2010年06月05日

◆ 宇宙の外側

 宇宙の外側には、何があるか? 「何もない空間がある」と私は考える。逆に言えば、宇宙は「何もない空間」ではなく、エネルギーに充ちた空間である。 ──

 宇宙の外側には、何があるか? この質問には、次のような回答がある。
  ・ 不明である
  ・ 空間そのものが存在しない
  ・ 何もない空間がある

 私は以前、「空間そのものが存在しない」( or 未定義である)というふうに考えていたが、今では、「何もない空間がある」と考える。
 というのは、この宇宙は、何もない空間ではなく、エネルギーに充ちた空間だからだ。

 この宇宙が、何もない空間ではない。何もないように見えている真空中にも、暗黒物質や暗黒エネルギーが充ちている。( 2010-06-05 の朝日新聞の紙上にも記事がある。ネットにはない。)

 ビッグバンのあと、火の玉宇宙は急激に膨張したが、それはエネルギーに充ちた空間であった。とすれば、その外側には、エネルギーのない空間があってもおかしくない。
 ここでは、
   宇宙 = 空間

 という等式は成立せず、かわりに、
   宇宙 = エネルギーのある空間

 という等式が成立する。とすれば、
  非宇宙 ≒ エネルギーのない空間

 という近似式が成立しても、問題ないはずだ。

 また、その方が、直感的に理解しやすい。
 まともな空間のなかで、宇宙が膨張している、というのは、イメージ的に理解しやすい。次の図のように。

      →    →  

 ここでは、宇宙のまわりに、対比するべき空間が固定的に存在していることになる。(一種の尺度となる。)

 一方、宇宙と空間が等価であるとしたら、上記の図のようなことは成立しないはずだ。なぜなら、空間そのもの(周辺部)が存在しないから、対比するべきものがないからだ。もしかしたら、この宇宙は最初から最後まで、ただの点状のものであるだけで、その内部で尺度だけがどんどん小さくなっているのかもしれない。尺度が小さくなっているから、宇宙が大きくなっているように見えるだけかもしれない。

 というわけで、自然な発想としては、次のように考えることが自然だ。
 「もともと空間があり、そのなかで、エネルギーに充ちた部分空間が爆発的に膨張していった。その部分空間が宇宙だ」


 したがって、「宇宙の外側には、エネルギーのない空間がある」という結論になる。
 
 【 注記 】

 「エネルギーに充ちた空間」とは「超球が充ちた空間」である。
 「エネルギーのない空間」とは「超球がない空間」である。



 【 関連項目 】

 → 電磁場とエーテル
 
     宇宙にはエーテルが充ちている、という発想。

 → 暗黒物質と暗黒エネルギー

     宇宙には暗黒物質と暗黒エネルギーが充ちていて、しかも、
     暗黒物質と暗黒エネルギーは、等価である……という発想。
  
 → インフラトン

    ビッグバンの直前。インフレーション宇宙。

 → ビッグバン以前

    宇宙の原初に、膨大なエネルギーはどこから来たか? 大胆な仮説。
posted by 管理人 at 11:12| Comment(9) | 物理・天文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この件について私は、理論ではなく直感で、こんな風に考えています。

イメージすることができないので、空間を平面に近似して表現します。
宇宙は、球体の表面のようなものなのではないか。そして、宇宙の膨張というのは、その球体が大きくなることなのではないか。
空間の境界というのは、存在しないのではないか。

いかがでしょう。
Posted by 水響俊二 at 2010年06月05日 23:08
超球理論を一通り読ませて頂きました。とても美しい理論ですね。

力を衝突による押す力だけで説明できるのはとても凄いことだと思います。

ところで、宇宙が広がっていることと超球に満ちた空間を合わせて考えると、超球の密度は時間が進むにつれて薄くなると思うのですが、これは観察事実と一致するのでしょうか。

超球の密度は光速度や重力の強さにも影響するようなので、観察結果に影響が出ないとは思えないのですが。

例えば50億年前の地球の重力は今と同じ強さと考えても大丈夫なのでしょうか。

ブラックホール周辺では超球の密度が濃く、光の速度が遅くて重力が強いという説明があったと思うので、過去の地球でも超球の密度が濃いのであれば、同じ傾向の影響が見られるはずだと思うのですが。

宇宙が広がっても超球の密度は一定であるというモデルも考えられますけれども、それに関する説明はなかったように思います。

よろしくお願いしたします。
Posted by 小澤英明 at 2011年05月13日 04:45
その問題への答えはまだわかっていません。
Posted by 管理人 at 2011年05月13日 12:54
回答ありがとうございます。

宇宙が広がっても超球の密度が一定であると考えた方が美しい理論になると思いますので、ビックバンで起きた「虚数次元から実数次元への流出」は今でも続いていると考えたいですね。

そうすれば、虚数次元と実数次元の非対称性の問題も解決しますから。

虚数次元では押し返され、実数次元では押し流されているので、虚数次元にも広がりはあるが、入り込むことはできないだけということになります。

幅の狭い次元(虚数次元)と幅の広い次元(実数次元)があると考えるよりもどちらも幅の制限はないと考える方が美しいでしょう。

超球理論によるビックバン現象の解明を楽しみにしております。
Posted by 小澤英明 at 2011年05月15日 07:25
私も昨夜、ちょっと考えたんですが、その逆の結論に行きつきました。密度はどんどん薄くなっていると思います。というのは、エネルギー保存則があるから。

  密度 × 体積 = 総量

 ですから、
  
  エネルギー密度 = 超球の密度

 と考えることで、

  総量 = 一定

 というエネルギー保存則から、

  体積の増加 = 密度の低下

 という結論にたどり着きます。
Posted by 管理人 at 2011年05月15日 07:44
最初のコメントにも書きましたが、超球の密度が時間と共に低下しているのであれば、観察することができるはずです。

50億年前と現在の地球における超球の密度の差はどう考えても無視できるような数字ではないでしょう。


虚数次元も含めればエネルギー・質量の保存則は成り立っているので超球の密度が一定でも矛盾しないはずです。
実数次元で増えた分、虚数次元で減っているということになりますから。
Posted by 小澤英明 at 2011年05月15日 10:36
> 超球の密度が時間と共に低下しているのであれば、観察することができるはずです

 いい指摘ですね。ただし、超球の密度が下がると、尺度の密度もまた下がるので、観測は難しくなります。相対論の効果が出てきますね。
 超球空間の密度の変化を観測するというのは、相当難しい問題です。観測できるとしても、普通の方法ではたぶん無理でしょう。何らかの間接的な方法に頼ることになりそうです。そこまで話を進めると、すごく難しくなる。
Posted by 管理人 at 2011年05月15日 11:19
改めて考えると、次の発想も取れそうです。
 「空間の密度と超球の密度を分けて考える」

 空間がひろがって稀薄化しても、超球もそれにともなってひろがって稀薄化すると、空間における超球の密度は変わらないことになる。そういう解釈もできる。
 このあたりは難しいので、まだよくわかっていないとしか言えません。
Posted by 管理人 at 2011年05月15日 11:33
ブラックホール周辺で超球の密度が変わることと宇宙の膨張で超球の密度が変わることでは事情が異なるという解釈で良いでしょうか。

超球の密度というのは光速度や重力定数に関わるかなり基礎的な数字でしょう。これが変化するという結論には嫌悪感を持つ人も多いと思います。

すっきりした解決方法があると良いのですけどね。
Posted by 小澤英明 at 2011年05月16日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ