な再生リサイクルのシステムでも、みんなで協力していきましょう。

 それは何ですか? エコ教という収容ですか? 「まだ未熟な再生リサイクル」と言いますが、再生リサイクルは原理的にエネルギーを浪費します。
(再生するためにエネルギーが使われるからです。汚いものをきれいに浄化するためにエネルギーを使う。環境悪化の原因。石油をきれいにするために外部環境を悪化する。焼却リサイクルがある状況で、再生リサイクルを進めると、やればやるほど、環境が汚染されます。再生リサイクルは何も燃やさないから、クリーンだと思えるが、実は、化学的な処理で、大量に汚染が生じている。素人はそこに気づかないだけ。再生リサイクルというのは、イメージ的には、水俣病みたいなものです。排ガスが出ないからクリーンだと思っている人が多いが。)
Posted by 管理人 at 2012年03月03日 06:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ