2010年04月23日

◆ 異体字セレクタ

 異体字を十分に表示することは可能だ。Windows 7 環境で IPAex というフォントを使うことで、実現できる。(異体字セレクタという機能を使う。) ──

 「辻」には、1点しんにょうの字体(略字)と、2しんにょうの字体(正字)とがある。異体字だ。
 普通の環境ではどちらか一方しか使えないことが多いが、うまく環境を整えると、両方とも使えるだけでなく、双方をうまく切り替えることができる。次のように。
   略字 → 正字
   正字 → 略字

 ──

 そのためには、「異体字セレクタ」というものを使う。詳しくは下記。
  → Wikipedia 「異体字セレクタ」

 話は面倒なので、いちいち上記の項目を読む必要はない。使い方さえ知っていれば、それで十分だ。

 まず、用意するべきは、次の二つ。
  ・ Windows 7
  ・ IPAex フォント ( → 別項「IPAex 明朝」)

 ──

 この二つを用意したら、あとは下記の手順で、簡単に異体字を得ることができる。(解説ページ)
  → http://ohtsuka.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/windows7-8b6b.html
  → http://oooug.jp/sns/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=462




  【 関連サイト 】
 
 異体字セレクタを使えない環境(WindowsXP など)でも、異体字を得る方法はある。ネット上で、異体字を得るサービスを使えばいい。
 → http://homepage3.nifty.com/jgrammar/ja/tools/tradkan0.htm

 ただし、2004JIS で字形の変更をされた分(「辻」の1点・2点)には対応していないようだ。それ以前の文字コードでわかる範囲の異体字だけであるようだ。
 そして、そういう制限があったからこそ、本文における「異体字セレクタ」というものの有効性があるわけだ。
 「異体字をバリバリ使いたければ Windows 7 を使え」
 と言えるだろう。(ただし IPAex フォントも必要だ。MSのフォントでは足りない。)
posted by 管理人 at 22:56| Comment(0) |  文字規格 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ