2010年06月22日

◆ 果物アレルギー

 同一の果物を毎日食べていると、果物アレルギーになることがある。ご注意。
 理由は、果物か、果物の添加剤(農薬)かは、不明。 ──

 どんな食品であれ、毎日食べ続けるのは良くないのだが、そういうことをしている人はけっこう多い。また、同一の果物ジュースばかりを飲んでいる人もいる。
 そして、その結果、アレルギーを発症する人もけっこういる。下記参照。
  → 説明のサイト

 というわけで、同一の果物を毎日食べるのは、やめましょう。ご注意。

 ──

 なお、アレルギーの理由は、たいていは不明である。果物アレルギーの場合、果物そのものか、果物の添加剤(農薬)かだが、どうも、農薬が怪しいらしい
 柑橘類が強く疑われるが、これも、船中で腐らないように、防カビ剤を使っているせいだろう。たぶん。で、同一の果物を毎日食べると、特定の農薬が体にたっぷり蓄積して、アレルギーを起こすわけだ。

( ※ なお、アレルギーになる原因は農薬[による体質変化]かもしれないが、いったんアレルギーになると、果物そのものにアレルギー反応を起こすようになる。)

 ──

 じゃ、どうするといいかというと……
 (上記のページに書いてあるが)やたらと果物を食べず、かわりに、多様な野菜を水洗いしたり加熱したりして食べるのがいいようだ。野菜に使う農薬は、もともと弱い農薬だし、虫が食うことも多い。その点、果物は、「皮が付いているから大丈夫」とばかり、強力な農薬を大量に使うことが多い。バナナなんか、農薬漬けらしい。怖いですね。



 [ 付記1 ]
 人体への安全性で言うなら、遺伝子組み換え農産物の方が、安全であろう。
 コンビニなどの加工食品には、「この食品は遺伝子組み換え農産物を使っていません」という表示をしているものが多い。だが、そんなことより、農薬にこだわって欲しいものだ。遺伝子組み換え農産物で、農薬を減らしているものがあれば、そちらの方がずっといい、と思う。だから、どうせなら、次の二通りにするべきだ。
  ・ 「遺伝子組み換え農産物を使っていませんが、農薬たっぷり」
  ・ 「遺伝子組み換え農産物を使っていますが、農薬はちょっと」
 健康のためを思うのであれば、こういうふうに表示するべきだ。(皮肉まじり。)

 [ 付記2 ]
 有機栽培で無農薬にするのがいい、という主張もある。(特に、美味しんぼ。)
 しかし、現実的には、それは無理だ。それをやるには、ものすごいコストがかかるのが普通だ。普通の家庭で手の届く値段にはならない。
 例外的には、工場内で水耕栽培、というのがある。これだと、価格は少し高めという程度で、無農薬野菜が作れる。サラダ用の葉っぱものだと、これがいいようだ。



 【 関連サイト 】
 → グレープフルーツと農薬 1 , グレープフルーツと農薬 2

 → 農薬の是非を語る二つの漫画関連サイト検索
 
 ※ 上の漫画では「どっちの野菜が危ないか」という話になっているが、
   私としては、「それより果物の方がずっと危ない」と語りたい。
posted by 管理人 at 18:59| Comment(4) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウルシ科のマンゴーやラテックスゴムとの交叉アレルギーを引き起こすバナナやキウイ、クルミなど、果物それ自体のリスクもそれなりにあるので、それらを理解した上で果物とつきあっていきたいものです。
Posted by 黒猫屋倫彦 at 2010年06月23日 11:39
実家が農家です。
私は幼少の頃、好きな野菜や果物を大量に食べていました。
きゅうりの季節にはきゅうりを1日5〜10本。
スイカは朝昼晩の前と後、合わせて大玉1つくらい。
秋から冬はりんごを1日5個〜10個以上です。

スイカとりんごは昔に比べて甘すぎる気がして食べる量がだいぶ減りました。特に問題なく今まで過ごしています。

美味しんぼは「農薬=悪」の観念から抜け出せない、と言うか原作者が「絶対に悪」にしたがっている感じです。
通常であれば、出荷前には野菜の代謝によって農薬(消毒)は限りなく0になっているはずです。
また、美味しんぼでは「近所の猿が消毒まみれの野菜を食べたせいで奇形児が生まれた」と紹介してありますが、消毒してすぐ食べたからじゃないのかな、と思いました。
「農薬まみれの野菜はまずいから虫も食わない」とも書かれていますが、有効期間を過ぎれば虫に食われ放題です。

輸入物に関しては収穫後の散布になるため、代謝によって農薬(消毒)が解消されませんので、影響をモロに受けると思います。

アレルギーに関しては、アレルギーを起こす物質よりも、アレルギーを起こしてしまう体質に本質的な問題があると思っています。

もちろん、農薬に問題がないという話ではありません。ただ、昔は使って良かった農薬が現在では使えない場合が多く、かなり厳しくなっています。使えなくなって害虫による被害も大きくなりました。

美味しんぼの特定の分野の話は、結論から話を創作してる部分があります。注意です。

話が長くなりました。
食べなくても困らないものによるアレルギーに関しては食べなければ良く、食べたい・食べないといけない物に関するアレルギーに関しては自分で安全な食べ方を見つけたらいいと思います。
Posted by shino at 2010年06月23日 18:48
> 秋から冬はりんごを1日5個〜10個以上

 ちょっと誤解されているようですが、「同じものを大量に食べつづけてはいけない」と述べているのではなく、「特定のものばかりを長期間食べ続けるとアレルギーになることがある」ということです。
 たとえば、グレープフルーツ( or バナナ)を毎日5年間〜10年間、というふうな。そのくらい極端な連続の場合の話です。
Posted by 管理人 at 2010年06月23日 19:24
> アレルギーの理由は、たいていは不明である。

 と本文中に書いたのだが、
 「アレルギーの理由は、必ず農薬である」
 と書いてあると、勝手に誤読している人がいる。別に、そんなことは書いていないのだから、誤読しないようにしてほしい。
Posted by 管理人 at 2010年06月23日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ