2010年03月15日

◆ キリンの前脚はなぜ長い

 なぜキリンの前脚は長いのか? 足を開くからか? いや、高い葉を食べるときの姿勢が楽だからだ。 ──

 キリンの前脚は後脚よりも長い。
    → 画像
 では、なぜ? 

 地面の水を飲むためには、首の長さと足の長さが釣り合う、というのが、これまでの見解だった。しかしその見解では、前脚ばかりが長いことを説明できない。

 この点を解決する解釈の一つは、「キリンは前脚を開くことができる」ということだ。
  → 画像1画像2画像3

 しかし、これは前脚が長いことを説明するが、後脚が短いことを説明できない。
 本項で言う「前脚が長い」というのは、「絶対的に長い」ということではなく、「後脚に比べて相対的に長い」という意味だから、後脚が短いことを説明しないと、説明としてはトンチンカンになる。

 ──

 この問題への私の見解は、以下の通り。

 なぜかというと、高い樹葉を食べるとき、その方が有利だからだ。
  ・ 姿勢が楽である。
  ・ 大きな首を胴体で支えやすい。(下方から支える。横からでなく。)
  ・ 食べたものがストレートに消化器に入りやすい。

 これらの点で、首と胴体が  型になるよりも有利だ。だから前脚が長いのだ。



 【 追記 】
 キリンの首が長く見えるのは、「前脚が後脚よりも長い」からだ。(前項)
 ではなぜ、そうなのか? 「前脚が後脚よりも長い」というのは、ちょっとありえそうにないアンバランスだが、どうしてそういうことが起こったのか? 

 これは、実は、不思議ではない。頭を高くする姿勢を取ることは、当然のことだからだ。たとえば、次の画像を見よ。
  → ライオン
  → ゴリラ
 このように頭を高くした姿勢を取ることは、よくあるものだ。

 特にキリンの場合には、首が長い。首が長いまま、胴体が真横になっていると、体の全体が  のような形になる。つまり、首と胴体の角度が 90度になる。これでは、首の支柱部の下端(胴体との接合部)に、強い力がかかるので、そこでぽっきり折れてしまいやすい。そんなことでは、長い(つまり大きくて重たい)首をもつことができない。
 そこで、この部分の角度を 90 度ではなく110度 ぐらいの角度にしたい。そのためには、後脚を低くしたい。……そういうわけで、「前脚が後脚よりも長い」という結果になったのだろう。
 なお、そうだとすれば、首の長さを基準にして前脚の長さが決まったあとで、後脚の長さが短くなったのだろう。(前脚が余分に長くなったのではなく。)……そう思ってみると、確かにキリンの足は、前脚が長いというより、後脚が短い。(首の長さを基準にして。)
posted by 管理人 at 20:03| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ